年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード② 〜お付き合いまで〜

年下彼氏・年下夫のこと

みなさま続きを首を長くして、待ってましたよね?お待たせしました。
え?待ってない?そんなこと言わないでよ〜。意地悪〜。
一人悲しくボケツッコミする一水みゆきです。

前振りは短くして本編に参ります(笑)

問題は繰り返す。わたしは必要とされたかった。

当時わたしは意を決して、恋愛コーチの橘ルミさんにセッションを申し込みました。
(現在もご活躍中で、恋愛コーチの他に結婚相談所もされています。ブログはこちら)

わたしは大変お世話になって、旦那さんと結婚できたのもルミさんのおかげなんです!
その時のセッションのメモを見て驚愕…。

わたしが人を好きになるきっかけは『自分のことを気にかけてくれる人』
そう、承認欲求です。人に必要とされていることが、喜び。
元彼に振られたのが、こんなにショックだったのもそれが原因。

わたしは必要とされてない→自己否定・無価値感を感じて悲しい。
わたしはお母さんに認めてもらえてないって感じてたから
余計他人に認められたいって欲求が強くなっている、と。

承認欲求が強い人は、他人に依存しがちで孤独を感じる人。
本当に他人に必要とされる人は、見返りを求めないで他人を思いやれる人。

本当に当時の日記を読み返してみて、びっくり。
なんでしょう、これ。まさに今のわたしと同じ問題じゃないですか。
お母さんに褒めて欲しかったって…。

人は同じ問題を繰り返す…。そうかぁ、そういうことなのか。
なんだかわたしの課題が見えた気がしました。
ただ、当時のわたしの心には響かなかったようです。

今のわたしがみたからこそ、わかること。
本当の言葉の意味を今知ったのでした。感慨深い…。

恋愛コーチのアドバイスを受けて

この頃わたしは、マッチングアプリの人とデートしてみたり、オフ会で知り合った
人と飲みに行ったり。イケメンも結構いたので、めっちゃリア充。
途中からダーツを初めてみたり(出会いのため(笑))、ここでもいろんな人と知り合います。

わたしのことを気に入ってくれてる人も出てきたりして、ちょっとづつだけど
自信が出てきました。そして何より、友達が増えて遊びまくって超楽しい!
オタクで友達の少なかったわたしは、これがリア充というやつなのか!と感動。

飲み会、オフ会、デート、ダーツ、映画のお友達と、映画について語り
みんなで映画鑑賞。今から思い返しても、この頃は楽しかった。
オタクが青春を取り戻すために、はっちゃけてました。

そしてこの時、わたしにブレイクスルー が起きていました。
『なんか友達もたくさんいて、めっちゃ楽しい!彼氏いなくても幸せ!』
ここまで来るのに、元彼に振られてから、約半年かかりました。

そして恋愛コーチのルミさんと毎週セッション。
旦那さんはわたしのことを、好きにならないようにしていると言うのです。
作戦通り旦那さんにLINEを送り続け、何かと口実をつけてまた会えることに。

結婚式の余興で使う衣装を探すのを手伝ったりして距離を縮め…?
そして何回めかのパンケーキデートがターニングポイントでした。

あれ…?なんかいい感じ???

この頃のわたしは自己肯定感が上がって、ブレイクスルー が起きたせいか
モテ期が来ておりました。彼以外の年下男子からアプローチを受けてまして。
ますます自信をつけるわたし。

そんな頃パンケーキを食べるため、旦那さんと会いました。
やっぱり彼といると楽しいなぁ…とわたしは思っていました。
そして今から考えると、なんて大胆な!!!と言うセリフを(笑)

『ね〜、わたしのこと可愛いって言ってるし、めっちゃ気が合うのに
なんでわたしのこと好きにならないの?』

わたしSUGOIYO!よくもこんな台詞を言えたもんだ!!びっくりです。
そしたら返事が、正直よくわかんないです…。

そして次のデートで言われたのです。
『わたしがなんだか変わって魅力的になったから、もっと話をしたくなった』
そしてUSJのデートに誘ってくれたのです。

USJのデートの時のことは今でもよく覚えています。
ハリーポッターのホグワーツ城が綺麗に見えて、満月でした。
ジェットコースターに乗るために並んでいました。

その時やっと告白してくれて(お膳立てしたけど)、晴れてお付き合いすることに
なったのです。ちなみにその時のお膳立ては
『手繋ぎたくなったから、繋いでも良い?』
思い出しても、誰やこれ?てな感じです。恥ずかしいですね〜、うわぁ。

そして夜のパレードを見て、晴れてその日からお付き合いを始めたのでした。

この時のわたしは今から振り返っても自分に自信があって、キラキラしてて
魅力的だったなぁと思いました。
別居する直前まで幸せだったから、晴天の霹靂でしたねぇ。

やっと付き合うところまでかけました。長いな…。
別居までどんだけかかるねん。気長にお付き合いください。

さよなら さよなら さよなら。
また明日。

一水みゆきでした。


公式LINEアカウント。お得な情報、更新のお知らせ。アファメーションブックをプレゼント!

一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP