人間不信になる理由の一つに裏表、本音と建前があります。ただ、人間不信を治す方法はあります。

ココロノマルシェ(相談)

人間不信になる理由の一つに裏表、本音と建前があります。ただ、人間不信を治す方法はあります。

●●●
一水みゆき

こんばんは!変わりたいけど変われない
あなたの背中を押すカウンセラーの一水みゆきです。

長文の連載を7本書き切りました〜!
私頑張ったわ!てかメルマガで配信してもいいような
内容だったと書いてから気づきました(笑)

次回から、こんな書き方をするときはメルマガで
配信するようにしたいと思います。
ただいま準備中ですので、できましたらお知らせしますね!

さて、今日は久しぶりにこころのマルシェに回答します!
これまた長文…。みんなついてきて!(笑)

ココロノマルシェとは、根本裕幸の「お弟子さん制度」
を卒業したカウンセラーがあなたの相談にお答えするページです。

今回のご相談は、こちらです。

人間不信をやめたいのにやめられません

相談者:ゆんちょさん

こんにちは。24歳 女です。

過去に 「人には表裏がある(本音と建前)」ということを
身をもって、衝撃と共に痛感させられる出来事を経験しました。

その出来事以降 友達にも 家族までにも
「そう言ってるけど 本当は真逆のこと思ってるんでしょ?」と
疑いの目を持つようになり、人間不信になりました。

特に 社会人になってからというもの、職場の人はみなさん
本当に上手に裏表を使い分けており 余計に人間不信が
加速しました。

そして 元々 人からどう思われているのか気にしがちだった
性格に拍車がかかりました。

人にどう思われているのかが分からないことに対して
恐怖を感じすぎて動けません。また、失敗してしまった時には
「こう思われてたらどうしよう」が止まりません。
考えてもどうしようもないことはもちろん分かっています。

自分がこれ以上傷つかないようにするために・自分が
自分を守るために 無意識の中で 「人間を信じてはいけない」
というブロックを作っているんだろうなというのは感じています。

でも 顕在意識的には 人を信じられるようになりたいと
思っています。

この、人間不信のブロックを外すには どのように
すればよいのでしょうか。

(このギャップを埋めるためにも 自己肯定感を上げることは
必要なのだと思ってはいます。)

この先、生きていけば 悲しいことや傷つくこと 辛いことが
あるのは当然。だったらこれ以上傷つきたくないし 何も感情を
感じたくないから 人間辞めたいって思うばかりの毎日です。

まとまりのない文章ですみません…。

初めまして、ゆんちょさん!
わたし一水みゆきが回答したいと思います。

最初に言っていいですか?
まとまりのない文章ですみません…。
そう言ってらっしゃるけど

超・まとまってるし、
わかりやすいよ!!!

そしてこれ以上傷つきたくないという、自分の心が
ブロックを作っているとご自分で分析していらっしゃる。
とても頭の良い方だな〜と思いました。

そして潜在意識では人間不信だけど、顕在意識では
人を信じられるようになりたいと思っている、と。

そもそも自分の潜在意識が人間不信のブロックを
作っているとわかるって、すごいんですよ??
普通だと思ってるでしょ??普通じゃないですからね!(笑)

そしてきっとゆんちょさんはとても繊細で、傷つきやすい
とーっても優しい人なんだろうなぁと私は思いました。
だから傷つくのが怖い、嫌だと思ってしまうのは
しょーがないよねぇ。そう私は思いますよ。

さて、ご相談に対する回答ですがズバリ結論から
申し上げますね。

私もね、裏表ある人間はあんまり好きじゃないです。
というか、嫌いです。

でもゆんちょさんさんの問題はまた別かな?
本当の問題はそこじゃなくて、
「人に嫌われたくない」
この部分かな〜と私は思いました!

まぁ少なからず人には裏表があります。
大いにあります。
そういう人が嫌い!と言っている私にもあります。

私は若い頃は本当にいろんな意味で裏表が
なくて、そのせいで大変苦労しました。
思ってること、全部出ちゃう&出してました。

そうすると、色々問題も起きるわけです。
だからどうしてもある程度は隠す、もしくは
控えめにする。

という大人社会のマナーみたいなものとして
裏表を身につけました。

まぁ私の場合、裏表ある人嫌いなんで近づかないし
仲良くなろうとしないし、距離を取ります。
だからそれもある意味手段の一つかな、と思います。

ただゆんちょさんがおっしゃっている“裏表”って
少しそんなニュアンスとは違うような気もします。
実際にお話を聞いていないので、わからないのですが。

「そう言ってるけど 本当は真逆のこと思ってるんでしょ?」

この文章から、そう思ってるんじゃないかな〜?
と私は思ったんです。真逆ってものすごいギャップじゃないですか。

その人の前ではものすごく、ニコニコしてフレンドリー
なのに、影ではものすごい悪口を言っている。
そんな感じの激しい差を感じているのかな?と思いました。

その出来事がいったい何だったのかはわかりませんが
カウンセリングであれば、その辺のお話は深くお聴きする
ところです。

ただ、今回はそれができないのでゆんちょさん自身で、その
時のことを振り返ってみてください。

その出来事によってゆんちょさんがどんな感情を抱いたのか?
そのことがどうして、ここまで尾を引いているのか?
できればノートに書いたり、人に話したり、カウンセラーに
相談してみたりして自分の気持ちを見つめて欲しいんです。

多分この時、ゆんちょさんはめちゃくちゃ
傷ついてしまったんですよね。

だから、もうこの時みたいな気持ちは味わいたくない。
その意識がものすごく強くなっているんです。

人にどう思われているのかが分からないことに対して
恐怖を感じすぎて動けません。また、失敗してしまった時には
「こう思われてたらどうしよう」が止まりません。

それだけ傷ついらた、きっとこう思っちゃいますよね。
それはね、しょうがないんです!

だってそれくらいゆんちょさんは繊細なんですもの。
これに関しては、自分をダメだと責めるんじゃなくて
「だって私傷ついたんだもん、しょーがないよね」
そうやって受け入れてあげてください。

というか、そう思っちゃう自分はダメだ!
と責めると、余計症状が悪化します(汗)

そしてゆんちょさんが周りの人は「裏表」があるに
違いない。そう思ってみていると世界はそうなります。
心理学では「鏡の法則」と言います。

わかりやすく言うと、ゆんちょさんはこんなメガネを
かけて、世界を見ているんです。
「世の中の人は全員激しい裏表がある」というフィルター。

このメガネをかけているとどうなると思いますか?
本当は違うことでも、このメガネをかけて世界を見ていると
違うことでも全部、「裏表」に違いない!!

ピピッと高感度センサーが働き、少しの裏表にも反応し
発見してしまうんです。高感度すぎて誤反応もしてしまいます。

これってめっちゃ辛くない??

だからまずこのメガネを外して、裸眼で世界を見てみませんか?
すぐには難しいと思います。

ただ意識して欲しいんです。
「私は裏表フィルターのメガネを通して、世界を見ている」
頭の片隅に入れておいたら。

「あれ?これは本当にそうなのかな?」と
裏表センサーが反応しても、一度立ち止まって
考えられると思うんです。

そしてもう一つ。頭の良いゆんちょさんなら
お気づきかもしれませんが、ものすごく他人軸です。

人からどう思われるか?ということが行動の基準に
なってしまうときは、全て他人軸です。

「人に嫌われたくない」

この気持ちはめちゃめちゃ他人軸です。
そりゃ積極的に嫌われたいと思う人はいませんよね。
でもその逆もあって「万人に好かれる人」もいないです。

それはマハトマ・ガンジーや、マザー・テレサみたいな
聖人君子であったとしてもです。

ここでゆんちょさんは自分に問いかけてみてください。
どうして私は人に嫌われたくないんだろう?

人に嫌われたら困るから?
人に嫌われたら損するから?
人に嫌われたら嫌な気持ちになるから?

なんで困るの?
どうして損するの?
嫌な気持ちになったらダメなの?

と自分に問いかけてみてください。
案外そこに答えがあったりしますよ。

ちなみに意地悪な質問をすると、
「自分の嫌いな人にも好かれたいですか?」
多分好かれたいと思わないですよね?

ゆんちょさんが嫌われたくないのは、その人が
好きだからなのでしょうか?

それともそれほど好きでもない人にも
嫌われたくないんでしょうか?

私だったら、好きでもない人にはむしろ
好かれたくないです。嫌われてむしろオッケー!
だって好かれたら近づかれるじゃないですか?めんどくさい。

もちろん好きな人には、嫌われたくないですよ。
でもそれは私のコントロールできることじゃないんです。

考えてもどうしようもないことはもちろん分かっています。

この言葉通りなんです。

自分でできること。
自分の気持ちを変えること。

自分ではできないこと。
人の気持ちを変えること。

悲しいけど、できないんです。
他人からどう思われるか?は自分でもコントロール
できません。

そこは相手の問題だから、自分にはできないんです。

できることと、できないことの線引きを
しっかりしましょう。

自分と他人の間に見えない線を引くんです。
これが“自分軸”なんです。

他人の気持ちをどうこうしようとしてもできない。
それは無意識にその人の領域を犯しているんです。
だから苦しくなります。

他人と自分の間に線を引けてないな。
そう思ったときはこう呟いてください。
「私は私」「人は人」心の中で何回も呟いてください。

心が落ち着きます。
呟きながら、自分と他人の間に線を引くイメージ
をすると、なおいいと思います。

そんなゆんちょさんにおすすめの本があります。
こちらの本です。この本を読んで、是非自分の自己肯定感を
あげることを意識してみてください。

敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法

多分今のゆんちょさんの悩みにとても最適な本だと思います。

そして最後にね、人間辞めたいって言っておられますよね。
自己肯定感高い人ってある意味「宇宙人」みたいなもんです。
だって誰に何を言われても動じないし、気にしない。

だから人間やめて
宇宙人目指しましょ!!

すいません、ちょっとふざけました。

真面目に行きますね!
今までの内容をまとめると…

  • こうなるきっかけになったその事件について今一度向き合ってみる。
  • 自分は高感度の「裏表」センサー付きメガネを通して世界を見て
    いると、自覚すること。
  • どうして自分は「人に嫌われたくないのか」を自問自答してみる。
  • 自分と他人に境界線を引く。「私は私」「人は人」と呟いてみる。
  • 自己肯定感をあげるための以下のワークをやってみる。
    1.毎日日記をつけてみる。
    2.褒められたことを、思い出してリストにしてみる。
    3.周りの人の魅力を書き出してみる。
    (周りの人の魅力=自分の魅力です)
    4.嫌なものは嫌、好きなものは好き。と自分で認めてみる。

以上が私からの提案になります。
ゆんちょさんの心が少しでも楽になれば幸いです。

一人で向き合うのが難しいときは、ぜひカウンセリングを
利用してみてくださいね!

その方が悩みの解決や、変化も早かったりしますよ(^^)


あなたが変わらなくても悩みが消える。心理デザインコンサルティングセッション

一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP