もう頑張りたくないあなたへ② 〜頑張らなくてもあなたには価値がある〜

頑張りすぎ問題

もう頑張りたくないあなたへ② 〜頑張らなくてもあなたには価値がある〜

●●●
一水みゆき

こんばんは!変わりたいけど変われない
あなたの背中を押すカウンセラーの一水みゆきです。

今日も頑張る頑張る教の信者のみなさま。
頑張ってますか?イエー!!

じゃなくて、頑張らんでええから!!
という話を前回したばかりでした(笑)

今回は冒頭に大事なことをまず言いますね。

頑張らなくてもあなたには
価値がある!!

こう言われてどう思いました?

いやいやいやいや、頑張らないなんてダメじゃん。
頑張らなかったら、そもそも怠け者になってしまう。
というか、自分にそもそも価値なんてないし。

こんなこと思ってますか?
どうしてこんな風に思っちゃうのか。

そもそも人間は生まれた時、赤ちゃんでした。
自分一人では何もできません。
でも赤ちゃんはただそこにいるだけで、愛されています。

いつから頑張らないとダメだって、価値がないって思うように
なってしまったんでしょうか?大きくなっても根本的には変わって
いません。あなたがそこにいるだけで。笑ってるだけで。生きてるだけで。

あなたには価値があります。今はそう思えなくても、そのことを頭の
片隅に入れておいて欲しいなぁと思います^_^

頑張らなくてもあなたには価値があります。

あなたはなぜ頑張るんですか?
頑張らないと、自分には価値がないから?
他人に認めて欲しいから?

それは全部ネガティブな動機と、他人軸。
そして他人に認めてもらうために頑張るんだと
したら、ゴールはありません。終わりがないんです。

自分以外の何者かになろうとして、今の自分を否定して
「理想の自分」になるために頑張る。
それではしんどいだけです。

じゃぁどうすればいいのか?
“頑張った自分を自分自身で認めてあげる”です。

あなたはなぜ頑張るんですか?

あなたはどうしてそんなに頑張るの?
そう聞かれたら、どう答えますか?

私の場合は、そもそも自分が頑張ってると思って
いませんでした。

あとは頑張るのが当たり前だから、
何も浮かんできませんでした。

でも頑張りすぎて限界が来た時。

もう頑張りたくない!!!そう思った時に
その答えが出てきました。

私はいつまで頑張らないといけないの?
頑張らないとわたしは価値がないの?

これって自分に価値がないから、頑張らないといけない。
そんな自己否定や、ネガティブな動機から頑張っていたんです。

無価値感っていうのは「私には愛される価値がない」
と思っているので、愛されるために頑張らなきゃってなります。

「無価値感」や「自己否定」、あるいは「罪悪感」から
「頑張ってる人」って実は多いと思うんですよね。

もし動機がネガティブなものであれば、こんな思いが
込み上げてきます。

「私頑張ってるよね、認めて欲しい」
「こんなに頑張ってるんだから、褒めてもらえるよね」
「頑張ってるから、私のこと愛して欲しい」
「これだけ結果を出せば、きっと認めてもらえるはず」

自分に価値がないから、努力しなければならない。
これを無価値感からの補償行為と言います。

補償行為というのは、足りない何かを埋めるため。
「補う、償う」ために頑張ることなんですね。

補償行為で頑張ると、あまり喜びを感じられないし、
努力の結果に、価値をみることができません。
受け取れないってやつです。

自己否定に他人軸の合わせ技

これ、全部他人軸なのわかりますか?
頑張ったからほめて欲しい、愛して欲しい、認めて欲しい。
頑張った結果を、他人に承認して欲しいんです。

自分軸、他人軸についてはこちらを参照。

頑張った私を受け入れてよ!!!
頑張ってるんだから、私を見て!!

あなたの心が叫んでいるんです。
お願いだから、私のことを見て欲しいって。

辛いですよね。

だってさ、こんなに頑張っても満たされない。
満たされないから、頑張り続けなければいけない。

じゃぁ私はいつまで頑張ればいいの??

これ読んで、ゾッとしません?
だって自分以外の誰かに認めてもらえないと満足できない。
認めてもらえるまで、頑張り続けないといけない。

それってゴールがあるんでしょうか?

そう思ったら、なんだか絶望的になりません?

私はそのことに気がついた時、とても悲しくて、
苦しくて、辛かった。

私はそのために頑張ってたんだ。
愛して欲しくて、自分を見て欲しくて。

寂しかったんだね、私って。

そしてこんな自分はダメだから、愛されない。
私なんて、頑張らないと人間としてダメなんだ。
そんな自己否定があるから。

自分以外の何者かになろうとして、今の自分を否定して
「理想の自分」になるために頑張る。

頑張れるって実はすごい才能だし、そこそこの成果を
上げてるはずなんです。なのにできてることよりも、
できないことに目を向けてしまう。

自分の長所より自分の短所を見てしまう。
だから、頑張っても頑張っても全然その成果が
受け取れません。

じゃぁどうしたらええねん!!

ですよね〜。

それはね、他人に承認してもらうために
頑張るのではなく、自分自身が承認してあげるんです。

いわゆる他人軸から自分軸への移行ですね。
簡単にいうと、“頑張った自分を自分自身で認めてあげる”です。

あとはね、どうしてそんなに褒められたいんでしょう?

どうしてそんなに認められたいんでしょう?

どうしてそんなに愛して欲しいんでしょうか?

もしかしたら、その根源は幼少期の両親との関係?
恋愛だったり学生時代に何かあって、傷ついてしまった
心の傷が原因かもしれません。

あなたが頑張らないと愛されないと思うように
なった原因。

そして、自分で自分を認めてあげること。

それが次のステップなんですね。

カウンセリングだと、どうしてそう思うの?
なんで自分を否定してしまうの?

たくさん質問を投げかけて、自分の心の癖に
気がついていくようにしています。
自分でやる場合は、常に自分自身に問いかけてみてください。

1人でやるのが難しい場合は、カウンセラーに
手伝ってもらいましょうね!

ほら、私とか私とか私とか(笑)
もちろん他のカウンセラーでもいいですからね!

しかしこのブログで頑張るって何回書いたんでしょ?
数えたら、48個もありました!!!すげぇ(笑)

次回のテーマは、「頑張ってる自分を認めてあげよう」
です。お楽しみに〜♥

【もう頑張りたくないあなたへ。記事一覧】

もう頑張りたくないあなたへ① 〜疲れちゃったよね。もう頑張らなくていいんだよ〜

もう頑張りたくないあなたへ② 〜頑張らなくてもあなたには価値がある〜

もう頑張りたくないあなたへ③ 〜頑張った自分を認めてあげよう〜

もう頑張りたくないあなたへ④ 〜あなたはどうして頑張るの?その理由は?〜

<もう頑張りたくないあなたへ⑤ 〜頑張らないことを自分に許可しよう〜

<もう頑張りたくないあなたへ⑥ 〜頑張るエネルギー源を変えると頑張ることが楽しくなる〜

もう頑張りたくないあなたへ⑦
〜頑張ることをやめたら、7つのメリットがありました〜


変わりたいあなたのためのカウンセリング。問題解決へのプロセスをデザインします。

一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP