幸せになるって大変?幸せになるために崖を上っていた私の話。

頑張りすぎ問題

幸せになるって大変?幸せになるために崖を上っていた私の話。

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2021/01/plofile2.jpg
一水みゆき

こんばんは~。心理デザインカウンセラー・コンサルタントの、一水みゆきです。

この前急に寒くなったなぁと思ったら日中はポカポカ陽気だったり。
コロナの感染者もあんなにたくさんいたのに、急激に減ったり。
みんな今まで我慢してた分、お出かけ・外食に行ってますか?

私は元々出かけるのが大好きなので、旅行とかお出かけを
たくさん楽しみたいな〜と思っています。

カウンセリング11月の募集をしています。
迷っているあなたはお得なキャンペーン中に一度受けてみませんか?
年内はお得な価格ですので、ぜひご検討下さいね。

更新情報をお届けしているLINEの登録もお願いします!
アファメーションブックもらえますよ〜!

夫が家を出て行ってからもう2年が経ちました。
早いものですねぇ。しみじみ。

結婚して息子を産んだ後は幸せの絶頂。
まさかこんなことになるとは!青天の霹靂。

あの頃の私は人生のどん底と言っていい状態でした。
人生最高潮の幸せからのどん底でしたから、落差も激しく。

やったー!私最高に幸せ!と嬉しくてジャンプしたら
なんと、地面が無くて崖の下に落ちていく…。
そんな感じでございました。

そして崖の下に落ちた私は、あちこち骨折しまくってるのに。
痛み止めを打って、その痛みを無かったことにして崖を登ろうと
這い上がろうとしていました。

痛々しいですねぇ。
崖登ろうと思ったら、骨折直さなあかんのに。

そんなもんだから、崖登っても登っても。
力が足りずに「あーーーっ」と叫びながら。
ずるずるまた谷底に落ちて。

懲りずにまた、痛み止めを打って崖を登ろうとしてたんですね。

心理学を学んで。
カウンセリングをたくさん受けて。

感情を麻痺させてるとよく言われたものです。
その時は自分でわかってなかったんですけどね。

「骨折してるで!痛み止め打ってないでまずは休んだ方がええよ」
そうやってアドバイスをされていたものの。
これが本当に恐ろしいのですけれど、全く自分では理解できませんでした。

渦中にいると、自分のことが全く見えなくなるって本当で。
「やだな〜、捻挫してるけど痛み止め打てば大丈夫。」
「私頑張ってないですから」

と数々のアドバイスを華麗にスルーしてまた崖を上る日々。
いやね、わかりますよね皆さん。

\ 崖登れないから〜。 /

そんな私でしたが、徐々に自分が骨折していることに気づき。
自分を労わることを覚え。

素手で崖を上ってもダメだ!ということにやっと気づき。
たくさんの人のアドバイスを受け入れてきたのです。

その結果、崖を上るための体力と装備を手に入れ。
たまにうっかり足を踏み外して、落ちそうになることもありましたが。
なんとか崖の上が見えてきたんです。

私が幸せになるためにしてきたことを、崖登りに例えるとこんな感じ(笑)
結構大変だと思いました?ですよね〜。

もっと簡単に幸せになりたいですよねぇ、ほんと。

でもこれは私だったからこんなに時間がかかったわけです。
これを読んでいるあなたはもっと短い時間で崖を登れるかもしれません。

そもそも崖を上った先に幸せがあるってわけじゃなく。

その途中から。崖を登りながら幸せを感じられつつもあったわけで。
崖を登り切ったら幸せ!ってわけでもないんです。
もうその途中から、その先の幸せを考えてワクワクしている。

一歩一歩上に進んでいる、そんな実感を噛み締めながら幸せを味わう。

でもやっぱり、私は1人ではここまでこれませんでした。
いつも1人で頑張らないといけない。
自分以外は頼れない。

そんな意識でずっと生きてきたからこそ。
人に頼るというのが表面上ではなく、心の底からできませんでした。
カウンセリングを受けていても、無意識に心を閉ざしていました。

もしかしたら、カウンセリングを受けたことのあるあなたもそうかもしれません。
実際私もカウンセリングをしていて、まだ心が閉じているな〜と。
クライアントさんに対して、そう感じることもありました。

でも自分の幸せを諦めずにいれば必ず道は開けます。
でも1人でその境地に辿り着くのはなかなか難しいです。
人間は人と繋がってこそ生きていける。

1人だと思っていたとしても1人では生きていけないんです。
野菜や、魚や肉を作ってくれる人たち。
それを運んでくれる運送の人。

私たちが来ている服を作ってくれている人。
それを売ってくれるお店の人。
電気やガスやお水を運んでくれる公共の人。

1人で生きているようで、1人では生きられない。
それが人間なんです。

もちろん幸せは自分でなるもの。
残念ながら他の人は自分を幸せにしてくれません。

人と繋がって。
人を助け。
人に助けられて。
それが相互依存。Win-winの世界。
 
人は1人では生きられない社会性のある生き物。

だからこそ。

幸せになるためには、自分の力と。
誰かに助けを求めること。
それがどうしても必要なんです。

私もたくさんの人に頼りました。
そしてあなたも、是非私を頼ってほしい。
私じゃなくてもいいから、誰かに助けを求めてほしい。

私は目の前にいる、しんどい思いをしている人を応援したい。
だからカウンセラーをしています。

11月のカウンセリングも募集中です。
ぜひ私に助けさせてくれませんか?
あなたの全てを受け入れて、背中を押します。

最後はお願いみたいになりましたが、私の切なる思いです。
こんなにしんどかったのに、幸せだと思えるようになったのは。
助けを求めたから。

あなたは1人じゃないんですよ。
それを伝えたくて、今日のブログを書きました。

先日も幸せについて書いたのに、ふと思いついて書いたら
また幸せについてでした(笑)
多分、今の私のテーマなんでしょうね。

さよなら さよなら さよなら また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。


一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP