年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード㉗ 〜感情の蓋と、罪悪感と〜

年下彼氏・年下夫のこと

年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード㉗ 〜感情の蓋と、罪悪感と〜

こんばんは〜。心理デザインカウンセラーの、一水みゆきです。

久しぶりの年下夫エピソード更新です!
あんま書くことないな〜と思いながらLINE見返してたら
これは書けそうだな〜と思ったことがあったので。

私親友に結構電話やら、LINEやらで相談しまくってた
ので、日記とか書いてなくても残ってるんですよねぇ。
本当にこの友人がいなかったら、私はこんなに元気でいられなかった。

感謝してもしきれない、大事な友人なんです。

感情に蓋してるってやっと気がついた

その当時、私はカウンセリングめちゃくちゃを受けまくってたんですよね。
でその度に、感情に蓋をしている、感情を麻痺させてるって言われまくって。
当時の私はピンって来てなくって。

ああ感情に蓋してるんだ、私。
みたいな、他人ごとみたいな感じだったんですよね。
でもやっぱり私、言われた通り感情を感じないように
してるんちゃうんかなーって思ったんですよ。

感情を感じたらしんどいやん?1回り年下の彼氏に振られた時、
もう辛くて辛くて、人生のどん底で、あまりにも苦しかった。
その時の記憶があるから、こんな風に感じたらしんどい、辛い。

だから無意識に、感情の蓋してたのかなって思うんですよね。
元気にやらなきゃ、我慢しなきゃって。
頑張んなきゃなって。

そういうのが強すぎて、溜め込みすぎて感情に蓋しちゃうって
いうのもあったのかな?って。

これ友人が言ってくれたんですけど
平穏に生きたいから感情に蓋してるってより、周りの人を
心配させたくないとちゃうんかな?

周りの人に無意識に、心配かけないようにしてたんだよ。
優しいんだよって。

この言葉がすごい嬉しくて。だから感情に蓋をして、
何もないですよって顔をしてたんだろうなって思ったんです。

息子と罪悪感と

この頃なんですけど、やっぱり夫に息子を見てもらった時。
うちの息子がパパがさあっ〜て無邪気に話すのを聞いて、勝手に
涙出てきたんですよ。

私のせいで、寂しい思いさせてるんだ!!
罪悪感がめっちゃあって。

でも寂しい思いさせてるって思っているのは、“わたし”であって
息子はただ単に、パパと会えて楽しかったよ!って言ってるだけ。
それをそういうふうに思って、感罪悪感を感じているのは私。

そして私がそう思ったっていうことは、相手もそう思って
いるのかもしれない。

罪悪感感じているから、息子に会いに来るのをあんまりしたがらない
のかもしれないなーって。きっと苦しいんだろうなって。

どうして息子を見に来てくれへんの!?
怒りもあったんですけど、あーそっかー。
きっと苦しいんだなあ。

息子を見ると罪悪感を感じるんだろうなあって、思えるように
なったんですね。私はこのちょっと前から、お弟子講座を受講
していて、本当に心理学を学ぶのが楽しい!!

宿題をするのが楽しい!!
仲間と一緒に頑張るのが楽しい!!
カウンセラーとしてやっていくのが楽しい!

これある意味、ライフワーク生きるっていうことなんです。
それに集中して楽しい、ワクワクする。
そういう気持ちが 増えてくるにつれて、やっぱり私の中の
夫への執着みたいなものがだんだん薄れていったんですよね。

夫を手放したいって執着するよりも。
もう執着していいやん!諦めて自分の楽しいこと、やりたいことに
目を向けてたら。

いつの間にかだんだんと、執着が少なくなってきたんですよね。
でもこれは1人だけじゃなくて、カウンセリングをいっぱい
受けてカウンセラーさんや、お弟子の仲間たち、親友、友達。

最愛の息子と、両親。
みんなが私のことを支えてくれたから、こうやってどんどん
癒されていたんですよね。

もうこのころになると、月に1回お弟子講座の時に夫が来て
息子を見て行く。

もう習慣みたいになって、あえて話をしたりそういうことはなくて。
事務的な連絡しかしなくなってました。

だからお弟子を受講して、夫との関係は直接的に変化があったりは
しませんでした。ずーっと小康状態。

凪、みたいでした。

 


 


一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP