感情の蓋・怒り

2人目欲しいけど、諦めると言いながら自分の気持ちに蓋をしていたわたし。

2人目欲しいけど、諦めると言いながら自分の気持ちに蓋をしていたわたし。

●●●
一水みゆき

こんばんは!変わりたいけど変われない
あなたの背中を押すカウンセラーの一水みゆきです。

これを書くのに少し躊躇しましたが、結局書こうと思って書いてます。

ブログの読者の方はご存知かもしれませんが、私の夫は絶賛家出中年です。
その原因となったのが、私が2人目を欲しいがために種馬扱いし、
夫の繊細な気持ちを無視して突っ走ったのが原因でした。

でも夫はいまだに家出中。戻ってくるかどうかもわかりません。
戻ってこなくても、戻ってきてもどちらでもいい。
そう思っている本心は今でも変わりません。

でも先日自分で気がついたんです。

本当はまだ2人目が欲しいくせに、無理矢理蓋をして
我慢していたってことに。

きっかけはなんの気無しに読んだこの漫画でした…。

なぜか目から涙が溢れてくる

「……ああ~かわいいなあ! 赤ちゃん……いいなあ……」
このコマを読んだ時、なぜか私泣いてたんですよ。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

なんか、自分でもビックリしました。

私、自分の気持ちをないがしろにして無理やり納得しようと。
無理やり諦めようとしていたんです。
昨日“明らめる”なんてブログ書いたくせに。

いやね、だってね。

わかるでしょ?

2人目欲しくても、相手がいなきゃ無理だし。
そもそも家出中年、放浪の旅真っ最中。
戻ってくるかもどうかもわからない。

ましてや、スキンシップなんて考えられない状態。
これが私が若いなら、まだどーんと構えていられます。
でも私もアラフォー。(詳細は秘密♥)

妊娠できるかどうか、そもそもわからないし。
生物学的なタイムリミットもあります。
自分ではどうしようもないこと。

だから諦めるしか無かったんです。

2人目が欲しくて頑張っていた時。
やたら妊婦さんが目について。

2人以上の子供を連れているお母さん、家族。
無意識に目がいって。

いいなぁ。羨ましいなぁ。
見かけるたびに

うらやましくて

まぶしくて

切ない気持ちになりました。

ただ一つ救いだったのは。
妬ましい、見たくない。そういう気持ちには
ならなかったことです。

多分息子がいてくれたから。

でもやっぱりしんどかった。
この時、ほんの、ほんの少しだけ。

不妊治療中の友達の気持ちを理解できた気がしました。

赤ちゃんをもう一度だけ、抱きたい。

夫の家出の原因になった私の気持ち。

赤ちゃんが欲しい。

その当時は、自分を責めていました。
自分が欲しいという気持ちを押し付けて、私が悪かったんだ。
そう思ったことが、いけなかったんだって。

でも、違うんですよね。

もう一人赤ちゃんが欲しい。
そう思う気持ちは、持っても当たり前だし。
いけないことでもない。

赤ちゃんの柔らかくて、あったかい体温。
やさしい、ミルクの香り。
かわいらしい、泣き声。

やわらかい髪の毛。
まだ歯の生えていない口。
かわいい泣き顔、泣き声。

息子の時は、必死で味わう余裕がそこまでなくて。
だからこそ、もう一度だけ。

もう一度だけ味わいたかった。

ただそれだけだったのに。

私の心からの気持ち。

私の心からの願い。

それを私自身が否定して、蓋をしてしまっていたことに
気がついた時。

涙が溢れて止まらなかったんです。

本当は今でもまだ欲しかった。
諦めたつもりで、全然あきらめてなかったんです。

ママ友の2人目を抱っこした時。
大きな口をゆがませて、なく顔を見て。
ああ〜かわいいなぁ♥

ミルクの匂いを嗅いで、いいにおいだなぁ♥

羨ましいな。

息子は赤ちゃんが好きみたいで、抱っこしたり。
頭をなでなでしてる姿を見て。

息子に、赤ちゃんを抱っこさせてあげたかったな。

そう思って、切なかった。

嫉妬や、苦しみみたいなものはなかったけれど。

ただただ。

今から思うと私は悲しかったんだな。
そう思いました。

無理やりあきらめようとしたり、気持ちに蓋をするのではなく。
ただただ、自分の気持ちに寄り添ってあげれば良かった。

私は本当はまだ、赤ちゃんを抱きたいんだよね。

そうだよね、だって赤ちゃんかわいいもんね。

わかるよって。

未来を悲観して、現実を嘆くより。
ただただ、私の気持ちに私が寄り添ってあげること。
どうにもならないことを、悩んでも仕方がないけれど。

自分の気持ちをなかったことにしたり。

自分の気持ちを無理やり否定して、諦めるより。

ただただ。

そうだよね、赤ちゃん欲しいよね。

そう思う自分を受け入れてあげたら。
私ってなんて愛しいんだろう。そう思えました。

我慢しなくてもいい。

無理に諦めなくてもいい。

自分の気持ちに、自分が寄り添ってあげること。
あぁ、とても大事だな。
そう思いました。

こうして自分の感情をただ受け入れるだけでも。
少しスッキリしたんです。

どんな気持ちでもいい。

どんな想いでもいい。

ちゃんと感じて、出してあげること。
自分が受け入れてあげること。
それが一番大事で、大切で、愛しいことなんだな。

そう思った今日この頃でした。

今日はポエムやな。(ボケずにいられない関西人)
 

------------------------------------------------

「心理学×デザイン思考」で問題解決のための
プロセスをデザインします。
変わりたいけど変われない。
あなたの悩みを解決に導くカウンセリング!

カウンセリング・コーチングセッション
《関西対面・zoom共に》
60分  ¥18,000-

3つのお得なサポート付き!

カウンセリングに申し込む

♥年下男子にことごとく失敗している、
わたしのエピソードはこちら→年下彼氏・年下夫のこと

♥こっそりはじめた公式LINEアカウントです。
どんな内容なのか、お友達特典のアファメーション
bookの詳細について書いているページはこちら→
LINE公式アカウントについて

お友達追加はこちらをクリック↓
友だち追加

♥更新のお知らせ、気づき、わたしの日常の呟きはこちら。

♥お問い合わせ、ご感想などはこちら。
お問い合わせフォーム

♥わたしのプロフィールが知りたい?
そんな素敵なあなたはこちら→プロフィール 


諦めると明らめる。〜仏教用語であきらめるとは現実を直視してありのまま受け入れること〜前のページ

モニターさまのご感想㉓ 〜画面越しでも一瞬で伝わるほど変われたんだなって嬉しくなりました。〜次のページ

関連記事

  1. 感情の蓋・怒り

    怒りと黒い感情とわたし。抑えられないし消す必要はなくて、ただ認めるだけ。

    こんばんは、最近本当に疲れてる一水みゆきです。え?そんな事どうでもいい…

  2. 感情の蓋・怒り

    リアル・イメージワークのすすめ② 〜心斎橋クラッシュボックスでリアル・お恨み帳の巻〜

    みなさまごきげんよう、こんばんは一水みゆきです。先日仕事が空い…

  3. 感情の蓋・怒り

    自分の感情がわからない。怒りで感情に蓋をすると起こる問題とは?感情の層から考える

    自分の感情を封じ込めて、自分さらに問題をややこしくしていた、一水みゆき…

  4. 感情の蓋・怒り

    もう無理。わたしは頑張りたくない。激しい怒りの感情の下に隠れていた深い悲しみ。

    もう無理。わたしは頑張りたくない。激しい怒りの感情の下に隠れていた深い…

  5. 感情の蓋・怒り

    感情に蓋をする 〜『わたし』の感情を感じないようにしていたというお話し

    感情に蓋をする 〜『わたし』の感情を感じないようにしていたというお話し…

  6. 感情の蓋・怒り

    子供へ感じる罪悪感、ダメなママでごめんね。そして夫への怒り。

    こんばんは、根本裕幸師匠のお弟子講座、3回目が終わり魂が抜けたあし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 私のカウンセリングを受けてくれた方の感想

    モニターさまのご感想㉖〜短い時間であんなに私のことを理解してくれるって本当にすご…
  2. 年下彼氏・年下夫のこと

    年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード⑦ 〜出産前の楽しい新婚生活〜
  3. 私のカウンセリングを受けてくれた方の感想

    モニターさまのご感想㉔ 〜論理的で建設的なので男性or男性性強めの方におすすめで…
  4. 年下彼氏・年下夫のこと

    年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード【番外編】〜手放しの手紙と感謝と心…
  5. 私が受講したセミナー感想

    根本理加さん子育てママの為のオンライン癒しサロンに参加しました!
PAGE TOP