心理学

ありがたい褒め言葉を受け取れない。でもそれで良いんじゃない?

最近ありがたくも、褒められることが増えてきた一水みゆきです。
ちょっと前まで『え〜、そうかなぁ?』とか、『おぉぉぉぉぉぉ〜、さぶいぼでるぅぅぅ』

※さぶいぼとは鳥肌が立つ、の鳥肌の意味。
と思って受け取れませんでした。

でも何故か仕事だと受け取れる。『デザインが良いから受注できました!』と言われると
そうやろー、そうやろー、と満面の笑みで受け取れるのです(笑)この違いはなんだろう…。

まぁ仕事にはそこそこ自信があるからなのかも知れないとも思います。
ただ、最近心境の変化があって褒めてもらえると、褒められたこと自体が嬉しくて
にっこり笑顔で『ありがとう』が言えるようになりました。

褒めてもらったこと自体が嬉しくて、こころからありがたいなぁと思えたんです。良い変化だ〜。
相変わらず言われた言葉自体を受け取れてるかどうかはわからないですが(笑)

ただ、それでも良いんじゃないかなぁと思うんですよね。受け取れなくても。
そもそも褒め言葉を受け取らなければならないって思ってる時点で
自分をガチガチに縛ってるってこと。

それってせっかく褒めてもらったのに『受け取らなきゃ』と思ってる時点で、しんどいですよね。
せっかく褒めてもらったのに。

だから、褒めてくれた好意自体をありがとう♥って思って、伝える。
でもそれを受け取るかどうかはわたし次第。それはわたしが決めること。

それは相手にも言えることで…。わたしが褒めたことを相手が受け取れなくても別に良いよね?って。
受け取らなくても失礼だ!プンプン、とか怒らないし。あー、受け取れてないんだ、ふふっ。
ただそれだけ。だって褒め言葉を受け取るのも、受け取らないのも相手が決めること。

そもそも褒めて受け取ってもらおうって、思ってること自体が相手をコントロールしようとしてるってこと。

前回の根元裕幸師匠のお弟子講座で受け取れない人に受け取ってもらうには?という質問をした時
受け取らせようとすること自体がコントロールですって言われて、“アチャー”って思ったのでした(笑)

あとは最近わたしは繊細とか、人をよく見てる、とか色々言われるのですが、わたし自身は
そうかなぁ?と思ってるんです。でもわたしが思ってるわたし。他の人から見たわたし。
どっちも違って当たり前だし、どっちのわたしもわたし、なんですよね。

自分が思う“わたし”他の人が思う“わたし”どっちも正解で、どっちもわたし。
だから、そっかー。他の人から見た“わたし”はそうなんだね、って認識する。

それで良いんじゃない?と思う今日この頃。

根本裕幸師匠のお弟子の宿題で、お弟子同士でセッションをするってお題がありまして。
その時意図せずにも相手を褒めちぎったり、褒めちぎられたりするんです。
お互い見てみると、見事になんか受け取れてないんですよね(笑)

最近はそれも面白くて、それはそれで良いかぁとも思うんですが。

そもそも日本人って褒められることに慣れてない気がするんですよね。
子供を褒めないで、むしろうちの子なんて〜って謙遜する人が今でも多い。
子供の良いところを褒めちぎるより、謙遜する方が良い。

自分の子がいかにいい子で素敵な子か、周りの人に話すことはタブーのようで。
そりゃそんな幼少期を過ごしてたら。ましてや大人になってから褒められる。
慣れてないし、ほんとに?と思っちゃうのもしょうがないよなぁ…と思ったのでした。

そもそも日本人の子供って他国に比べて自己肯定感めっちゃ低い。それって謙遜の文化と、
子供を褒めないで育てる。そのことが影響してるのかもしれないなぁ、と。
自分や、周りの人が受け取らないことをみて、そこまで考えてしまいました(笑)

せめて、自分の子供だけでも褒めて褒めて、ただ存在そのものを愛して。

自己肯定感の高い大人に成長してくれるように。せめてもの自分にできることをしよう。

さよなら さよなら さよなら。 また明日。

一水みゆきでした。

高橋 和巳著 子は親を救うために「心の病」になるを読んだ感想前のページ

go to travelで福井・金沢に子連れで車旅行に行きました。次のページ

関連記事

  1. 心理学

    カウンセリングって何?意味ない?効果なし?〜カウンセリングを受けるメリット〜

    こんばんは、最近モニター募集をはじめました一水みゆきです。冷やし中…

  2. 心理学

    わたしはわたしでいい。そのままの、そこに“ある”自分を認められたとき。

    子は親を救うためにこころの病になる。という本を読みました。高橋和巳…

  3. 心理学

    デザイナーとカウンセラーの共通点 〜魅力・価値を見て表現するクリエイター〜

    デザイナーとカウンセラーって共通している部分があって、わたしはカウンセ…

  4. 心理学

    何がしたいのかわからなくなった時。無意識に頑張ろうとしていたわたし

    何がしたいのかわからない。そもそもカウンセラーになりたいのかわからない…

  5. 心理学

    もう無理。わたしは頑張りたくない。激しい怒りの感情の下に隠れていた深い悲しみ。

    無理なんです。冒頭からなんやねん、と思われるかもしれませんが。とう…

  6. 心理学

    怒りと黒い感情とわたし。抑えられないし消す必要はなくて、ただ認めるだけ。

    こんばんは、最近本当に疲れてる一水みゆきです。え?そんな事どうでもいい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 年下彼氏・年下夫のこと

    年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード① 〜出会い編〜
  2. 心理学

    感情の蓋が外れたら… 〜弱くて、黒くて、ダメなわたしがいた〜
  3. おすすめの本

    根本裕幸著 いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えて無くなる本の感想。
  4. 心理学

    罪悪感を手放して・自分を許すってどうやるの??その1 〜やっぱ先に感情の解放だよ…
  5. 心理学

    エレメンツコード~4属性から見る心の健康診断~やってみた。
PAGE TOP