自分らしく生きる

わたしはわたしでいい。そのままの、そこに“ある”自分を認められたとき。

子は親を救うためにこころの病になる。という本を読みました。
高橋和巳さんという精神科医が書いた本です。この本を読んだ時私の中で
何かがストンと落ちる音がしました。

この本のレビューについては後日書こうと思いますが、この本を読んで
私のこころが感じたことを書きたい、そう思いました。

こんばんは、最近わたしのこころが忙しく変化している。そんな気がしている
一水みゆきです。自分がそんな状態になったとき、わたしはその気持ちを
文章にしたくて、たまらなくなります。

気持ちが乗っている時。思いが心にあふれている時。よどみなく、なめらかに
パソコンのキーボードから文章が産まれてくる。

わたしはこんな人

わたしはたぶん、ずっとお母さんを助けたいと思ってきました。そして今はまた
旦那さんを助けたいと思っています。そもそも私自身思い返してみれば自分の
好きな人にはとてもお節介で世話を焼きたがるタイプでした。

この人を助けたい。力になりたい。

自分が辛かった時助けてくれたいろんな人たち。友人・家族。占い師の先生や、恋愛コーチ。
わたしもこの人達みたいに人を助けることをしたい。と漠然と思っていました。
それが、去年旦那さんが家を出て別居したとき、またいろんな人に助けてもらいました。

その時あぁ、わたしも人を助けたい。じぶんもそんなことをしたい。
頭にすっと浮かんだ言葉が「わたしはカウンセラーになりたい」でした。

今までどうしてそう思ったのかが自分でもよくわかりませんでした。

でも今ならわかります。わたしは人を助けたい、役に立ちたい。そのひとが
笑顔になってくれたら嬉しい。それがわたし。

お母さんを助けられないだめなわたし。

旦那さんを助けられないだめなわたし。

カウンセラーとしても未熟で、悩んでいる人をまだ助けられないわたし。

お母さんを助けようと思うこと。旦那さんを助けようと思うこと。
他人の人生を背負いすぎて、しんどくなるわたし。

そんなわたしはやめなきゃ。

だってしんどいし。

自分の人生は自分のもので、他人の人生はその人のもの。

確かにそう。

本当に????

だってそれがわたしだから

だってわたしは人を助けたいひと。

それがわたし。

だからわたしはそれをやめなくていいし、ダメなことじゃない。

好きだから、愛してるから助けたい。

それがわたし。

やめなきゃいけないのは、助けられないわたしを“ダメなわたし”と責めること。

頑張るわたし。

みんなに頑張りすぎると言われるわたし。

でもそれがわたし。だからやめなくてもいい。

でも、しんどくて頑張りたくない時もある。
そんな時は、わたしは頑張らなくていい。
頑張るのは嫌だと訴えてもいい。

人を助けたくて、頑張り屋さんで、お節介なわたし。

それがわたし。

自分をただ認めるだけでいい。わたしがわたしであると認めればいい。

私はまだ問題だらけ。きっとまだまだしんどいこともある。
でもわたしはわたしと認めること。

これがわたしだもんね。

問題を解決しなきゃ。

お母さんとの癒着を切り離さなきゃ。
旦那さんへの執着を手放さないと。
人の人生を背負うのをやめないと。

わたしは〇〇しなきゃダメだ。
無意識に、知らず知らずの間にわたしは自分を問題だらけの人だから、
それを解決しなきゃいけない。

どうすれば解決するのか?
アファメーション?手放しのワーク?インナーチャイルドを癒す?
自分の心と向き合って、整理して、癒さないと。

問題を解決しなきゃ。
なんとかしなくちゃ。
この人の問題をなんとなしなくちゃ。

なんか違う。

それって本当に必要なこと?

