SNSで嫉妬してしまうのをやめたいのに、ついつい見てしまう。そんなあなたへの処方箋。

ココロノマルシェ(相談)

SNSで嫉妬してしまうのをやめたいのに、ついつい見てしまう。そんなあなたへの処方箋。

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2021/01/plofile2.jpg
一水みゆき

こんばんは〜。心理デザインカウンセラー・コンサルタントの、一水みゆきです。

今日からスタンディングデスクで仕事をしてみました!
背筋が伸びるせいか、シャキッとする反面後半疲れてきて腰が痛い。
首が痛い。足が痛い(笑)体力が減ってる証拠です。
でも結構集中できるし、運動不足も気になるので引き続き
頑張ってみま〜す。

毎日更新をやめたおかげで、心に余裕が出てきました!
今までめっちゃ無理してたんだな〜と感じている今日この頃。
皆さんも無理のしすぎは要注意!適度に休みましょうね(^^)

今後の更新は不定期になりますので
よろしければ、メルマガ公式LINEにご登録ください。
更新情報をお知らせしていきます。

今日はココロノマルシェに回答します!
ココロノマルシェとは、根本裕幸の「お弟子さん制度」
を卒業したカウンセラーがあなたの相談にお答えするページです。

今回のご相談は、こちらです。

SNSを監視してしまう

相談者:ももさん

嫉妬相手のSNSが気になってしまいます。
ブロックしてミュートワードにも設定したのに、タイムラインに別の人と嫉妬相手が
写った写真が流れてきたり、その人を間接的に指した(匂わせた?)文章を見ると
気になって覗きに行ってしまいます。

仕事中だけでなく、楽しいことをしていても向こうの方が楽しく過ごしているん
だろうなと自分と比べて羨ましくなってしまいます。
何をしても足りない感覚で、相手がいつも気になって頭から離れません。
ネットで調べて嫉妬を消す方法を試したのですが、1年たってもそれほど効果がなく、
むしろ執着が強まった気がします。嫉妬する自分が嫌いで惨めに思えます。

SNSで嫉妬や劣等感を感じず利用するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

ももさんこんばんはこの度はご相談ありがとうございます。
嫉妬相手のSNSが気になってしまうんですよね。まあこれって現代社会あるある
だと思うんですけど。twitter、facebook、instagramなどの他人の投稿を見て
嫉妬したり羨ましかったり、人と比べてしまって気分がざわついたり。

もちろん私にだってあります!たとえばなんで私はたくさんいいねしているのに、
私には一切良いねくれないのはどういうこと?みたいな非しい気持ちになったり。

いいなあの人は、いっぱい申し込みが入って。
いいなあの人はいっぱいフォロワーがいて、とかねありますよもちろん。
これってなかなか難しいと思うんですけど、1番効く方法があります。

いやもうね、そんなのできたら苦労しないとおっしゃるかもしれないんですけど。
嫉妬している自分を受け入れる!これができたら少しずつ減っていくと思うんですね。
なんでかって言うと嫉妬する自分が嫌いで、嫌だという感情は言い換えると
嫉妬している自分を拒否している、受け入れてないんですよね。

でも自分はやっぱ嫉妬しちゃうわけなんで、嫉妬することは変えられない。
そんな自分が嫌いで受け入れられないから、ますます自分のことを嫌いになる。
こんな感じで負のループが延々と繰り返されているんですよね。

じゃあなんで嫉妬している自分を受け入れるといいのか?
そのお話をして行きたいと思います。

なるべく嫉妬しない状態にしていきたければ、自己受容をしていくことが大事。
自分のことをそのまま受け入れるんです。

自分を否定するとか、自分を責めるとか自分を嫌うとか、自分逆に褒める。
自分最高!って思うとかそういうことじゃなくて、ただただ
あー私はこういう人なんだって受け入れる事です。

ももさんの場合ですと、「へー私嫉妬しちゃうんだね、そうなんだね 」ということです。
いやそんな簡単にできてへんわ!って感じですよね。めっちゃ分かりますよ!
私だってねそういう気持ちありますし、はっきり言うとこれ0になるってことあるのかな?
でも0にするのが難しくても、減らしていくっていうのできますよね。

あと嫉妬って言うとすごく嫌な感情であり、すごく嫌な気持ちになるネガティブな
ものだと思ってません?嫉妬っていうのは逆に、あなたにとって何が大切かって
いうのを教えてくれる素晴らしい感情でもあります(^^)

あと嫉妬というのは手に入らないものにはしないです。
自分ができるんじゃないか?と思う事、人に嫉妬します。

例えばですけど、ウサインボルト選手。もの凄い速く走りますよね。
例えば陸上選手だったり、オリンピック選手であれば彼に嫉妬するのは分かるんです。
でも一般人である私たちが彼に、早く走りやがって!って嫉妬すると思います?
しないですよね。なんでかというとできないってわかってるからです。

嫉妬っていうのは、自分ができるんだ!手に届くんだ!っていうのを教えてくれるんです。

だって嫉妬するってことは、自分の中にそれが出来る要素があるってこと。
手に入れられるんです、本当はね。でも嫉妬しちゃう。自分を否定しちゃう。
自分がそれをできるっていう、価値を否定してるんですね。

あと嫉妬を消す方法を色々試したということなんですけど、効果がなく
むしろ嫉妬が強まった気がしますっておっしゃってますよね。

嫉妬に限らず、感情は禁止すればするほど、余計執着しちゃうんです。
なんでかって言いますと、例えばあなたの後ろに誰かがいます。
「今後ろ見たらあかんで!」と禁止されたらどんな気持ちになりますか?

急に後ろが気になって、後ろ振り向きたくなりませんか?
だから嫉妬するのをやめよう。嫉妬するのをやめようと思えば思うほど、
余計嫉妬するような要素が目に入るんです。

後ろ見ちゃ駄目って言ったら、自分の後ろがめちゃくちゃ気になるのと同じですね。
だからどうしていけばいいかって言うと、もうとことん嫉妬しちゃう自分を受け入れようぜ!
って事なんですよ〜。「そんなんできへんわ!嫌じゃ!」と思うかもしれません。

でも嫉妬する自分を否定すればするほど、嫉妬が増すんです。
しんどいですよね〜。いやですよね〜。だからここはちょっと頑張ってみませんか?

嫉妬してるな〜って思った時に、こう言ってみてください。
「私嫉妬してる〜!そっか、嫉妬しちゃうんだよねしょうがないね、私。」
て心の中でも良いし、小さい声でも良いので口に出して呟いてみてください。

こうやって嫉妬しちゃう自分を許可すると、嫉妬しちゃいかん!→嫉妬してもいいよって
自分に許可ができるようになるんです。自分自身に嫉妬してもいいんだよって、言われると
気が楽になるし、自分のこと責めなくなるし、気にならなくなっていくんです。

だからももさんに お伝えしたいのは、まず自分を受け入れよう!
嫉妬しちゃう自分もオッケー!全部マル!って肯定してあげる事なんです。
めっちゃいい荒療治があります。

多分、嫌じゃ〜〜〜!そんなんできへんわ!無理無理って言われるかもしれませんが。
逆に嫌だ、抵抗があることをする方が効果があるんですね。
それはなんやねん!言いますよ、そんなに難しくないですからね。

「いいなあ〇〇さん羨ましいって」言っちゃうんです。できれば本人に。

逆にこれを言ってしまえば、その人に私は羨ましいと思ってることを公言しちゃうわけです。
だから嫌でも自分を受け入れざるを得ないんですよ。え?無理?うーん。困ったな。どうしよ(笑)
そうですね〜、もし難しければ本人に言わなくてもいいので、私は〇〇さんが羨ましいんだ。
悔しいって思いながら、ノートに書くなりこっそりつぶやく。

なんなら脳内で言ってもいいです。嫉妬している、羨ましい。
そんな自分を受け入れてみましょう。

あとは楽しいことしても、向こうがもっと楽しく過ごしているんだろうなーっ思ってしまう。
これって結局、楽しい事に集中してできてないんですよね。
本当に楽しかったら、そんなこと頭にチラつかないんじゃないかな〜と思うんですがどうでしょう?
それとも楽しんでる最中じゃなくて、終わった後に思っちゃうんでしょうか?

嫉妬相手が頭にちらついて、最初は難しいかもしれないのであえてSNSを見るのをやめてしまう。
物理的にブロックする。もう1日2日でもいいんで、全く見ないで過ごす。
それで、強制的に自分の意識から外していくっていうのもいいと思います。

ただももさんの、「何をしても足りない感覚」っていうのがちょっと気になるんですよね。
カウンセリングであれば、どうしてそういう感情を抱くようになったの?
いつからその感情を持っているの?どういう時にその感情を感じるの?ってお伺いすると思うんです。

この何をしてもたりないっていうのが、自分が価値がないって思っている根源になると思うんですよね。
ただちょっとこの相談文からだと、全然見えないんですよね。

ご自分でどうして私は何をしてもたりないって、感覚を感じるんだろう?
ていうのを振り返ってみてほしいんです(^^)
もし1人で難しければ是非カウンセリングをご利用ください。

どうでしたでしょうか?SNSで嫉妬しちゃうっていうのは、大なり小なりみんな
そういった気持ちを抱えていると思うんですね。
なのでそれを私なりにどうすれば減らしていけるのかを解凍してみました。

さよなら さよなら さよなら また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。


問題解決のプロセスをデザインする、8日間のメルマガ講座。変わりたいけど、変われないあなたへ。

一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP