自分らしく生きる

ありがたい褒め言葉を受け取れない。でもそれで良いんじゃない?

最近ありがたくも、褒められることが増えてきた一水みゆきです。
ちょっと前まで『え〜、そうかなぁ?』とか、『おぉぉぉぉぉぉ〜、さぶいぼでるぅぅぅ』

※さぶいぼとは鳥肌が立つ、の鳥肌の意味。
と思って受け取れませんでした。

でも何故か仕事だと受け取れる。『デザインが良いから受注できました!』と言われると
そうやろー、そうやろー、と満面の笑みで受け取れるのです(笑)この違いはなんだろう…。

まぁ仕事にはそこそこ自信があるからなのかも知れないとも思います。
ただ、最近心境の変化があって褒めてもらえると、褒められたこと自体が嬉しくて
にっこり笑顔で『ありがとう』が言えるようになりました。

褒めてもらったこと自体が嬉しくて、こころからありがたいなぁと思えたんです。良い変化だ〜。
相変わらず言われた言葉自体を受け取れてるかどうかはわからないですが(笑)

ただ、それでも良いんじゃないかなぁと思うんですよね。受け取れなくても。
そもそも褒め言葉を受け取らなければならないって思ってる時点で
自分をガチガチに縛ってるってこと。

それってせっかく褒めてもらったのに『受け取らなきゃ』と思ってる時点で、しんどいですよね。
せっかく褒めてもらったのに。

だから、褒めてくれた好意自体をありがとう♥って思って、伝える。
でもそれを受け取るかどうかはわたし次第。それはわたしが決めること。

それは相手にも言えることで…。わたしが褒めたことを相手が受け取れなくても別に良いよね?って。
受け取らなくても失礼だ!プンプン、とか怒らないし。あー、受け取れてないんだ、ふふっ。
ただそれだけ。だって褒め言葉を受け取るのも、受け取らないのも相手が決めること。

そもそも褒めて受け取ってもらおうって、思ってること自体が相手をコントロールしようとしてるってこと。

前回の根元裕幸師匠のお弟子講座で受け取れない人に受け取ってもらうには?という質問をした時
受け取らせようとすること自体がコントロールですって言われて、“アチャー”って思ったのでした(笑)

あとは最近わたしは繊細とか、人をよく見てる、とか色々言われるのですが、わたし自身は
そうかなぁ?と思ってるんです。でもわたしが思ってるわたし。他の人から見たわたし。
どっちも違って当たり前だし、どっちのわたしもわたし、なんですよね。

自分が思う“わたし”他の人が思う“わたし”どっちも正解で、どっちもわたし。
だから、そっかー。他の人から見た“わたし”はそうなんだね、って認識する。

それで良いんじゃない?と思う今日この頃。

根本裕幸師匠のお弟子の宿題で、お弟子同士でセッションをするってお題がありまして。
その時意図せずにも相手を褒めちぎったり、褒めちぎられたりするんです。
お互い見てみると、見事になんか受け取れてないんですよね(笑)

最近はそれも面白くて、それはそれで良いかぁとも思うんですが。

そもそも日本人って褒められることに慣れてない気がするんですよね。
子供を褒めないで、むしろうちの子なんて〜って謙遜する人が今でも多い。
子供の良いところを褒めちぎるより、謙遜する方が良い。

自分の子がいかにいい子で素敵な子か、周りの人に話すことはタブーのようで。
そりゃそんな幼少期を過ごしてたら。ましてや大人になってから褒められる。
慣れてないし、ほんとに?と思っちゃうのもしょうがないよなぁ…と思ったのでした。

そもそも日本人の子供って他国に比べて自己肯定感めっちゃ低い。それって謙遜の文化と、
子供を褒めないで育てる。そのことが影響してるのかもしれないなぁ、と。
自分や、周りの人が受け取らないことをみて、そこまで考えてしまいました(笑)

せめて、自分の子供だけでも褒めて褒めて、ただ存在そのものを愛して。

自己肯定感の高い大人に成長してくれるように。せめてもの自分にできることをしよう。

さよなら さよなら さよなら。 また明日。

一水みゆきでした。

------------------------------------------------

「心理学×デザイン思考」で問題解決のための
プロセスをデザインします。
変わりたいけど変われない。
あなたの悩みを解決に導くカウンセリング!

カウンセリング・コーチングセッション
《関西対面・zoom共に》
60分  ¥18,000-

3つのお得なサポート付き!

カウンセリングに申し込む

♥年下男子にことごとく失敗している、
わたしのエピソードはこちら→年下彼氏・年下夫のこと

♥こっそりはじめた公式LINEアカウントです。
どんな内容なのか、お友達特典のアファメーション
bookの詳細について書いているページはこちら→
LINE公式アカウントについて

お友達追加はこちらをクリック↓
友だち追加

♥更新のお知らせ、気づき、わたしの日常の呟きはこちら。

♥お問い合わせ、ご感想などはこちら。
お問い合わせフォーム

♥わたしのプロフィールが知りたい?
そんな素敵なあなたはこちら→プロフィール 


高橋 和巳著 子は親を救うために「心の病」になるを読んだ感想前のページ

go to travelで福井・金沢に子連れで車旅行に行きました。次のページ

関連記事

  1. 自分らしく生きる

    察してちゃんはもうやめよう。あなたの意思をちゃんと伝えれば、相手も自分も幸せになる。

    察してちゃんはもうやめよう。あなたの意思をちゃんと伝えれば、相手も自分…

  2. 自分らしく生きる

    わたしはわたしでいい。そのままの、そこに“ある”自分を認められたとき。

    子は親を救うためにこころの病になる。という本を読みました。高橋和巳…

  3. 自分らしく生きる

    はっきり言う人は好かれるか、嫌われるか?本音で生きると自分に合う人を選別できる①

    はっきり言う人は好かれるか、嫌われるか?本音で生きると自分に合う人を選…

  4. 自分らしく生きる

    他人と比べて落ち込む。劣等感を感じたりする心理と対処法

    こんばんは!おかげさまでモニターカウンセリングが満席となりました。…

  5. 自分らしく生きる

    人は好き勝手に色々いうけど、人生の責任は誰も取ってくれない。だから自分で決めよう。

    人は好き勝手に色々いうけど、人生の責任は誰も取ってくれない。だから自分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. おすすめの本

    高橋和巳著 精神科医が教える聴く技術を読んだ感想
  2. 日々つれづれ

    go to travelで福井・金沢に子連れで車旅行に行きました。
  3. ココロノマルシェ(お悩み相談)

    趣味仲間の男友達との関係についてのご相談【お悩み相談】
  4. 日常で使える心理学の知識

    自己肯定感が低い原因は親のせい?〜子どもや親の自己肯定感を高めるには〜②
  5. 私のカウンセリングを受けてくれた方の感想

    モニターさまのご感想⑤ 〜文面だけで分かっちゃうなんて、スゴいです!〜
PAGE TOP