夫に突然離婚したいと言われたらどうしたら良いの?同じ体験をした私が伝えたい事。

ココロノマルシェ(相談)

夫に突然離婚したいと言われたらどうしたら良いの?同じ体験をした私が伝えたい事。

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2021/01/plofile2.jpg
一水みゆき

こんばんは。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきです。

今日のブログのネタ、何にしようかなーといつものごとく
ココロノマルシェを覗いていたら、私のことですかっ????
と叫びたくなるようなご相談がありました。

本当は他のネタ書こうかなーと思ってたんですが、急遽この相談に
答えたい!と思って悩み相談の回答をカキカキしました。
少しでも相談者さんの心が軽くなると良いなぁ…。

てなわけで、今日はココロノマルシェに回答します!
※ココロノマルシェとは、根本裕幸の「お弟子さん制度」
を卒業したカウンセラーがあなたの相談にお答えするページです。

今回のご相談は、こちらです。

離婚を受け入れるべき?自分の気持ちに素直でいるべき?

相談者:ほたるさん

主人の気持ちが楽になるためには離婚を受け入れるべきなのだと分かりつつも、
やはり主人のことが好きな気持ちがあり、離婚を受け入れられず、修復したい
気持ちがあり自分が進みたい方向性もわからず悩んでいます。

結婚3年目で子どもはいない20代の夫婦です。昨年秋、主人より急に別居を
切り出されました。それまで仲がよくうまくいっていたと思っていただけに
ショックを受けました。理由を聞くとセックスレスになりかけていたことから
私のことを女性として好きかわからなくなってしまったから、距離をおいて
自分の気持ちと向き合いたいとのことでした。

修復を前提としての別居であったこと、主人の意思が頑なで折れなかった
ことから別居をしました。しかし、1か月ほど過ぎた頃主人が浮気を
していたことが発覚し、さらにショックを受けました。

裏切られて悲しい思いをしたことを伝えるとともに原因について話し合い
今後どうしたいかをお互いに伝えました。私は主人を浮気に走らせてしまっ
た原因が自分にもあると思ったこともあり、主人のことが好きで離れたく
ない気持ちが強く「やり直したい」と伝えました。

主人は罪悪感からか「一人になることも考えている」と言いましたが半ば
私が説得するような形で同居しやり直すことになりました。

そこから3週間、主人は無理しているようにも見えるほど頑張って信頼を
取り戻そうとしていることが目に見えてわかりました。私もセックスを断って
しまったことを反省して積極的になるようにしたり、女性としてみてもらえる
よう自分なりに努力をしました。

浮気の話は一切出さず、責めるようなことは我慢しました。
しかしある日急に私のことを避けるようになり、触れられることを拒否される
ようになりました。私も心に余裕がなく、責めるような口調で理由を聞いてしまいました

すると、「やり直すと決めてから自分なりに努力したけれど、どうしても気持ちが
戻らない。修復のために頑張ってくれていることが分かるから罪悪感で一緒にいて辛い。
この先も気持ちが戻らないと思うから別れたほうがいいと思う」と言われました。

修復には時間がかかるものだと思っていたので、3週間で結論付けられてしまった
ことが悲しく、離婚まで考えていたことにショックを受け、泣いて
すがってしまいました。それから1か月は離婚のことは互いに触れないように、
ただ主人には避けられながらの生活が続きました。

仕事をしても一人先に布団に入っても泣けてしまって、ネットで様々な
記事を読み漁ったり、友人に話しを聞いてもらっていました。結論付けてない
状態で時間が過ぎるのを待っているような状況でした。

離婚話が出てから1か月。恐る恐る主人にいまの気持ちを聞いてみたところ、
「離婚したい。」とはっきり言われ、以前より離婚の意思がかたまっていました。
話し合いをしても主人は頑なに主張し、終いには「もう解放してほしい」
とまで言われてしまいました。

主人が私に対して気持ちがないことを痛感しショックでしたが、それでも
離れたくなくてやり直したいのが正直な気持ちです。でも修復するにしても
お互いが同じ方向をみていないと一人で修復することはできないし、
一人になりたい主人をさらに苦しめてしまうと思うと別れるべきなんだろうと
思ったり自分の気持ちもよくわかりません。

