怒りの正体とは?怒りは自分の感情を上手に知ることができるバロメーター。

感情の蓋・怒り

怒りの正体とは?怒りは自分の感情を上手に知ることができるバロメーター。

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2021/01/plofile2.jpg
一水みゆき

こんばんは〜。心理デザインカウンセラーの一水みゆきです。

昨日無料のオンラインお茶会をしました〜。
誰も来なかったらどうしようと思ったけど、きてくださる人が居て
嬉しかったのと、案外私グループでもイケるやん!と自信がつきました(笑)

また何かしら企画するので楽しみにしててくださいね〜(^^)
4月の特典は考え中なう。です。

そしてお知らせを…4月のカウンセリングを募集中です。
継続の方が増えてきたので、枠が少なくなる可能性があります。
もしご希望の方がいらっしゃいましたらお早めにお申し込みください。

私のLINE登録者様には限定の月替わり特典をご用意しています。
4月の特典は無料の40分カウンセリングを抽選で2名様に。詳細はLINE公式アカウントに登録してね!
アファメーションブックも特典としてもらえます。

友だち追加

皆さん怒りって感情は嫌いですか?あんまり好きな人いないと思うんですけれど。
怒りって実は結構役に立つ感情で、自分状態を知るバロメーターになるんですよね。

なんでこれ書こうかと思ったかっていうと、怒りっていう感情を
結構みんな悪者にしてるなぁと思ったからなんですよね。

実は怒りの感情っていうのは結構役に立つし、自分のことを知るのには
とても良い感情なんだよっていうことをお伝えしたいと思います。

ええそもそもですね怒りっていうのは2時間上と言って
怒りの下には必ず別の感情を隠れてるんです。
だから怒りは感情の蓋って言います。

感情のふたである怒りが下の感情を覆い隠しているんですね。
だから怒りのふたを取っちゃえば、その下にある感情が見えてくるんですよね。
とは言いつつも、怒るってみんな嫌じゃないですか?

そもそも怒るとエネルギー使うから疲れるし。
人にぶつけちゃったら自己嫌悪に陥るし。
もう怒るのも面倒くさい、みたいな感じ。

でもそれでも私は、怒った方がいいよって思ってるんですね。
例えば私の場合ですと、元夫が突然家を出て行っちゃった時。
感情を麻痺させてたんですよね。

なんで麻痺させてたかっていうと、その時あまりにも心の痛みが強すぎて。
それを全部感じちゃったら自分の心が壊れちゃうから。
だから心が防衛本能みたいな感じで、感情を麻痺させて感じないにしてたんです。
だって感じたら自分が壊れちゃうから。

そういう意味では人間って、よくできてるなあって後から思ったんですけど。
本人は感情を麻痺させているなんて全然気づかないわけですよ。
いや私意外と平気だなって、なんなら本気で思ってたりします。私のことね(笑)

感情を麻痺させている場合、怒りを感じることで
その麻痺させてる感情解放できるんです。

いやいやいやいや!もう麻痺でいいじゃんって思うかもしれないんですけど。
感情麻痺させるっていうことは、悲しい気持ち、苦しい気持ち、つらい気持ち。
ネガティブな気持ちを感じなくてもいいというメリットがある一方。

喜び、嬉しさとかそういったポジティブな感情も感じられなくなってしまう。
もしくは感じてても地獄なっちゃうんですね。
だからいつまでも麻痺させたままでいると、後々にいろんな問題が生じる事も…。

喜びも、嬉しいも、幸せも感じられないと人生楽しくなくなるじゃない?
だから怒りが出てくるっていうのは、麻痺させてた感情を解放できてるという
部分もあるんですよね。

ど日本人って真面目だし、怒っちゃいけないと思う優しいひとも多いし。
わかりやすく言えば、いい子になるんですね。

本当は例えばムカついてるんだけど
いやいやでもあの人にも事情があるんだからとか。
いやもしかしたらこうだったのかもしれない?とか。

なんか色々言い訳をして、自分が悲しかったり嫌だった気持ちを
なかったことにしちゃうんですね。

ガビーン(え?古い?ごめんね)

なんであの人あんなことするの?って怒っても良いんです。
変にいい子になって、その怒りをなかったことにしちゃうんですね。
これ何がいけないのかっていうと、その本当は感じないといけなかった怒り。

これは消えないで、どんどんどんどん溜まっていくわけです。
感情の壺があるとしたら、そうやって怒りを我慢すればするほど。
その壷の中に怒りの感情がどんどんどんどんたまっていくんですね。

でそれって無くならないんですよ、困った事に。どうなると思います?
壺の中に感情がどんどんどんどんどんどん溜まって。
限界きた時に、やる気も出なくなってしまい、無気力になります。

じゃあ怒りってためちゃいけないんだったらどうしたらいいの?
ということなんですけど、その都度解放しましょう、出しましょうって事です。
感情って感じ切ってしまえば、結構貯まらないんです。

怒っちゃって、発散しちゃったほうが尾を引かないんですよね。

あとは他人に対して、怒りを感じた時っていうのは。
その他人の中に自分が禁止していることが見えたり。
自分が大事にしていることがわかったりするんです。

例えばダイエットしてたとします。
本当はケーキが食べたいのに、他人がケーキ食べたらムカツキません?
ムカつくって場合は、自分がケーキを食べていることを禁止しているから。

例えば自分の子供のこと馬鹿にされたら、腹が立つ。
だとしたら私はそれだけ子供のことを大事に思ってる。
だからバカにされたら腹が立つんだな、みたいな感覚です。

あー私〇〇を大事にしてるから、この人に対して怒りを感じるんだなあって。
自分の大切なモノを知ることができるんです。
物でも良いし、人でもいいし、大切にしたい事ならなんでも良いんですけれど。

こんな感じで怒りっていうものは、実はいろんなものを推し量れる
バロメーターみたいなものなんです。

だから怒りって別に悪いものでもないし、ちゃんと感じてあげた方がいいし。
むしろ逆に怒れるっていうことは、それだけエネルギーが大きいってことなんですよね。
だから怒りっていう感情を理解して、きちんとその怒りの感情から自分の内面を見る。

それができれば全然怖いものでもないし、むしろありがたい
感情なんだと私は思っています。

もし怒りの感情を感じて、どうしたらいいかわからないとか。
そういう場合があったら、カウンセリングをご利用いただいたり。
ブログのネタとしてくださればブログ上で解答しますね。

さよなら さよなら さよなら また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。

 


一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と離婚したシングルマザー。4歳男児の母。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

一水みゆき

一水みゆき

《人生どん底でも大丈夫!幸せになれます!》30・40代女性の夫婦・子育て問題解決のマインドや、自己肯定感UPの方法を発信!|デザイナー歴18年のカウンセラー「心理学×デザイン思考」で悩みをビジュアル化して解決|夫と別居でどん底→心理学を学ぶ→マインドが変わり幸せな状態に|4歳男児の母|シングルマザー

TOP