年下彼氏・年下夫のこと

年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード④ 〜理想のプロポーズって何ですか?〜

またまた間が空きましたが、今回は旦那さんと結婚するまでの話です。
みなさん、理想のプロポーズって何ですか?

やっぱり素敵なレストランで、飲み物の中から指輪が出てくるとか
そんな感じですか?(笑)(ドラマや漫画の見過ぎかしらん)
わたしの理想?のプロポーズを一応してもらったんですよ〜。

遥か遠い昔のような。学生時代の思い出。
そんなノリで書きながら、思い出していました。
何だか自分の気持ちを精算しようとしている気分(笑)

順調なお付き合い、しかし…

当時書いていた日記も付き合って1年目ぐらいまでしか書いて
いませんでした。プロポーズしてもらったのは付き合って1年半の頃。
でもその辺の記憶はちゃんとあるので、思い出しながら書きます。

しかし、わたし当時の日記によくHしただの、してないだの書いてて。
どうも私はしたいのにしてくれない、みたいな感じなんです。
(人ごとかよ)してくれなくて悲しい。そんな気持ちが書いてありました。

これが結婚してからのその後の問題につながるんです。
そもそも、旦那さん性欲が強くない方なんです。
私の実感と、占い師さんと、スピリチュアルの方全員の意見が一致(笑)

そもそもこの頃からコミュニケーションの問題があったのか?
レス気味になる時って、コミュニケーションに問題があることが多いんです。
そう考えると、言いたい事をちゃんと言えてなかった私がいました。

そしてHをしたいんじゃ〜!と伝えても、ちゃんとお互い理解し合える
ようにコミュニケーションをとっていたのか?
この点に関してはどうかな???という感じです。

もしかしたら表面に出てはいなかったけれど、この時から
始まっていたのかもしれません。書きながら思い出したんですが。
振られた年下彼氏の時も、Hをするしない、で揉めてたような…。

あれれ???もしかして意外とこの問題根が深いかもしれない…。
あ〜、どんどん問題が浮き彫りになるワタクシ。
どれだけ向き合わなあかんねん〜。オーマイガ〜〜〜!!

優しい彼氏(旦那さん)と猫ちゃん

そしてこの当時私は一人と1匹暮らし。
だいぶ高齢だった猫のすずちゃん。もともとヨボヨボだったのに
さらにこの時食欲が減り痩せる。何かの病気かな?といろんな病院へ。

ちっとも良くならないので、連れて行ったとある病院。
そこで診断されたのが甲状腺機能亢進症という病気でした。
ただ、この病気は投薬治療で症状は良くなるとのこと。

しかし、高齢だったすずちゃんは腎臓病も患い。
点滴をかなりの頻度でするようになったのでした…。

旦那さんは、そんなすずちゃんを心配して病院の費用をカンパして
くれたり、家に来るたびすずちゃん生きてる?と心配してくれました。
私は彼の優しさがとても嬉しく、励まされたのを覚えています。

誕生日・そしてプロポーズ

私の誕生日は1月末です。ちょうど付き合って1年半ぐらい。
私もそろそろ(というよりだいぶ前から)、結婚を考えるお年頃。

付き合い当初から、結婚を考えられない人とは付き合わない。
そう宣言していました。

そして『私この人と結婚する』
今までなら本当かよ!漫画だろ、そんなの。と思ってたような
予感というものが私にも降りてきて。

それも伝えていたので、誕生日はとっても期待していました(笑)
心理学の格言に、期待は裏切られるとありますが、見事に。
誕生日は六甲山の素敵なホテルに一泊して、サプライズでケーキも。

プレゼントもレストランの方がこっそり持ってきてくれました。
そんなロマンチックな演出。素敵な窓からの神戸の夜景。
期待するでしょ!そりゃ(笑)

でもその日は何にもなく、普通に祝って終わり。
でもとっても素敵だったし、サプライズにも感動したし
旦那さんにますます惚れ直したんですよ、私。

でもプロポーズして欲しかったんです…、しゅん。
業を煮やした私は、後日直接言いました。

『いつプロポーズしてくれるの?』と。
わたし、強い。うん。偉いぞ。

そしたら2年ぐらいでプロポーズしようと思ってたとのこと。
わたしの希望を聞き、何とその1週間後にプロポーズしてくれました。

雑貨屋さんで豚さんの、可愛い指輪を見たことがあって。
『婚約指輪いらんから、豚さんの指輪欲しい』と言ってたのを
ちゃんと覚えてくれてて、豚の指輪を用意してくれました。

さらに薔薇の豪華な花束を持って。
とある屋上庭園で、月がきれいな夜にプロポーズしてくれました。

『結婚してください』

あぁ。甘くてとろけるような、幸せだったこの頃。
少女漫画のような展開。(プロポーズ要請したけど)
この幸せがずっと続くと思っていました。

(このモノローグしつこい?でも間がもたないの、ごめんして)

余談ですが、周りの結婚した奥様の話を聞くと、ほぼ女性の側
からプロポーズを促しておりました…。
こういう時代なのかな、とポツリと思いました。

さよなら さよなら さよなら。
また明日。

一水みゆきでした。

メンタリストDaiGo (著) 人を操る禁断の文章術を読んだ感想前のページ

カウンセリングって何?意味ない?効果なし?〜カウンセリングを受けるメリット〜次のページ

関連記事

  1. 年下彼氏・年下夫のこと

    年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード③ 〜順調なお付き合いと不安〜

    ちょっと間が空きましたが、旦那さんとお付き合いしてからの話です。最…

  2. 年下彼氏・年下夫のこと

    年下男子はお好きですか? その5 別れと恋愛ゾンビ

    みなさん彼氏に振られた時はどうしますか?泣いて引きこもりますか?悔しさ…

  3. 年下彼氏・年下夫のこと

    年下男子はお好きですか? その3 別れの危機は突然に…。

    ひとまず長くなってきましたがこの話を書き終わるまで頑張ろうと思います!…

  4. 年下彼氏・年下夫のこと

    年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード② 〜お付き合いまで〜

    みなさま続きを首を長くして、待ってましたよね?お待たせしました。え…

  5. 年下彼氏・年下夫のこと

    年下男子はお好きですか? その1

    いきなりですがわたしの家族は全員B型です。父・母・弟・旦那・息子。B型…

  6. 年下彼氏・年下夫のこと

    年下男子はお好きですか? その2 遠距離からの・・・

    その1が好評でしたので、違うネタを書こうと思っていましたが、続きを書こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. ちょいまめ

    諦めると明らめる 〜あきらめるの本当の意味を知る〜
  2. 育児 -こそだてのこと-

    ママが楽ちん!海外で話題の離乳食BLWをしました。食材をいきなり固形で食べる新し…
  3. 心理学

    信頼して、待つことの効果 〜息子3歳のトイレトレーニング〜
  4. 心理学

    感情に蓋をする 〜『わたし』の感情を感じないようにしていたというお話し
  5. 育児 -こそだてのこと-

    スーパーウーマンと呼ばれて
PAGE TOP