年上妻と年下夫。別居から幸せへのデス・ロード⑳ 〜女神のセッション❹ 自分のこころの声を聴くこと 〜

年下彼氏・年下夫のこと

年上妻と年下夫。別居から幸せへのデス・ロード⑳ 〜女神のセッション❹ 自分のこころの声を聴くこと 〜

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2021/01/plofile2.jpg
一水みゆき

こんばんは〜。心理デザインカウンセラー・
コンサルタントの、一水みゆきです。

昨日はジュンコさんとレンさんのパンケーキお茶会なるものに
参加しました!参加者さんの話を聞いて「いいな〜、羨ましいな〜」
やっぱり私もまた素敵なダーリン探そ!そう思えて参加して良かったです。

そして今日はよしのカウンセラーと、とある下見に行きました…。
こちらも色々計画中です、楽しみにしててくださいね(^^)
そしてやっとお茶会の予告作りましたが、内容変えました。

『夫に離婚と言われた妻たちの、昼下がりの作戦会議』
3名様限定なので、よろしければ気軽に遊びにきてくださいね♥

カウンセリング11月のスケジュールは絶賛受付中です。
迷っているあなたはお得なキャンペーン中に一度受けてみませんか?
年内はお得な価格でキャンペーン中ですので、ぜひご検討下さいね。

更新情報をお届けしているLINEの登録もお願いします!
アファメーションブックもらえますよ〜!。

前回の続きです。ジュンコさんのカウンセリングもいよいよ終盤。

カウンセリングも終盤にはいり、女性性を使っていると言うことを意識するといいと言う
アドバイスをジュンコさんからもらいました。

お風呂入った時気持ちいいと感じる。これも女性性。感じること。
豊かな方こそ女性性を使って決める方がいいと。
確かに今までの私は、思考を使って超・合理的に決めてきたな〜と。

今の私にとって快適はどちら?
常に今の自分の気持ちで選ぶ。
なうの心地よさを選択する。

正しい正しくないで選ぶとしんどい。
そうアドバイスをもらいました。

わかりやすく今回の私の問題に例えると。
離婚してお金がないのが嫌=感情
その話をする時=快か不快か?

体感に聞く。これは快適?不愉快?で選ぶ。
最初は無で、なんの感情もないけれど。その後に気持ちいいがくる。
ザワってもやもやってする時は不快。不快な時はやめる。

ごめん私の勝手やけどお金がないのが嫌やねん。
自分のための選択をするか、愛する方を選ぶか。

こうやって自分の体感に聞くことで、今の自分の最善を選べる。
結果的にサレンダーになるし自分とつながるのだそうです。

そしてしつこいようですが、私はやっぱり姫マインドなんですって。
お弟子の時のデモセッションでも言われたことですが。

そしてジュンコさんに聞かれたこと。
お父さんさ、お母さんにはあたりきついけど娘には優しかったことない?

そう言われて振り返ってみると。うちの父は
『お前の好きにしたらええ』
いつもそうやって干渉してこない父親でした。

私は干渉されるのが大嫌いなので、それはすごく良かったんです。
母親が干渉してくる人だったので。
なので、放置してるより信頼してくれてる。そんな感じでした。

ジュンコさん曰く、男性に信頼されて愛されてる感覚は持ってるんやね〜と。
体感的に今それがないからムカついてるんやろうね、とも。
私なりに可愛がられてきたかもって思えるようになってきたら。
旦那に対してどうしたいか?もっと簡単に選べるようになってくるよ。
そう言われたんです。

マインドは姫。
だから実は男性に嫌悪があるように見えて、男性に甘えるのは嫌いじゃない私。
男嫌いっていながら、男好きなのよね。
えぇ、そうなんですよね〜結局。

心と体感で答えを見つける。
そう考えるとね、やっぱり夫いらないわって思ったんですよね。
どんだけ〜。

あれだけ戻ってきてほしいと言っていたのに。
あれだけ好きだと言っていたのに。
自分でもびっくりです。

私はやっぱり、息子の父親だから悪いなって思っているのもある。
子供はお母さんと癒着して生きる生き物だから、父親がいてもいなくても
息子はママが幸せになってくれてたら大丈夫。
力強いジュンコさんのお言葉。

私の人生で男はおまけ。父親もおまけ。
この子こんなにわがままでパワフルなのに、なんでこんなにいい人ぶるの?
そう思われちゃうくらい、本当の私からかけ離れていた。

こうジュンコさんに言われて。
私ができるからって劣等感を抱くような男と一緒にいるのはお互いに
不幸だわって気持ちがまた湧いてきたのです。

ジュンコさんは続けます。
自分だから良かったなと思える日が来るよ。
旦那はどっちでも良いから、好きにしたらいい。

真の男性性は出来る女を見ても無価値感を出さないそう。
一人で何とかして頑張って、何もない顔して戻ってくる。
俺なんかを見せないように生きる。

できる女性にはできる男性が出会ってくる。

私のしたいように、焦らないで。
今を感じれない人に未来はない。

未来を見る時、過去にこんな事があって嫌だったからって
エゴのストーリーを作ってしまいがち。
正解も不正解もない。なんかこっちの方がええな、それでいい。

ぼちぼち行きましょう、良いプロセスだったね。
そう言ってもらえて。

あぁ、ほんとによかった。

そう心の底から思えた私は、カウンセリングを終えて帰宅したのでした。

その帰り道。

夕焼けを見て綺麗だな、少し冷たくて気持ち良い風を感じて、気持ちいいなって感じた。
私はどれだけ今まで感じることをしていなかったんだろう。
そう思うとなんだか胸の奥がキュッとして。目に映る風景が、人々がなんだか愛しく感じた。
不思議な、心地よい気持ち。

そんなツイートを思わずしてしまうくらい、なんだか内面に変化がありました。

そういえばヤタさんとのカウンセリングで、自分とつながるイメージワークしたけれど。
その時は私が拒否したから最後までできなくて。
それ以降はしていませんでした。

セルフでイメージワークしてみたり、自分と繋がれている気がしていましたし。
でも改めて今回のカウンセリングで、改めて自分と繋がることをできたのだな。
そう思うと、自分の直感や受けたい!と言う気持ちや、勢いは大切に
したほうがいいなと思ったのでした。

続く


一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP