【自分軸】人に嫌われたくないから、本音を言えずに疲れてしまう人はいい人をやめよう!

自分らしく生きる

【自分軸】人に嫌われたくないから、本音を言えずに疲れてしまう人はいい人をやめよう!

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2022/04/icon2-300x300.jpg
一水みゆき

なぜか頼れるお父さんと言われる心理デザインカウンセラーの一水みゆきです。

今ダイエット中なんですけれど、最近「みゆみゆ顔小さくなった!」と言われることが増えてめちゃくちゃ嬉しいです。一人でやろうとするとどうしても挫折してしまう私ですが、トレーナーさんがいる事でこんなにも頑張れるんだ〜と自分自身もビックリ。

ダイエットもカウンセリングもやっぱり一緒に伴走してくれる人がいる方が効果が絶大ですね!(カウンセリングもきてね!(笑))

本文に入る前にお知らせ。私のLINE公式アカウントでは毎月読者限定特典を用意していたり、プチコラムを配信。ブログの更新情報もありますのでポチッと登録!アファメーションブックも特典としてもらえます。

友だち追加

皆さんは人に嫌われたくない、だから本当は嫌だったんだけど断れずについついお願い事を聞いてしまった。そんなことってありませんか?特に優しくていい人が多いと思うんですけれど。ただそれをずっと続けていくと、物凄く他人に振り回されちゃうし疲れちゃう。

そんなあなたにが楽になるためには、自分軸を確立すること。そのためにはいい人をやめることをオススメします!嫌われたくないって、誰でも思うと思うんですよ。私だってできれば嫌われたくはないですし。

例えば会社の先輩にとあるライブに誘われて。本当はそのアーティスト好きじゃないから行きたくないんだけど、先輩だから嫌われたくないし断れなくてライブに行ってしまう。そして行ったのはいいけれど結局つまらないし、苦痛だしお金は飛んでいくしで後でついつい愚痴っちゃう。これってあるあるですよね?ちなみにこれは新卒で入社した時の会社の同僚のお話なんですよね。

あとはみんなでお昼ご飯行こうってなった時。本当は カレーが食べたかったのにみんながおしゃれなイタリアンに行きたいって言ったから。ぐっとそれを飲み込んで、おしゃれなイタリアンいくわけです。「でも私本当カレー食べたかったなぁ」 って夜ご飯をカレーにする。

これがね、たまにだったらいいんですけど。しょっちゅうこういうことばっかりやってると、最初に言ったとおりに他人に振り回されるし、自分の好きなことはできないし、疲れちゃうんですよね。実際どんな風に生きたって、全員から好かれるって難しいじゃないですか?

芸能人だってめちゃくちゃ人気の人にも一定のアンチは居る。ものすごく人気がある芸能人であれば、逆にアンチも多かったりするわけです。

一番大事なことは【自分のことを好きか嫌いかってのは、私たちが決められない】ってことを理解することなんです。

例えばなんですけれど、私たちカウンセラーって“できない自分、弱い自分を受け入れよう”っていう話も良くするんですよね。なので「それが自分なんだから、しょうがない」 そういう風に受け入れていきましょう!とお話するんです。

これは友人のお話なんですけど 「しょうがないよね」とか言われると、自分はできない人なんだ。ダメな人なんだ!って言われてるみたいで嫌だと思ってた。そんな話を聞いたんですよね。

できない自分を受け入れるには、しょうがないねこれが自分だもんね。っていうのがいいんだって思ってたんです。でもこの言葉によって、ダメだって思う人もいるんだって気がついたわけです。こういう例にあるみたいに、同じ言葉でも人によって受け取り方も千差万別なんです。良い印象を持ったり、悪い印象持つ場合もある。

だからいくら気をつけていても、いくら気を遣っていても。自分の発言を不快に思う人もいれば嬉しいと思う人もいる。それって本当に個人個人で違うのですよ。エスパーとかじゃない限り難しいわけです。

