ふと目にする言葉には真理がある。離婚するのは「魂の器が違うから」

じぶんごと

ふと目にする言葉には真理がある。離婚するのは「魂の器が違うから」

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2021/01/plofile2.jpg
一水みゆき

こんばんは〜。心理デザインカウンセラー・
コンサルタントの、一水みゆきです。

暑くはないけど、寒すぎることもなく。秋を感じる今日この頃ですね。
私といえば離婚に向けての事務手続きをする中で、ふと寂しさを感じたり。
今回書こうと思い立ったのは。

私が離婚しようと決めて、迷いながらも何度も決意し。
自分の中でほとんど揺らがなくなってきた頃に。

私の決めたことが、私にとってはこれで良かったんだ!
そう肯定する出来事がたくさんあったのです。

カウンセリング11月の募集をしています。
迷っているあなたはお得なキャンペーン中に一度受けてみませんか?
年内はお得な価格ですので、ぜひご検討下さいね。

更新情報をお届けしているLINEの登録もお願いします!
アファメーションブックもらえますよ〜!

私は根本裕幸氏のもとでカウンセリングの勉強をしたのですが
たくさんのカウンセラー仲間がいて、それぞれ情報発信しています。
その中で、2人のブログの記事が目に止まりました。

5期生のさとさん。

4期生の青葉さん。

さとさんのブログの中にある、人生の先輩の言葉。

魂の器が合わない人とは,悲しいかなすれ違うものなのよ

今までカウンセリングでは私と夫は合わなくなってしまった。
レベルが違ってしまった、そんな表現をしていました。
私もそうなんだよなぁ、と頭ではわかっていたものの。

まだ心にストン、と落ちていませんでした。
それがこの表現に出会った時

「あ、こういうことなんだな」

と妙に心にストンと落ちたのです。
バスケットゴールにロングシュートを入れようと。
何回ボールを投げても入らなかったのに。

この言葉を見た瞬間、私の心にロングシュートがぽすん。
あっさりゴールしてきたのでした。

そっかぁ。

そういうことなんだなぁ。

じゃぁしょうがないよなぁ。

うん。

そう思えて。

そして次に目にした青葉さんのブログ。

もし、そういう能力がない夫だとしたら?

求めても解消されるばかりか、夫のうまくできないという罪悪感はますます募り、誰かのせいにするという現れ方もあり得る話です。

自分のレベルを過小評価し、その過小評価した自分に合う人を結婚相手として選んでいる可能性があるかもしれません。

これを読んで。あー、これ私のことやんって。

夫にどうして向き合わないの?とずっと怒っていたけれど。
しょうがないんです、だってできないんだもん。
自分にどうしても自信が持てないから。

なんだか文字にすると上から目線のようでとっても嫌な感じに
映ってしまうかもしれません、そんなつもりは全くないんですけれど。

改めて文字にしたものを読むと、さらに腑に落ちるというか。

なんだか最近、私の決断が正しかったんだな。
そう思う言葉、ブログを目にするなぁ。
そう思っていたらですね。さらなるダメおしが(笑)

先日母に年内に離婚すると伝えたところ、これまたびっくりする話を聞いて。
うちの弟はかなりのしっかり者なんですが、夫とは数回しか会ったことありませんでした。
なのにですね、今回のことをこう言っていたらしいんです。

「こうなるのわかってたやろ。そんな男を選んだのは姉貴やろ」

こう言っていたらしいのです。

ヤタカウンセラーからは大人として成熟していないと言われ。
母からもなんだか子供やな、と思ってたと言われ。
さらにうちの弟からすらも、こんなふうに見えていたとは。
さらに直属の上司にすら、その年齢にしては親としての自覚が…と言われ。

見えていないのは、本人だけでした。
周りにはよく見えていたんだなぁと今になって気づくという。

私は好きだったから、戻ってきてほしいとずっと思ってました。
それでもこのまま待つのは、私にとっての幸せじゃないと決断できたのも。
地道にコツコツ自己肯定感を上げてきたからなんだなぁ。

決められなかった。

時間もかかった。

でもこれだけとことん向き合って決めたから後悔がない。

だって私にできることは全部やった。

あとは前を向くだけ。

でも私は結婚したことを後悔してないんです。
結婚する前に戻ったとしても、また結婚すると思います。
だって私は大切な息子を授かったから。

息子と出会えた。
ママ友というか、もう普通の友達だけど彼女らに出会えた。
カウンセラー仲間にも、根本師匠にも出会えた。

この苦難があったからこそ、出会えた人。
手に入れたものがたくさんありました。

だから今は、もう感謝しかありません。

ありがとう、と。

もちろん不安もあります。
1人で育てられるのかな、とか。

でもきっとなんとかなるわ!と基本前向きで
スーパーポジティブな私らしく。

ちょっとづつ頑張っていこうと思います。

あなたももし迷っていることがあるなら。
決めた途端、私みたいに肯定してくれるような出来事があるかもしれません。
揺らいでも、その度にまた決意する。

その繰り返しなんだな、今はそう思います。

すぐ決めれなくても大丈夫。
きっと、決められます。
自分の心に問いかけ続ければ、ね。

もし1人では難しい場合は私がお手伝いします。
11月のカウンセリング受付中です!

さよなら さよなら さよなら また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。

 

 


一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP