じぶんごと

寂しいと言う感情。寂しい理由がわからなかったわたし。なぜわたしは気がついたのか。

寂しいと言う感情。それになぜかわたしは今日気がついてしまった。理由はわからなかった。
でも実は2〜3日前からわたしの心は準備を進めていたらしく、今日最終的にトドメの記事を
見て、とうとう認めざるを得なくなった。

ブログを毎日書いていて気がついたのは、自分の気持ちが乗っている時に書いた方が勢いで
かけるなぁと言うこと。なので別のネタは気が乗らないので急遽このネタでブログを書いています。

3期のお弟子仲間のブログは目に入ったものを読む、と言うスタイルにしているわたし。
(皆様ごめんなさい。わたし全員の見るとかマメじゃないのでできません。いつも見てくださる
皆さんありがとうございます〜〜〜〜!!)

なぜかこの2つの記事が目に入って読んだ。あべしっ。刺さるぅ〜〜〜〜!!!

キャロ さんの記事
全ての男性は女性を喜ばせることに生きがいを感じている

全ての男性は女性を喜ばせることに生きがいを感じている→なぜかグサグサと、ナイフで
刺される…。い…痛い。これ、わたしできてないんちゃうん?

そしてイチカさんの記事
好いオトコは惚れたオンナに「ごめん」などとは決して言えないのである、の巻。
『迷惑をかけようとしないその行為こそが何よりの迷惑。』
あぁぁぁぁぁぁぁぁ!痛いよ〜!あちこちから槍が飛んでくる!!

そして勿論最終奥義は師匠でした…。
女を楽しみ、夫にコミットメントすることで、女としての寂しさは解消されていく。

アタタタタタタタタタタタタタタタタ〜〜〜〜イタイ!ひでぶ〜〜〜〜!!

パタッ。

…。

起きろ〜〜〜〜〜!!

はっ。

あまりのダメージに思わず心が倒れ込んでしまいました。

あ〜、気がついてしまった。いや、いいことなんだけど。

ジュンコさんのカウンセリングを受けた時に喪失感、寂しさを感じる、と言われた。
でもその時はふーむ、わたしは寂しいのかぁとあまりよくわらかなかった。

確かに旦那は別居中だけど、両親もいるし、友達もいる。何より可愛くて大好きで愛してやまない
息子と一緒。癒しの猫ちゃんも2匹いる。寂しくないのになぁ…と思っていた。

 

違うんだね。

『女性』としてのわたしが寂しかったんだね。

そっか。

そりゃ息子じゃ埋められないわな〜。

わたしはこのブログの記事を書きながらなんだか泣きたい気持ちになっている。ああ、これが癒し
なんだなぁ。そう思いながら書いている。わたしが、わたしに向けて書いています。

寂しかったんだね。一緒にいて欲しかったんだね。そばにいて欲しかったんだね。

一緒に子供の成長を喜んで、一緒に笑って、泣いて、ご飯を食べて。

頑張ってるねって、抱きしめて欲しかったんだよね。

なんだか自分がとても愛しくて。

自分のこころが、自分に言ってる。『頑張ってるよ、しんどいよね、寂しいよね、すごく偉いよ!』

 

師匠の記事によれば女としての寂しさを解消するには2つの方法があるそう。

一つ目は。自分がもっと自分のことをいい女として扱ってあげることです。
そうか〜、わたしはいい女。意識してみよう。

二つ目は「旦那さんとの関係にコミットメントする」
あぁ。そうか。わたしがやるべきことはこれなんだろうなぁ。向き合ってるつもりでも逃げてたのか。
逃げていたってことにもさらに気がついてしまった。

「私は夫と幸せな未来を創る!!」

「私は夫と幸せになる!!」

この台詞を毎日100回呟く…。うぅ。なかなかの課題。

さらに

・旦那さんへの感謝の手紙をほぼ毎日書いてみる。
・旦那さんにラブレターを書く。
・旦那さんに与える(旦那さんが喜ぶことをたくさんしてあげて、自分も喜ぶ)
・旦那さんなりの愛情を受け取る
・旦那さんに対して愛情を伝え、感謝を伝え、コミュニケーションをより密にする。
・旦那さんの反応は気にせずに、旦那さんと一緒にいられる幸せを感じて、それを伝えていく。

なかなかの宿題です。でもやるべきなんだろうなぁ。
そういえば姉弟子のすずきゆうこさんにも旦那さんとの今までのことを書き出してみて、と
言われていたので同じことだな…。ちょっとやったけど止まってる。あわわ。
でも別居中なのにコミュニケーション密にできないわ…。どーすれば。

とりあえずマイペースに旦那さんに向き合う!と言うことをこの記事にて

コミットメントしようと思います。

あくまでマイペースに(笑)

自分軸!

子供が嫌いだった私が子供を産んだ 〜子供が嫌いだった理由とその心の変化〜前のページ

私の頭の中の消しゴムの感想 おすすめの映画 『許しとは、心の部屋を一つ空けること』の解釈次のページ

関連記事

  1. じぶんごと

    お母さん、ありがとう。恥ずかしいけど、わたしはパワフルなお母さんが好きなんです。その2

    恥ずかしいけど、わたしがお母さんを好き、という気持ちを引き続き語ります…

  2. じぶんごと

    わたしの弟のこと 家族を掘り下げる 〜猫と兄弟だった弟〜

    家族を掘り下げる、シリーズ第3弾。父と母は書き終わったので次は弟につい…

  3. じぶんごと

    わたしの弟のこと 家族を掘り下げる 〜不器用だけどやさしい弟〜

    わたしの弟のことについて、続きです。父や母のことを書いた時も思いました…

  4. じぶんごと

    わたしのお父さんのこと 家族を掘り下げる〜ありがとう、お父さん〜

    わたしのお父さんのこと、の続きです。ちょっと追記があります。前…

  5. じぶんごと

    お母さん、ありがとう。恥ずかしいけど、わたしはパワフルなお母さんが好きなんです。その1

    恥ずかしいけど告白します。わたしはお母さんが好きなんです。書いててちょ…

  6. じぶんごと

    理想の男性像 〜あなたの好きな男性はどんなタイプですか?〜

    理想の男性ってみなさんにもきっとあると思います。現実に付き合えたりする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 心理学

    感情に蓋をする 〜『わたし』の感情を感じないようにしていたというお話し
  2. 心理学

    繊細で感受性が高く、共感能力が高い。HSPでエンパスなわたし????
  3. 育児 -こそだてのこと-

    子供が嫌いだった私が子供を産んだ 〜子供が嫌いだった理由とその心の変化〜
  4. 心理学用語解説

    初心者でも面白くてわかりやすい心理学用語の解説 ②信頼
  5. お弟子さん3期

    変わりたいけど変われないあなたへ 〜無料モニターセッションの募集〜
PAGE TOP