この言葉を発したことによって相手がどう思うか?ってのは自分で決められないし!って割り切っちゃうのが一番いいんですよね。

もちろんその人の性格だったり、嫌がるポイントを把握してることによって表現を変えてもいいと思うんです。でも基本的には自分が行動したことによって相手がどう思うか?それは私たちには決められないんです。コントロールできないんです。これを意識してほしいと思うんです。

そして次からチャレンジなんですけど、 簡単なこと、抵抗が少ないことから少しずつやってみませんか?っていうことです。

例えばお願いごとをされたら、今日はちょっとごめん用事があるから難しい。また今度にしてって断って見る。今までだったら断れなかったことを勇気を出してNO!と言ってみる。今日一緒にご飯行こうって誘われても。あーごめん、今日ちょっと買い物行きたいねん。だからまた今度にしよう!って断ってみる。

自分のしたいことを優先してみませんか?案外こうやって断ってみたりしてもわかった、じゃあ次の機会にね。とあっさりOKしてくれることって多いです。そうやって少しずつ、嫌われたくないっていう気持ちから選んでいた事をNO!と言ってみる。断ってみる。

そしてこの成功体験をちょっとづつ積むことで、案外大丈夫なんだって思えるようになれば。どんどん自分の為に心地よい選択ができるようになるんですね。いい人をやるのをやめて、もっと自分の気持ちに素直になることを選択する。

小さなことから選択肢を広げて、もう少し大きなチャレンジをしてみる。そして成功体験を積むことで自信になってくるんです。

私自分がやりたいようにやっても嫌われないんだ!

そうするとどんどん楽しくなってきて自分が幸せになるんです。そして自分が幸せになってくると逆に今度は人に優しくできます。本当は嫌なんだけど、今日は機嫌が良いし手伝ってあげようかなあってOKできたりするわけです。

だからちょっとずつ自分がしたいことを選択する。人に嫌われたくないからお願いされたり誘われたり、そういうことを全部引き受けていたのを少しずつやめてみる。そんなチャレンジしてみませんか?

ちなみに最初の同僚のお話ですが、私も実は誘われました。「ごめんなさい、そのアーティストあまり知らないんですよね。」「でも先輩は楽しんできてくださいね〜」こんな感じで断ったんです(笑)でもあっさりとそうか、オッケーって了承してくれました。

そして一緒に行った同僚はどうなったかと言うと…。後で行きたくなかったと陰でぐちぐち文句を言っていました。そして楽しそうに見えたのか「また一緒に行こうね!」と誘われていました。さて、どっちが楽な生き方だと思いますか?

もし断って嫌われてしまったとしても。そんな器の小さい人と付き合いたいですか?好かれたいですか?きっと答えは「NO」ですよね?付き合う人もちゃんと自分と合う人を選んで良いんです。その方が人生楽だし、心地よいんです。これぞ自分軸の生き方なんですね。

ちなみに、先日仲間内でやったミニ講座へのお誘い私は断られまくりましたが誰も恨んでません…!ね、大丈夫でしょ?(笑)

ご意見ご感想はこちらから。
カウンセリングのお申し込みはこちらから。

さよなら さよなら さよなら また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。

 


イベント申し込み受付中です! カウンセリングのお申し込みはこちらから。 ご意見ご感想はこちらから。

変わりたいあなたのためのカウンセリング。問題解決へのプロセスをデザインします。

一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と離婚したシングルマザー。4歳男児の母。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

一水みゆき

一水みゆき

《人生どん底でも大丈夫!幸せになれます!》30・40代女性の夫婦・子育て問題解決のマインドや、自己肯定感UPの方法を発信!|デザイナー歴18年のカウンセラー「心理学×デザイン思考」で悩みをビジュアル化して解決|夫と別居でどん底→心理学を学ぶ→マインドが変わり幸せな状態に|4歳男児の母|シングルマザー

TOP