心理学

わたしは別居中の夫を待つと決めたはずなのに、つもりだった。何てこった他人軸!

わたしはいま絶賛旦那さんと別居中。紆余曲折があり、結局は好きなんだ。だから待とう。
わたしは別れることを決めたくない。

だから夫を待とうと思っていました。いや、思ってたつもりだった。
自分のやれることはやった。だから相手を信頼して、待つ=サレンダーだと。

○○しているつもりの女

先日お弟子仲間さんとのセッションをして気づきがありました。

よくされる質問。

『あなたはどうしたいの?』

わたしはスラスラ答えました。『旦那さんを待ちたいんです。』
『ただ、旦那さんがどうしても別れたいと言ったら別れてもいい』
『だから旦那さんが決めるのを、待つですかね』

あれれ???

自分で言ってて変なことに気がついた。

旦那さんが主語になってるやん!完全に他人軸やん!!!
なんということでしょう。わたしは旦那さんを信頼して、待つと決めたつもりが

彼が決めるのを待っていたんですよ〜〜〜!

まじか。

 

なんかデジャブ。

そういえばちょっと前にも“手放したつもり”な自分に気がついたことがあった。
わたしはまだ全然他人軸のままだったというオチですYO〜〜〜〜〜!

わたしから見た今の旦那さん。

  • 心を閉ざしてる
  • 逃げてる
  • 暗い・元気ない
  • 決められない男

パートナーは鏡ってよく言いますよね。ということはですよ!!そこのあなた!!!

わたしは旦那さんに心を閉ざして、逃げ回り、暗くて、どうしたいかを決められない。
そういうことですよ、オーマイガッ!わたし全然進歩してないやん。

今の現状がしんどくて早く楽になりたくて、すごくせっかちになっている。
別れた方が楽なんじゃないかとか思いだしてる。

頑張りすぎる女

色々無理して頑張りすぎて体がしんどい。

疲れてイライラして息子にやつあたり。最悪。

頑張らずにはいられない。もはや病気????

自分でも自覚がある。これはかなりやばい、相当やばい。
でも頑張ってしまう。でもブログを書くのを休みたくない。

ご飯は手抜きをしていても、こどもと一緒に遊びに行きたい。

だから週末動物園行って川に遊びに行った。
どうしてわたしはそんなに頑張ってしまうの?
仕事もサボりたいけれどめっちゃ詰まってるから休めない。

旦那さんを信頼して、待つと決めたはずなのに全然そうじゃなかった。

わたしってなんて弱いんだろう。全然できてないやん。

そんな言葉がキーボードにスラスラと打たれていく。

ああ、わたしは全然自分をしあわせにすることができていない。
不幸だとか、辛いとか思ったことないけど、しあわせって思えてない。

わたしが蓋をしている感情に向き合わないと多分何も前進しない気がする。
たぶん“怒り”その感情の下に隠れているモノ。

無理矢理でも毎日お恨み帳をかこう。いや、書かないとかなりまずい。

てなわけで絞り出してなんとか毎日書いてみよう。

あぁ、また頑張ってるやん。

なんで頑張ってしまうんだろう。

でも頑張っちゃうのがわたしだもんね。しょーがない。

 

だめだ、全然そう思ってないわ、わたし。

 

無意識に、自分の問題を解決してないのに解決したつもりになって、
相手が変わるのをまってることに気がついた。

きがついただけ、えらいな。わたし。うん。
これは本当に思った。

わたしと親友のお話。長いつきあいの、魂レベルがおなじひと。〜ソウルメイトとわたし〜前のページ

根本裕幸氏お勧め本ヴィクトール・E・フランクルの夜と霧を読んだ感想次のページ

関連記事

  1. 心理学

    起きた問題は自分に何かを教えてくれている。怒りが教えてくれたわたしの問題。

    最近わたしなんか変だなぁ。なんでだろうなぁ。そう思いだして、自己探求の…

  2. 心理学

    お弟子2期の先輩カウンセラー すずきゆうこさんのカウンセリングを受けた感想

    根本裕幸師匠のお弟子2期の先輩カウンセラー、すずきゆうこさんのカウンセ…

  3. 心理学

    子供に教えてもらった気づき。どうしてなんだろう?言葉の背景を探る。

    今回は子どもに教えてもらった気づきを忘れないうちに書こうと思いました。…

  4. 心理学

    リアル・イメージワークのすすめ 〜癒し・疲れを取るヒーリング・ワーク〜

    こんばんは、イメージワークが苦手な一水みゆきです。みなさんイメージ…

  5. おすすめの本

    根本裕幸氏お勧め本ヴィクトール・E・フランクルの夜と霧を読んだ感想

    ヴィクトール・E・フランクルの夜と霧、根本裕幸氏のお弟子3期の講座でお…

  6. 心理学

    子供は親に愛を伝え、癒しをくれる。

    子供が嫌いだったわたしが、子どもを産み。子供が嫌いだったわたしが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 心理学

    罪悪感を手放して・自分を許すってどうやるの??その2 〜だってそこに愛があるから…
  2. おすすめの本

    長谷川泰三著 車椅子が教えてくれたありがとうを読んだ感想
  3. じぶんごと

    わたしの弟のこと 家族を掘り下げる 〜不器用だけどやさしい弟〜
  4. 心理学

    何がしたいのかわからなくなった時。無意識に頑張ろうとしていたわたし
  5. 年下彼氏・年下夫のこと

    年下男子はお好きですか? その6 再会、そして手放し
PAGE TOP