違う。

一番大事だったのは。

一番大切だったのは。

わたしは人を助けたくて、お節介で、頑張り屋さんで…。
ただ、そのままのわたしを受け入れるだけでよかったんだ。

わたしはそういうひとだから。

それがわたし。

わたしがわたしを受け入れる。

言葉や思考で理解はしていた。
でもこころが理解していなかった。

ようやく自分のあたまが、こころが理解した。

 

それがわたしだから。

そのままのわたしでいいんだよ。

こころからそう思った時、わたしは泣いていた。

涙が溢れて止まらなかった。

会社のトイレでこっそり号泣した(笑)

 

昨日会社でミスしたことが発端で猛烈な怒りが吹き出し、
深い悲しみを感じたら、癒しが待っていた。

もしかしたらこれが自分と繋がるってこと?
これがそうなのかはまだわからない。

ひとつだけ言えることは、こころがすっきりしていて穏やかだ。
便秘の後にたくさんうんちを出してすっきりした時のよう(笑)

感情にふたをしててもいいじゃん?そう思っていた。
その方が楽だし。

でも本当に癒されたいのなら。
開けた方がいいんだなぁ。

やっとじぶんを認めてあげられた。

人を助ける前に自分をたすけてあげないと、わたしが可哀想だよね。

 

本で癒されるっていうのがわたしらしい(笑)

 

さよなら さよなら さよなら。
また明日。

一水みゆきでした。

------------------------------------------------

「心理学×デザイン思考」で問題解決のための
プロセスをデザインします。
変わりたいけど変われない。
あなたの悩みを解決に導くカウンセリング!

カウンセリング・コーチングセッション
《関西対面・zoom共に》
60分  ¥18,000-

3つのお得なサポート付き!

カウンセリングに申し込む

♥年下男子にことごとく失敗している、
わたしのエピソードはこちら→年下彼氏・年下夫のこと

♥こっそりはじめた公式LINEアカウントです。
どんな内容なのか、お友達特典のアファメーション
bookの詳細について書いているページはこちら→
LINE公式アカウントについて

お友達追加はこちらをクリック↓
友だち追加

♥更新のお知らせ、気づき、わたしの日常の呟きはこちら。

♥お問い合わせ、ご感想などはこちら。
お問い合わせフォーム

♥わたしのプロフィールが知りたい?
そんな素敵なあなたはこちら→プロフィール 


もう無理。わたしは頑張りたくない。激しい怒りの感情の下に隠れていた深い悲しみ。前のページ

高橋 和巳著 子は親を救うために「心の病」になるを読んだ感想次のページ

関連記事

  1. 自分らしく生きる

    諦めると明らめる。〜仏教用語であきらめるとは現実を直視してありのまま受け入れること〜

    諦めると明らめる。〜仏教用語であきらめるとは現実を直視してありのまま受…

  2. 自分らしく生きる

    未来は変えられるけど過去は変えられないと思ってませんか?過去は変えられる!

    未来は変えられるけど過去は変えられないと思ってませんか?過去は変えられ…

  3. 自分らしく生きる

    罪悪感を癒し、手放す。 自分を信頼すること 〜自分と繋がる〜

    今日のブログは無価値感からくる罪悪感を癒し、手放す。自分を信頼する…

  4. 自分らしく生きる

    幸せはいつも自分の心が決める。小さな幸せを積み重ねて、 積木のように積んでいくこと。

    幸せはいつも自分の心が決める。小さな幸せを積み重ねて、 積木のように積…

  5. 自分らしく生きる

    他人と比べて落ち込む。劣等感を感じたりする心理と対処法

    こんばんは!おかげさまでモニターカウンセリングが満席となりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 日常で使える心理学の知識

    自分以外の人は他人って区別は冷たいの? 〜わたしか、わたし以外か〜
  2. ココロノマルシェ(お悩み相談)

    親に愛されなかった子供が親への恨みを克服・手放しして、幸せになる方法
  3. ちょいまめ

    自己肯定感を高めよう 〜セルフ自分褒めツッコミ〜
  4. お弟子さん3期

    お弟子3期 根本裕幸師匠とのグループコンサルを受けての感想。師匠ってやっぱりすご…
  5. 日常で使える心理学の知識

    自己肯定感を上げたかったらまずやること。〜自分の状態を知ること、自分を受け入れる…
PAGE TOP