年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード⑥ 〜新しい家族と、妊娠と〜

年下彼氏・年下夫のこと

こんばんは、やっとこさ結婚・妊娠まで来ました一水みゆきです。
こうして振り返ると、当時のことが思い出されたり、大事にされてたり。
もしくはこの頃から問題があったなぁと気づいたり。

振り返りって結構大事ですね。日記も別居になってからつけておけば
良かったな〜と感じています。子供が生まれてから1年間、時々日記を
書いていたんですが、それもやめてしまって。

なかなか続かないですね。今も日記を書こう、と思ったものの
アプリだけ買って全く日記をつけてないという(汗)

新しい家族

楽しかったイタリア旅行から帰ってきて、日常の生活に戻りました。
すずちゃんが亡くなってから5ヶ月近く経ちました。猫がいない生活
が寂しくて、2人でそろそろ猫ちゃんを迎えようかという話になりました。

猫カフェに行って、すずちゃんと同じ模様の猫を見て、涙したり。
やっぱり猫はいいな〜って癒されたり。

二人で保護猫カフェに見に行ったりしていました。
我が家はペットショップで買うなんていうのは
選択肢には全くなかったので。

その時フェリシモの神戸本社でやっている猫の譲渡会に参加。
可愛らしくて人懐っこい茶とらの子猫に惹かれ、その子に譲渡を
申し込みました。その時、一緒にいた黒猫ちゃんがとても仲良し。

聞けば、兄弟ではないけれど、保護した時からずっと一緒。
他の兄弟猫はもらわれていって、最後の1匹。
仲良しなのに、離すのはかわいそうだな〜と。

思い切って2匹譲渡をお願いすることにしたのでした。
名前も、食べ物から考えよう!ということでちょことまろん
か、あずきときなこにするか悩みました。

なんとなく、響きでちょことまろんに決定!
譲渡会から1週間後、我が家に2匹の新しい家族がやってきた
のでした!ちっちゃくてかわいかったな〜。

レスと妊娠

この頃旦那さんは、お仕事で大変なストレスを抱えており。
もともと、性欲が薄いのに加え、ストレスがたまると性欲が
パタリと消え失せるようなんです…。

ただ、我が家に猫ちゃんがきたことで、幾分か癒しがあったのか
ストレスが緩和され、そろそろ子供が欲しいし…。
ということで子作りを開始したのでした。

よくやる、排卵日を狙うやつですね。
今ならわかりますが、これホントはダメなんです。
男の人のプライドを、知らず知らずのうちに傷つけます。

子供が欲しい人にはメジャーな方法だし、病院にいった場合
まずタイミング方を勧められるので、避けて通るのが難しい。
そもそもなんで日本人はこんなに、レスが多いんでしょ…。

余談ですが、後日すでにこの頃からわたしとセックスを
したいと思わなくなってきたそうです。
この頃から、何か根底で問題があったんでしょうか。

今よく考えても思い当たることがないんです。
子供が生まれた後なら、思いつくんですけれど。

そしてなんとか奇跡的に2回目のトライで妊娠。
周りで苦労してる人がいっぱいいたので、あっさり妊娠
できたことが奇跡…。ただ、ずっと出血がありました。

病院で流産する確率は50%と言われ。当時のわたしは
不安になりつつも、ダメならまた次があるさ!
と持ち前のポジティブを発揮し、普通に過ごしていました。

これがかえって良かったのか、妊娠は無事継続することが
できたのです。安定期に入り、周りに報告するとみんなとても
喜んでくれました。お互いの両親、友達、会社の同僚。

こんなに祝福されて、あぁ、妊娠できて良かった。
わたしは初めての妊娠に不安を抱えつつも、いつも通り
普通に過ごしていました。

幸い、頑丈だったし、つわりもほとんどなく。
高齢妊婦なのに元気いっぱいでした(笑)わたしのつわりは
たまに気分が悪くなることと、異様に麺類が食べたくなる。

特に素麺。そしてアイスが食べたすぎて、毎日アイス食べてました。
夏だけじゃなく、冬にアイスを食べる習慣がなかったのに
この時毎日アイスを食べるようになりました。

体重管理は気をつけていたので、そこまで増加することなく
最終の体重は+9kgほどで済みました。
産んだ後なかなか戻りませんでしたが…。

次回は出産と産後の1ヶ月で初めて泣いて喧嘩したお話です。

さよなら さよなら さよなら。
また明日。

一水みゆきでした。


悩みが消える。8日間のメルマガ講座。変わりたいけど、変われない。そんな悩みを抱えているあなたへ。

一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP