疲れて、しんどくて、辛い時わたしを癒してくれたもの。本とまわりのあたたかい人たち

日々つれづれ

わたしはいまとっても疲れていて、しんどい、辛い気持ちです。そんなわたしを癒してくれた
ものについて書いてみたいと思います。

6月から基本在宅勤務が終了し、保育園も再開。子供を保育園に預けて、通勤。わたしは
時差出勤をしているので朝早い電車のため、座れる程度の混み具合。

正直こどもをみながらテレワークするのがかなり限界に近づいていたから、
最初はやっほう!と思っていました。

なんかしんどいなぁ。なんか辛い。

テレワークで運動不足で体力が落ちていたせいなのか?

本を読むことは癒し

行きと帰りの通勤電車の中、お昼休みに読書をしました。先日本の感想をアップした
『夜と霧』と『命のカウンセリング』こちらはまた後で感想を書きますね。

どちらの本を読んでいても自然と涙がにじんで来た。電車の中だけれど、ぽろぽろ涙が落ちた。
マスクをしていると気づかれにくいのがいい(笑)

夜と霧の苦しむことには意味があり、苦しみの先にはなにかを成し遂げることができるという
一文にはげまされました。壮絶な環境の中でも自分を見失わず、人間として生きた著者に感動。

長谷川泰造さんの本には助けて、ということの大切さを教えてもらいました。この本を読んで
いるときもポロポロ涙がでて困りました(笑)ひとはあったかいんだ、と教えてもらえました。

そして気がついたんです。わたしにとって本を読むことは癒しであり、セラピーであり、
ヒーリングなんだって。(もちろん内容によりますが)

ちょっとだけどこころが元気になった気がする。

またつもりかもしれないけど(笑)

まわりのひとのあたたかさ

そして次にまわりのひとに癒されました。根本裕幸師匠のお弟子3期のfacebookグループ
があるのですが、そこでブログをアップすると書き込みができます。

先日他人軸だったよ、オーマイガッ!的な記事をかいたら仲間がわたしを癒してくれる、
心配してくれるコメントを書き込んでくれました。

めっちゃ嬉しかったし、すごくこころが癒された。

頑張り屋さんがわたしの魅力だよって。

ああ、わたし愛されてるやん。
ありがとう、みんな!わたしすごく励まされたよ!

うちの母にちょっと疲れてるねんと何かの会話の流れでLINEをいれた。そしたら次の日息子の
お迎えに行ってくれた。母がとった息子とわたしのツーショット写真を見たらゾンビのごとく
、疲れ切ったやばい顔のわたしがいた。

いや、これまじでやばいな。

顔死んでるやん(笑)

その日は家事を放棄して寝た。いつも睡眠時間は5〜6時間未満。この日は7時間ほど寝た。

そしたら朝起きたらからだがいつもより楽だった!
どうしても息子が寝た後にいろいろやりたくて、寝る時間が遅くなっていたけど
睡眠大事って改めて思いました。

みんな!睡眠めっちゃ大事だよ!!!

わたしの場合育児をしているため月に10日はテレワークが認められている。
先週も1日だけどテレワークをした。通勤がないだけで朝と夜、時間に余裕がある。

会社に来て仕事をすると、やっぱり捗る。仕事の合間にブログの下書きをかいたりしている(笑)

なるべくテレワークの時に家事をやって、仕事空いてる時はさぼろう。
わたしに大事なのは睡眠!確実に取ろうと思います。

だって頑張りすぎてしんどくて、息子にやさしくできないんじゃ本末転倒。

頑張ることがわたしだけど、しんどい時は無理しないように気をつけよう。

てなわけで今日も早く寝ます。おやすみなさ〜い!
と思ったら子供と一緒に寝落ちして起きたら0時過ぎてたというオチでした(涙)

 


一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP