幸せになる覚悟を決める方法

日常で使える心理学
https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2023/05/profile3.jpg
一水みゆき

なぜか頼れるお父さんと言われる心理デザインカウンセラーの一水みゆきです。

今度やる講座の「コミットメント」について知っていただきたいと思い、しばらくシリーズでブログを書いてます!

幸せになるためにはもういい加減、幸せになりたいって覚悟を決めること。心理学で言うと【コミットメント】というんだけど。

例えば親との関係がどうとか、私にはお金がないとか、私には時間がないとか、私にはあれがない、これがない、ないないないないない。だから幸せじゃない。

そんな風に自分が幸せじゃない証拠ばかり探してるから不幸になる。うんざりするほど、ずっとそれやってきたんだよね。

不幸探しの迷探偵

そもそも、自分に自信がないとか、人と比べて自分を下げるとか、しんどいとか、いつも人生うまくいかないとか。私には幸せはないって思ってた。

幸せじゃない証拠を探すのがめちゃめちゃ得意な名探偵なってしまった。

幸せじゃないことを探すのは得意中の得意、プロ中のプロ。そんな状態でさ、幸せになれるわけないじゃん。

で、昔の私に言いたいんだけど、いい加減に気づいてよ。いつも無いものばかり探してるから、幸せになれないんだよってね。

私も腐るほど聞いたよ。「あなたは無いものばかりを探して、あるものを見ない。」なるほどなー、そうか。うん、あるものに感謝するのか、うん。

あるもの。あるものってなんだろう、みたいな感じで。この言葉を本当の意味を理解せずに、とりあえず私にはこれがある、なるほど、みたいな。

こう言い聞かせる。そんなこと、ずっとやってたわけ。みんなもうわかるね、そう、無理矢理自分にとっての“ある”を探してた。それじゃうまくいくわけがない。

不幸探しの名探偵が無理やり“ある”を探したところで、あるって思ってないのに。無理やり“ある”を探しても、それはないわけだ。

もし幸せが“ある”って思ったとしても、それは言い聞かせてるだけで、ちっとも“ある”と思ってない。だから、ずっと不幸。そういうのをずっとずっと続けてきた。

覚悟が決められるようになったのは…

カウンセリングを受けたり、時にはネガティブな感情をお恨み帳に書いて吐き出したり、元夫との離婚問題では、彼への執着を手放してみたり。

「あれこれ色々やってみたけど、なんで私、いつも幸せになれないんだろう。なんで、また次から次へと問題が出てくるんだろう。」

「なんでや。」

「そうか、まだ足りないんだな、もっともっと頑張んなきゃいけないんだな」

ね。もうズブズブ沼にはまる。

そう、これ人ごとだからよくわかると思うんだけど、こんなことやってて幸せになれると思う?思わないよね。

実際、幸せだったかっていうと、全く幸せじゃなかったわけじゃないけど。

本当に心の底から楽しくて幸せだったかっていうと、それは違う。で、じゃあ、何が必要だったかっていうと。

「うんざりだよ。もうこんな不幸探し。もういい加減、私幸せにならないとおかしい。もうこんな不幸ばっかりの人生、もうやだ。私は幸せになるんだ。」

「こんなに散々苦しんだのに、もうこれ以上苦しむ必要ないでしょ。」

ある意味、うんざりするほど不幸を味わった、というのもあるかもしれない。私はいい加減、幸せになりたいし、ならないとおかしい。だって、こんなに頑張ってるんだもんって。

そこから私が幸せになるということにコミットして、いろいろやった。まあ、最初からそんなうまくいくわけないですよね。

コミットっていうのは、自分がなりたい未来のための選択をし続けること。

私は幸せになるんだっていう覚悟のもとに、自分が幸せになるための方法をあれこれ試してみた。

カウンセリング、ビジネスにおいてはコンサルを受けてみたりとか、はたまた違う人にカウンセリングを受けてみたりとか。

幸せになるためにはどうしたらいいか、っていうことをずっと試行錯誤してた。

幸せになる方法

いい加減、不幸探しも自分にないものを探すのも、もう終わりにした方が良い、頭ではわかっててもなかなかできないんです。

でもね、方法ならあるんです。自分を幸せにするための問いかけを、毎日毎日自分に問いかけること。

これ、私にとっての幸せなの?って。面倒くさいけど、何かする時に、一つ一つ問いかけるわけ。

これが私にとっての幸せなの?このおにぎりを買うことが私にとって幸せなのか、今日仕事に行くことを私にとっては幸せなのか、一つ一つ考えるんです。

面倒くさいでしょう。でもね、これやらない限り、あなたはいつまでたっても幸せになれません。だって、無意識に自分の不幸を探してるんだから。

その習慣を直さないといかんわけです。面倒くさいよね。でもね、面倒くさいことやらないとね、幸せにはなれません。

今まで努力して不幸になってきたんだから、その逆をやるんです。

もちろんそんなことしなくても、私は幸せになるんだって、もう振り切ったらできちゃう人もいるかもしれない。

けど私は不器用だから、うんざりするほどしんどい目に合わないと、わかんなかった。

でもここまでしんどい目に遭わなくてもいいと思う。私は幸せになるんだって覚悟を決めて、毎日、幸せになるための選択をして行く。

それだけでも、けっこう違うと思う。

やっと自分の幸せに気がついた

幸せになりたかったから、立ち止まらずに幸せになるためにどうすればいいかを考え続けて、行動し続けた。

これが私の幸せなの?と自分に問い続けた。

お金も使ったし、時には休んだり、嫌なことをやめてみたり、いろんなことをしてみた。

で、やっとたどりついたのが、私は別にそのままでええやん、でした。

そのままでいいって、変わる必要はないんだよ。ってこと。だって、もう幸せじゃん。

不幸な自分を探すことがどれだけ不毛で、どれだけアホなことなのか、もう身につまされるほどに、身にしみたんですね。

自分が幸せになることにコミットし続けたし、うんざりするほど不幸を味わったから、自分の“すでにある”幸せに気がつけた。

みんな、理由を探しすぎなんです。物事はシンプルに考えた方が楽。

あんまりこんなこと言うと嘘臭いし、言いたくないんだけど。

私は幸せになる、と決めちゃって、幸せになるための行動を毎日選択するだけ。簡単でしょ。

やるべきことはシンプル。と言われても実際は簡単じゃないんだけどね。

でも、これができれば、幸せになれるんですよ。でも、それができなくて、みんな途中で諦めたり辞めちゃう。

なんでかっていうと、幸せになりたいっていう願いが弱いから。

本当に幸せになりたいって、心の底から渇望してないから。

あなたは、幸せになりたいですか?本当にそうなりたいんだったら、毎日自分が幸せになるための選択をしてください。

自分にとっての幸せがわかんないんだったら、毎日毎日、自分に問いかけつづければいい。そしたら、わかるようになるから、やってみて。

それでも、ちょっと難しいなーと思ったら講座にぜひ参加してください。

続けるためのヒントやマインドが得られるのと、幸せになりたい仲間たちがいますよ。

この講座で幸せになる覚悟ができるように、全力でお伝えしていきます!


ご意見ご感想はこちらから。
カウンセリングのお申し込みはこちらから。

さよなら さよなら さよなら また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。



↓絶賛申込受付中、不安と恐れの心理学セミナーです!

私のLINE公式アカウントではブログの更新情報、読者限定特典、ブログには書かないプチコラムやプライベートを配信。
アファメーションブックが特典としてもらえます。

スマホで見ている方はこちらをクリック↓

友だち追加

パソコン、タブレットで見ている方はこちらのQRコードをスキャンして友達追加。
もしくはお友達を追加で@296mlsdfを検索してください。
一水みゆき

一水みゆき

『なぜか頼れるお父さんと言われます』30~40代の離婚・パートナーシップ・人間関係に悩む女性の問題を解決。6歳息子の愛の奴隷。セミナー講師。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

一水みゆき

一水みゆき

《人生どん底でも大丈夫!幸せになれます!》30・40代女性の夫婦・子育て問題解決のマインドや、自己肯定感UPの方法を発信!|デザイナー歴18年のカウンセラー「心理学×デザイン思考」で悩みをビジュアル化して解決|夫と別居でどん底→心理学を学ぶ→マインドが変わり幸せな状態に|4歳男児の母|シングルマザー

TOP