【図解でわかりやすい心理学】イメージワーク(誘導瞑想)とは、イメージの力を使った心理セラピー

心理学用語解説

【図解でわかりやすい心理学】イメージワーク(誘導瞑想)とは、イメージの力を使った心理セラピー

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2021/01/plofile2.jpg
一水みゆき

こんばんは〜。心理デザインカウンセラー・コンサルタントの、一水みゆきです。

図解で心理学を説明するシリーズ。今回は、イメージワークについてです。
皆さんは“イメージワーク”という言葉を聞いたことがありますか?

私が師事した心理カウンセラーの根本裕幸氏から学んだものです。
イメージワークは日本語にすると誘導瞑想と言います。
インナーチャイルドセラピーという手法も、イメージワークの一種です。

具体的には目を瞑ってイメージをしてもらうことで、潜在意識や感情に直接
アプローチするという手法です。会話しながら話をするカウンセリングでは
出てこなかった言葉や感情が出てくるので、最初はびっくりするかもしれません。

怪しい!

そう思いました?思いましたよね、ね!(笑)
別に全然怪しくありません。ちゃんと科学的にも証明されています。
脳はイメージを実現しようとする力があるんです。

皆さんはトップレベルのアスリートは、イメトレを重視すると聞いたことありませんか?
トップレベルのアスリートが、競技の前に完璧な自分をイメージするのも効果があるから。

そして脳は創造と現実の区別がつかないんですね。

   
例えば目を瞑って、梅干しやレモンを想像してみてください。
どうですか?口の中から唾がじわっと湧いてきませんか?
脳が創造した酸っぱい梅干しやレモンが、目の前にあると思ったから身体が反応します。

ただ、もしあなたが梅干しやレモンを食べたことがなかったら?
多分唾は出てきません。食べたら酸っぱいという体験をしていないからです。
それと同じで、自分が知らないことはなかなかリアルにイメージしづらいです。

試しにYouTubeか何かで波の音を探して聞いてみてください。
音を聞くと、浜辺で波が自分の足元にザーッと押し寄せたり、引いてきたりする
情景が浮かびませんか?砂浜が湿って色が変わる情景が目に浮かびませんか?
もちろん見たことがない人には難しいですが。

このように五感を感じながらイメージすることで、よりリアルなイメージを
頭の中に思い浮かべることができるんです。
聴覚、視覚、嗅覚、味覚、感触。

それらを使ってイメージするんです。
じゃぁ具体的にそのイメージを使って、どうするのか?
それを説明していきますね!

例えば私の例を挙げてみますね。
夫に本当は怒っているのに、感情を麻痺させている私。
夫に対して怒りも、文句すらも出てきません。

全部自分が全部悪いと思っているので、相手を責めるのではなく
自分を責めまくり、全部自分が悪いんだと思っています。
この状態でカウンセリングをしていても、中々話だけでは
その奥底にある感情が出てくるのが難しい場合があります。

その時に使うのが、この【エンプティチェア】というイメージワークです。
ゲシュタルト療法とも言われ、精神科医のパールズが提唱した心理療法です。
方法はとても簡単。

自分が座っている椅子の向かいに、誰も座っていない椅子を用意します。
そして目を瞑って、自分の感情を引き出したい相手が座っているとイメージします。
そうすると不思議なことに、なぜか言葉が浮かんでくるんです。

椅子に座っている相手に言いたいこと、浮かんできた言葉を伝えます。
実際声に出して、いう方がより効果的なんです。
そして今度は、反対の空いている椅子に座り直します。

そして今度は「自分がその相手の気持ちになって」話をしてみます。
自分がさっき言ったことを聞いた相手が、どう思うのか?
その人になりきって話をしてみます。

これはまず自分の感情を解放し、本人に言えなかったこと。
伝えたいことを言います。
そして椅子を変えて、相手になりきって話をしてみる。
これは、相手のことを理解するというプロセスなんです。

これを交互に繰り返していくんですね。
自分1人でもできますし、カウンセリングではよく使う
イメージワークの一つです。

私のクライアントさんに、このエンプティチェアのイメージワークを
していただいた時、最初はなかなか出てきませんでした。
でもしばらくすると、本当に不思議なんですが
「自分でも思っていなかったような本音」が出てきたんですね。
 
他にも本当は自由なのに、自分で自由を制限しているクライアントさんには、
自分の背中に羽が生えているイメージをしてもらって、その羽に絡まっている
鎖を解き放ち、空を自由に飛ぶイメージワークを作ったりしました。

イメージに入りにくい人、入りやすい人がいます。
私は思考が優位になっている状態なので、1人では入りにくいんです。
でもカウンセラーに誘導してもらえれば、入ることができます。

エンプティチェアはイメージしやすい人なら1人でもできるので、試してみてください(^^)
私はイメージの力を瞑想にも使っていて、寝る前に波の音を聴きながら瞑想をしています。
いつの間にか眠気がきて、そのまま気持ちよく寝れますよ〜。

こんな感じで私のカウンセリングではオンライン、対面問わず感情の解放や
潜在意識にアプローチできるイメージワークをしています。
気になる方は、よかったらカウンセリング受けてみてくださいね!

さよなら さよなら さよなら また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。


一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP