彼氏や夫から別れたい、離婚したいと言われているあなたへ。〜お前のここが嫌だった、それは嘘!〜

パートナーシップ

彼氏や夫から別れたい、離婚したいと言われているあなたへ。〜お前のここが嫌だった、それは嘘!〜

●●●
一水みゆき

こんばんは!変わりたいけど変われない
あなたの背中を押すカウンセラーの一水みゆきです。

今日のこのテーマは、ふつふつと湧き上がってきたこの
気持ちを今つづりたい、そう思って書きました。

今日のテーマはズバリ、別れたい・離婚したいと言われている人に
読んで欲しくて書きました。

なぜかというと、ここ最近カウンセリングでもお話ししたり。
ココロノマルシェのご質問を見て、怒りに近いものが
湧き上がってきたからです。

「あなたのこういうところが嫌だった。合わないと思った。」

そう言われたら、あなたはどう思いますか?

私が悪かったんだ。

私がいけないんだ。

全部私が悪いんだ。

私はダメな人間なんだ。

そうやって自分を責めませんか?
私も夫からそう言われた時。めちゃくちゃ自分を責めました。
自分はダメなことばかりしていたと、反省して。

でもそれ、全部が全部そうじゃありません。
彼が言っているのは嘘なんですから。

あなたを嫌うという目的のために理由を探す

あなたは彼や夫からなんて言われましたか?

あなたのここが嫌だった。
あなたのこういう部分が嫌だった。

私もたくさん言われました。

  • ニュースを見て政治家にダメ出しをしているのが嫌だった。
  • 夫の義両親がクーラーを入れてくれなくて文句を言っている
    のが嫌だった。
  • 夫の義実家があまり綺麗でないと言われたのが嫌だった。
  • そもそも子作りのためにセックスをするのが嫌だった。
  • 一緒にいるのがしんどいし、楽しくなかった。

もっと色々言われましたが、たくさん理由を言われました。
こうやって言われたらどう思いますか?

私が悪いんだ、だから言われたことは全部直そう。

あ〜健気ですよね。
だって好きだから、嫌われたくない。
別れたくない。

だからお願い。私は変わるから嫌いにならないでって。

確かに私だって今でも反省すべき点はあると思っています。
ただ、どうして私がそうなってしまったのか?

なんでそれを私がしていたのか考えたのでしょうか?
嫌だと思うなら、どうしてそれを伝えなかったんでしょうか?

私に言えなかった。

言いづらかった。

言っても無駄だと思った。

それ、全部彼や夫の自己判断ですよね?
言っていたら、何かが変わったかもしれません。
でも言わなかったのは、彼らなんです。

なぜなんでしょう?

別れたいから、あなたが嫌いな理由を探すんです。

あなただけが悪いのではないんです

こういうことはどちらかが、悪いということはありません。
もちろん私にも悪いところがあったし、反省すべき点もあります。
でも同じように相手にも悪いところ、反省すべき点があります。

それなのに、あなたのここが嫌だった。
私のこういうところが合わないと思った。

全部俺が悪いんだ。

そう言いながら、理由をつけて責めているんです。

今までなんとも思わなかったことでも。
ある時期を境に、相手のやることなすこと全て嫌になってくる。

私の夫の場合は「私と一緒にいると、なんでかわからないけどしんどい」
だから別れたい、逃げたいという理由からでした。

私は何も変わっていません。
少なくとも、夫がそう思った時点から急に変わったわけじゃない。
別れたいという目的を達成したいから、嫌なところが目につくんです。

人はその気になれば、その人の短所や欠点などすぐに
見つけることができる身勝手な生き物である、と。
さまざまな理由を探し出して、自分がその問題から逃げようとすること。

心理学者のアルフレッド・アドラーはこれを「人生の嘘」と言いました。

今自分が置かれている状況や、相手とちゃんと向き合うことをしない。
逃げようとしている。
他者のせいにしたり、環境のせいにしたりする。

これがまさしく、私の夫が私と別れたいがために

お前のここが嫌だったと嘘をつくんです。

正しく言い換えると、お前と向き合いたくないから
嫌いな理由を探し出して、嫌いになりました。
そういうことなんです。

もちろん全部が全部、違うとは言いません。
嫌だったこともあるでしょう。

それでも、そうやって指摘されたことが本当とは限りません。
嫌いになった、別れたい。そうなった理由は必ず他にあります。

それはお互いがコミュニケーション不足で、ちゃんと腹を割って話を
していなかったから浮き出てきた問題でもあります。

私もちゃんと話し合っていたし、コミュニケーションを
取っていたよ?そう思っていました。

でもお互いを理解しようと、本音の深い話をしていませんでした。
表面の薄っぺらいコミュニケーションしかしていなかったんです。
今から思うと、なんですが。

だからあなたが全部悪いのではありません。
言われたことも、全て直さないといけないことじゃありません。

だから、自分が全部悪いんだと責めるのはやめてください!
あなたが全部悪いわけじゃないんです!

あ〜、なんか肩で息をしそうな勢いで語ってしまいました。
1年前の私がそうでした。

だから、あなたが全部悪いわけじゃないんだよ。
そう伝えたくて書きました。


一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP