夫への執着を手放して、信頼して待つ。〜それは相手へのコントロールを手放すこと〜

パートナーシップ

夫への執着を手放して、信頼して待つ。〜それは相手へのコントロールを手放すこと〜

●●●
一水みゆき

こんばんは!変わりたいけど変われない
あなたの背中を押すカウンセラーの一水みゆきです。

昨日数秘学のカウンセリングを受けたお話をしました。
そこで、新たな気づきがあったので別記事にしました。
そう、信頼して待つ。

あらゆるシーンで、出てくるんですけどね。
夫を信頼して、相手が決めるのを待つ。
息子ならできると信じて、待つ。(見守る)

いつものわたしなら聞いていたのに…

昨年わたしは夫に手紙を渡したんです。
戻ってきても、別れてもどちらでもいいよ。
わたしは幸せだから、あなたに委ねるよ、と。

その時のブログはこちら

でもうんともすんとも音沙汰はありません(笑)
読んだのかも知らないし。

今までのわたしなら聞いてると思うんですよ。

ねぇ?手紙読んだの?
結局あなたはどうしたいの?
戻ってきたいの?って。

でもね、今回は本当に聞く気はありません。
いや、むしろ聞きたくないというか。

何でだろ〜って自分でも思ってたんです。

いつもわたしがお膳立てしてたから、今回もそうするの
が嫌だから?

まぁ全くないとは言えませんが、なんか違うな〜。
何でだろ〜何でだろ〜何でだ何でだろ〜(古っ)

自分の感覚ではそれは違うし、したくない。
心がそういってるんですよね。
でも理由がわからなかったんです。

でも朱美さんと話していて、わかったんですよ。

あ〜そっか!わたしはもう彼もいい大人だから
自分のことは自分で決めるでしょう、と。
だからそこに介入したくない、コントロールしたくない。

わたしはわたし、夫は夫。
ちゃんと境界線を引けるようになってたんですよね!
その上で、自分で決めるやろ〜って思ってる。

これは自然と信頼して待つ。ができていたんですよね。

無意識に相手をコントロールしがち…

わたしは超・自立だし、フットワーク軽いし、色々考えて
決断するのも早いし…。

そんなわたしなので、無意識に相手をコントロールしようと
しがちなんですよね。

今回のことであれば、早く決めてよ!どーすんの?みたいな。
せっかちだし、白黒つけたがるタイプなので余計です。
わたしは待つって苦手なんですよ〜。

もちろん今もその気持ちが全くないわけじゃありません。
でも今回はその気持ちよりも、わたしができることは全てやった。
あとは彼の決めることだから、わたしは介入したくない。

わたしは彼をコントロールしたくない。

そう思ってたみたいです、いや〜成長したなわたし(笑)

数秘学のカウンセリングでも、夫は仕事もできるし頑張り屋で
我慢強い。ちゃんと自分で考える力もあるって言われて。
そうだよな〜。ちゃんとできる人なんだよなって。

わたし無意識に見下してたんですよね。

わたしが決めてあげなきゃ決められない人。
優柔不断な人。
わたしがお世話してあげないと、だめなんだって。

どんだけ嫌な女じゃ〜!
でもね、それに気がついたからこそ夫を信頼できるんです。
この人は遊牧民だから、自由を求めるのも仕方がない。

だから、自分で決めるのをわたしは待とうと。

わたしはここまで頑張ってきた自分に自信を持てました。
だから、その自分を信頼して待てるんです。

最近、正直いうと夫のことを忘れてる時間が増えました(笑)

今わたしが恐れているのは、わたし自身が夫への気持ちを
無くしてしまうことです。まぁそうなったらそうなったで
それもしゃーないよね!ですけどねっ(^^)

夫を手放したいあなた。
信頼して、待ちたいと思っている人に。
 

私に背中を押して欲しいあなたは、
2月からスタートするカウンセリングの詳細をクリック↓


変わりたいあなたのためのカウンセリング。問題解決へのプロセスをデザインします。

一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP