浮気・離婚危機から妻が夫婦関係を修復するために、執着を手放すタイミングを知る方法は?

ココロノマルシェ(相談)

浮気・離婚危機から妻が夫婦関係を修復するために、執着を手放すタイミングを知る方法は?

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2021/01/plofile2.jpg
一水みゆき

こんばんは~。心理デザインカウンセラー・コンサルタントの、一水みゆきです。

最近怒涛の更新です。今日から久しぶりにカウンセリングを募集するから?
まぁそれもありますけど(笑)9/25(土)20:00〜募集です、ご検討ください!

今日はココロノマルシェに回答したいと思います。
カウンセラー仲間からもこの相談私が答えてあげた方がいいんじゃない?
まさにあなたのことみたいやん?と言われて。
いや、本当に私みたい。そう思ったくらい似ているご相談なのです。

ココロノマルシェとは、根本裕幸の「お弟子さん制度」
を卒業したカウンセラーがあなたの相談にお答えするページです。

今回のご相談は、こちらです。

手放しを始めるタイミング

相談者:totoさん

現在、夫の浮気を経て別居、離婚の危機にいます。
私は修復をしたくて夫は離婚をしたくて話し合いは平行線。
さまざまなブログ、書籍を読み漁り、やはり手放しが必要なんだとわかりました。

しかし、手放すことに執着すると上手くいかない、「手放したら戻ってきてくれるかもしれない」などの欲や期待があると上手くいかないということも分かりました。
手放しをして自由になりたい、夫を解放してあげたいという気持ちはあります。
でもどうしても期待が消えず、まだ手放しをするタイミングではないのかと悩んでいます。

別居をしてから今まで自分を幸せにすることや自己肯定感をあげることには取り組んできました。だいぶ夫に振り回されることも減ったし、自分を責めることも減ってきたので、次にすることは手放しだと思います。

手放しに突き進んでいくタイミングを知る方法があればぜひアドバイスいただきたく思います。よろしくお願いいたします。

totoさん初めまして。私自身も夫が突然家を出て行ってしまい、別居中です。
totoさんのご相談のような悩みも私自身ずっと抱えていました。
なので私だからこそできる回答があるかな?と思い筆を取りました。

さてご質問の回答からお答えすると、
「手放しのタイミングは自分自身でコントロールできないので、知ることは難しい」
です。

私自身の経験ですが、手放しできてきた気がするな〜。
わかるタイミングは後からくる。そんな曖昧な感じです。

手放しができているかどうかはなんとなくわかります。
「私は夫を手放せた!」もしこんな思いが出てきた場合は要注意です。
こう思っていた時ほど、私はまだまだ執着していたからです。

今の私なら手放し度は70〜から80%くらいでしょうか?と答えます。
その日の心と身体のコンディションによって、気持ちってコロコロ変わるからです。
最初は20〜30%ぐらいのものが少しづつ上がっていく。そんなイメージです。

そして手放しに100%はないと思っています。
だって人間の心なんてそんなに完璧に100%という数字で測れるものではないからです。

totoさんが書いていらっしゃるように執着を手放そう→その裏に戻ってきてくれるかもという
期待や欲望がどうしても出てくる→私手放した!と思う→私は変わったと思うのに夫は
変わっていない→期待していたと気づいてまだ手放しできてないやん!と気づく。

みたいなループを何回か私はしていました。

ご相談文にはあまり詳しく書かれていないのですが、totoさんはかなり優秀な女性で
お仕事もおできになるのかな?と思いました。

「手放すことに執着すると上手くいかない、「手放したら戻ってきてくれるかもしれない」
などの欲や期待があると上手くいかないということも分かりました。」と書かれていますが、
これは本当にその通りなんですよね。

相談文自体もとても簡潔でわかりやすく、綺麗にまとめられていると思います。
そして自分を幸せにすること、自己肯定感を上げること、自分責めをやめること。
ご自分で何をすればいいか的確にわかっていらっしゃる。
しかもそれを自分自身でやってこられたこと。

頭もよく、理解力もあり実行力もある。この文章だけでさぞや素敵な女性なんだろうな。
そう想像できるからです。

自己肯定感も上がったし、自分責めも減ってきたのも素晴らしいと思います。
さぞや努力されたんだろうなぁ、素晴らしいな。本当に頑張りましたね、と心から思います。

そしてこれはあくまで私の想像なんですが、違っていたらごめんなさい。

もしやtotoさんがあまりにもおできになるので、ご主人が劣等感を感じていた。
というようなことはないでしょうか?これだけ出来る妻を持った夫は無価値感を感じやすいのです…。
というか私もそのパターンでしたのでもしや?と思った次第です。

そして次に気になったのが、totoさんの書いている文章には“感情”が一切書かれていないんです。
夫に浮気されて苦しかったとか、悲しかったとか、そういった感情です。
もしかしてご自身で気づかれているのかどうかわかりませんが、感情を切る、麻痺させている
ということはないでしょうか?

聡明なtotoさんですのでお恨み帳などにご主人への怒りを出したり、そういったことはすでに
されているのかな?そう思うのですが相談文に感情の表現がないということは、私はまだまだ
表に出てきていない感情や麻痺させているものがあるのかな?そう思いました。

もし私がカウンセリングをさせていただくとしたら
「どうしてtotoさんはご主人を手放したいのですか?」
と質問させていただくと思います。

自分自身が辛くて苦しいから手放したいのか?
それともご主人を楽にしてあげたいから手放したいのか?
この辺りから“感情”を探していきたいと思います。

自己肯定感を上げることも大事だし、自分責めをやめることもとても大事です。
それはひいては自分自身を大切に・幸せすることにつながるからです。
でももう一つやることがあるんですよね。

それは“感情”をどんどん出していくということです。

感情は感じて出していかなかれば、知らず知らずのうちに自分の心の奥深くに積もり積もっていきます。
そして感情を感じないように麻痺させていても、感情を感じていないわけではないのです。
その感情は負の遺産のように心の奥底に溜まり続けます。
それを解放して表に出していかないと、手放しという目的地にたどり着くことは難しいです。

カウンセリングなどではお話を聞きながら、奥深くにある感情を探し出したり。
イメージワークを使って潜在意識にアクセスして感情を拾うこともあります。
1人でやる場合はお恨み帳を書いてみたり、カラオケで叫んでみたり、友人に話してみるなどいろいろな方法があります。

どんな方法でも良いので、自分にあったやり方で感情を出していくことができればいいと思うんです。

そして手放しはなんのためにやるのか?ということです。
どうしても手放しすれば夫が戻ってくるかもしれない。という期待は出てきます。
それは仕方がないんです。人間だし、そもそもご主人のことが好きだからそう思うのは当たり前なんです。

「あ、私また夫に期待して変わろうとしている」とその度に気づけばいいんです。
気づいただけでもO Kなんです。

私また期待しちゃってたわ〜。手放しは自分のためにやるんだ!とその度に決意しなおせばいい。
私自身もまだまだ夫が変わることを期待してるな、そう気づいてその度に
「自分の幸せのために手放すんだ」と再度確認していました。

それを繰り返していけば、少しづつ手放しは進んでいくからです。
一番私がやったらアカンで〜!と思うのは『焦ること』です。

早く手放したい!どうして私はこんなに変わったのに夫は変わらないの?(←これは期待)
こんな思いは焦れば焦るほど。結果を早く出したいと思えば思うほど。
遠回りになってしまうんです。

『急がば回れ』
 
この言葉は本当にその通りで、焦らず時間がかかってもいい。
そうどっしりと構えることなんです。

totoさんはすでに自分のやることもわかっていらっしゃるので自己肯定感を上げること。
自分責めをなるべく減らすことは引き続きやっていかれるといいと思います。
そして手放そうという意識は一旦脇におくことをお勧めします。
意識すればするほど執着する原因になりますので。

そしてtotoさんの次のテーマは感情を解放していくことなのかな?と私は思いました。
あと自分にとっての幸せってなんなのか?を改めて考えてみることをお勧めしてみます。
自分にとっての幸せな夫婦像とは?どんな時に幸せを感じる?それがtotoさんの“好き”という感情につながります。

そしてしたくないな、嫌なことってありますか?それもtotoさんの“嫌い”という感情につながってくると思うのです。こうやって自分の好き・嫌いという感情を意識してつながる。感情を解放していく。自分の幸せのために行動していくことで、手放しへの道に進んでいけると思います。

そしてtotoさんが手放しができてきた時、再び選択する時がやってきます。
『私は夫と一緒にいたいのか?それとも別れを選ぶのか?』
その時選んだ答えがどっちであろうと、totoさんが幸せならそれでO Kなんです。

だからきっと大丈夫。totoさんは自分の幸せにつながる道を選択できると私は思います。

最後に私自身も夫から離婚したいと言われて、別居中です。苦しみながら、迷いながら。
時には勘違いをしながら進んできました。
その過程を赤裸々に書いているので長くて多いですが、よかったら読んでみてください。
何かヒントになるかもしれません。

もし1人で難しいなと思われた場合は、ぜひカウンセリングを利用してみてくださいね。
自分に合うと思えたカウンセラーなら、私以外でもいいと思います。

私への疑問・質問・ご意見ご感想お待ちしています。こちらからどうぞ。
カウンセリングはこちらから受け付けています。

totoさんの幸せを願って回答させていただきました。

 


変わりたいあなたのためのカウンセリング。問題解決へのプロセスをデザインします。

一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP