わかってほしいのにわかってくれない親を諦めること

親子関係
https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2023/05/profile3.jpg
一水みゆき

なぜか頼れるお父さんと言われる心理デザインカウンセラーの一水みゆきです。

こんばんは〜、ごきげんよう。
悲しいけれどわかりあえないこともある。
そんなことを感じた一水みゆきです。

理解する気がないか、そもそもその能力がないか

そもそも、親なんだからわかってくれるはず。
自分はこうなんだ、と丁寧に伝えたり。
わたしはこう思ってるんだよ、そう一生懸命説明したり。

理解してもらえないのは私の説明がダメなんだ。
何回も伝えれば…。そう思ったことがある人はたくさん
いると思います。

でも身をもって体験するんです。
何度説明しても、理解してくれない。わかってくれない。
この時感じた気持ち。

『なんでわかってくれないの?どうして?』

むなしい言葉がこころの中で響きます。
理解してほしい。親なんだから、わかってくれる、きっと。
期待というか、希望というか。

でも残念ながら、これは幻想なんです。

自分が理解できることは他人も理解できる。
自分にとっては簡単なことは他人にとっても簡単。
人はそう思いがちですが、実際はちがうんです。

もちろん中には分かってくれる人もいるし、伝え続ける
ことで理解してくれる人もいるのは間違いないです。
その場合は伝えることも意味がある。

自分もしんどくならないと思うんです。

でも私の親はそもそも理解する気がないのか。
もしくは理解する能力がない。

そんなに難しいことじゃないし、なんでこんなことが
理解できないの?わたしは愕然としました。
でもこれが現実であり、事実なんです。

じゃあどうしたらいいの?

明るいと書いてあきらめよう

明らめよう。

これだけ伝えても理解してくれない、わかってくれない。
これって自分の中の『わかってほしい』という要求。
これが難しい、と自分で悟った時。

明らめたほうがいいのかもしれません。
明るいと書いて、あきらめる。
以前ちょいまめで書いたことがあるので、参考までどうぞ。

 

残念ながら、同じ日本人でも言葉が通じない。
そういうこともあるんです。
何を言っても自分は被害者。かわいそうな、わたし。

違うって言ってるのに伝わらない。

わたしはやるべきことはやった。一生懸命伝え続けた。
だから、もうできることはない。この現状を認識する。
そして、わかってもらうことを要求することを辞める。

あ〜、わたしの考えは理解できないんだな。
理解する能力がないのか、する気がないのか。

そういう時は説明することも、伝えることもしなくていい。
それをしても疲れるし、悲しくなるだけ。

ただ、わたしがわたしのことを理解してあげればそれでいい。

わかってもらえなくても、いい。

潔く、わかってよ論争から身を引いて、撤退する。
そりゃ〜、親だからわかってほしいですよね。
わかってくれるだろうと思ってしまいますよね。

でもその思いが自分を苦しめるんだとしたら。
その思いを、気持ちを手放しましょう。

わたしはやるだけやった。
だからもう、しょーがないやって。

たぶん、キーになるのがわたしはやるだけのことはやった。
このやりきった感。

後悔というのはもっとやれたんじゃないか?
自分はもっと努力できたんじゃないか?という気持ち。

とはいえ相手が自分の気持ちを理解する、というのは
相手の課題。自分の課題ではないんです。

だから自分ができることをしたら、あとは相手に任せるしかない。
その結果がどうあれ、あなたは一生懸命頑張ったんです。
だから、もうわかってほしい、を手放しましょう。

自分のことを自分がわかってあげられればいい。

だから、わたしあきらめよう〜!

これを読んでるあなたも、あきらめよう!(笑)

大丈夫。きっとわかる人はわかる。
頑張ったねって。

お疲れ様。

さよなら さよなら さよなら。
また明日。

一水みゆきでした。


  ご意見ご感想はこちらから。

カウンセリングのお申し込みはこちらから。



さよなら さよなら さよなら また明日。

心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。





私のLINE公式アカウントではブログの更新情報、読者限定特典、ブログには書かないプチコラムやプライベートを配信。
アファメーションブックが特典としてもらえます。

スマホで見ている方はこちらをクリック↓

友だち追加

パソコン、タブレットで見ている方はこちらのQRコードをスキャンして友達追加。
もしくはお友達を追加で@296mlsdfを検索してください。

変わりたいあなたのためのカウンセリング。問題解決へのプロセスをデザインします。

一水みゆき

一水みゆき

『なぜか頼れるお父さんと言われます』30~40代の離婚・パートナーシップ・人間関係に悩む女性の問題を解決。6歳息子の愛の奴隷。セミナー講師。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

一水みゆき

一水みゆき

《人生どん底でも大丈夫!幸せになれます!》30・40代女性の夫婦・子育て問題解決のマインドや、自己肯定感UPの方法を発信!|デザイナー歴18年のカウンセラー「心理学×デザイン思考」で悩みをビジュアル化して解決|夫と別居でどん底→心理学を学ぶ→マインドが変わり幸せな状態に|4歳男児の母|シングルマザー

TOP