朝に離婚への決心がついたと思えば、夜になるとやっぱり一緒にいたいと
思ってしまいます。

私は主人の赴任先に結婚してついてきたので知り合いも少なく、経済的にも
安定していないので執着しているのかもしれません。でも主人の幸せを願う
気持ちも自覚すると純粋に主人のことが好きなんだろうとも思えます。

せめて納得できる形で離婚をしたいと思いますが、どこまでも頑張って
しまうと主人のメンタルがもたないような気もして悩んでしまいます。

家庭内別居ができる環境でもなく、一緒に生活すると互いの精神状態も
よくないと思うので、別居をすることにしようと提案しました。
私はまだ修復への道も諦められず、自分の気持ちと向き合い、
主人にも冷静に考えてもらうための期間と考えています。

一方主人は私が離婚へ向けて気持ちの整理をする準備期間だと認識しているようです。
「自分の気持ちが戻ることは期待しないでね」と言われましたが敢えて何も
言いませんでした。私の主人への気持ちは執着なのでしょうか?

頑なな主人と今後どのように話し合いをしていけばいいのでしょうか?
別居期間中に修復のためにできることはあるのでしょうか?

長くなってしまい、読みづらい文章でごめんなさい。
どうかアドバイスをいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

ほたるさん、ちゃんとご飯食べてますか?今寝れていますか?
毎日辛くないですか?無理してないですか?友達に頼れていますか?
ちゃんと悲しい気持ちを感じて泣けていますか?

ほたるさんの相談文を読んで、お答えしたいといてもたってもいられず
ご相談に回答させていただきました。

私も夫に離婚したいと言われ、同じく仲良くしていたと思っていたので青天の霹靂でした。
夫の意思は頑なで離婚したいと、とうとう家を出て行ってしまいました。
今も別居中です。同じような状況なので気持ちは痛いほどよくわかります。

自分の身の上話はこれくらいにして、質問に回答していきますね。

この問題はほたるさんに、たくさんの悲しみ、
苦しみを運んできましたが、ほたるさんなら乗り越えられます。
そしてこの悲しい出来事を乗り越えた時、すばらしいギフトが得られると思います。

だからほたるさんは絶対大丈夫、幸せになれます。

なぜなら、ほたるさんはものすごい愛の人だからです。
そしてご主人も、ですね。

ほたるさんは素直で、とても優しくて、自分のことより他人のことを
優先してしまうくらい、ものすごい愛情深い人なんです。

そして自分の気持ちにとても正直で、どんなにつらくても前を向きたいと
考えられる、勇気のあるすごく素敵な方なんです。

そして今はすれ違っていますが、2人に深い愛があるから、
苦しんでいるんです。

ほたるさんの文章から、愛を感じられる部分を抜粋しますね。

>主人のことが好きな気持ちがあり、離婚を受け入れられず〜
>仲が良いと思っていただけにショックを受けました。
>主人のことが好きで離れたくない気持ちが強く「やり直したい」と〜
>女性として見てもらえるように自分なりに努力をしました。
>浮気の話は一切出さず、責めるようなことは我慢しました。
>それでも離れたくなくてやり直したいのが正直な気持ちです。
>主人をさらに苦しめてしまうと思うと別れるべきなんだろうと思ったり〜
>主人の幸せを願う気持ちも自覚すると純粋に主人のことが好きなんだろうとも思えます。

これね、全部ほたるさんがご主人のことをとても愛しているから、大好きだから
なんですよ。そして自分でも気がついておられますか?文章のいたるところに、
ご主人が好きという気持ちをたくさん、書いておられます。

それは、とてもとてもほたるさんがご主人のことを好きだという気持ちが
あふれているから、文中に何度も登場しているんですね。
自分の気持ちにとても正直で、まっすぐな方なんですね。

私はこの文章を読んでいて、ものすごい暖かいほたるさんの愛を感じました。
たぶんほたるさんはすごく苦しくて、辛いと思うんです。

でもわたしはこんなにあふれるほどの、ほたるさんの愛があるなら
今は辛くてもきっと大丈夫だと確信しました。

そしてご主人の愛も私は感じました。
>頑張って信頼を取り戻そうとしていることが目に見えてわかりました。
>罪悪感で一緒にいて辛い。

無理して頑張ってたんですよね?どうしてだと思いますか?
ほたるさんへの愛があるからです。
罪悪感を感じるのはなぜだと思いますか?

罪悪感が深ければ深いほど。罪の意識を感じるのは、それだけ
相手を愛しているからなんです。

そして男性は私たち女性が思っているより、自分の感情を感じることが
とても苦手ですし自分の気持ちを表現することがとても苦手です。
だから男性の発した言葉はそのまま、真に受けないでください。

例えば「離婚したい」という言葉一つとっても背景にいろんな
感情が隠れていることが多いです。

この場合だと、「苦しそうな君を見ているのがとても辛い。君にそんな悲しそうな
顔をさせる自分は、役立たずのろくでなしだから、離婚した方が君のためなんだ」
という気持ちが隠れていたりします。

これはあくまで私の想像なので、実際はどうなのかはわからないですが
およそ似たようなことを考えているんじゃないかな〜と思います。

「自分の気持ちが戻ることは期待しないでね」というのもそうです。
「今は自分の気持ちがもどるかどうか、わからないから無責任なことは言えない。
もしかしたら戻るかもしれないけど自分で、自分の気持ちがよくわからないんだ。」

とかね。あくまで想像ですけど、このくらい男性の言葉は言葉足らずだし、
そもそも自分の気持ちが全然わかっていないんです。

じゃぁほたるさんは、今後どうしていったらいいんだろう?
と分からなくなっていると思います。私も同じ状況でしたので、
お気持ちはよくわかります。

ですから、いまできることをお伝えしていきますね。

まずはご質問の回答ですが、ほたるさんはご主人に執着はしていると思います。
でもね、執着していいんです。むしろ今はとことん執着してください。
わたしはそれだけ夫を愛しているんだ!

こんなに苦しんで別れたくないと思うくらい、執着するくらい、愛しているんだ!
あ〜、私こんなに愛してるんだわ〜ってその気持ちを受け入れてください。
今はとことん、自分の気持ちに寄り添ってください。

逆に執着を手放そうとすればするほど、今度は執着を手放すことに執着
するという、訳のわからない状態になってしまいます。
(私が経験済みなんですね、これ。)

ご主人が辛いだろう、とか。別れた方がいいんじゃないのか?とか
その気持ちは一旦脇に置いておいてください。

ご主人は宇宙へ旅に出たんだ!という気持ちで一旦ご主人のことを
考えることはやめて、自分と向き合うことに集中してください。

「解放してほしい」これも無視してください。
いったんご主人のことは脇に置いて、自分の気持ちを最優先してください。

何回も同じことを言っていますが、ご主人のことは脇に置いて自分と向き合う
ことを優先してください。

だから別居するというのは、むしろその方がいいと思います。
顔を毎日合わせながら、夫のことを考えるな、自分と向き合え!!と言われても
状況がそれを余計難しくさせるからです。

お互いに別居をして、その間ほたるさんはとことん自分と向き合ってください。
私の本当の願いはなんだろう?どうしてこの問題が起きてしまったんだろう?
何が原因で夫とすれ違ってしまったんだろう?

このあたりをご自分でとことん考えて、向き合ってほしいんです。
この相談文だけで、どうしてすれ違ってしまったのかを推察するのは
正直言って難しいです。

カウンセリングであれば、経緯や他のことを色々お聞きして、
一緒に考えることもできるのですが…。

あとは、あくまで推測になりますが、レスになるのは基本的に
コミュニケーションに問題があることが多いです。
浮気をするのも、なにかしら男性が満たされない思いを抱えていて。
それを外で解消しようとしていることが多いです。

でもこれは、ほたるさんだけが悪いわけではありません。
全ての問題はフィフティーフィフティー。お互いに問題があるからです。
だからご自分を責めるのはやめてくださいね。

自分を責めれば責めるほど。
ほたるさんが幸せになることから遠のくからです。
目指すゴールは、ほたるさんが幸せになることだと私は思うんです。

それは、ほたるさんが幸せになればなるほど、ご主人の罪悪感が
減っていくからです。今はそう思えないかもしれませんが、ほたるさんが
必ず幸せだと感じられる状態になることはできます。

そのためにやることを提案しますね。

  • 自分が好き、幸せ、楽しいと思うことをとことんする。
  • 自分の気持ちに嘘をつかない。自分の気持ちにとことん正直になる。
  • 自分をとことん甘やかす。
  • たくさん泣いて、話を聞いてもらって感情を出しまくる。
  • 夢中になれること、ライフワークを見つける。
  • アファメーションをつぶやく。(肯定的自己暗示と言います)

「私は私、彼は彼。
私は私で幸せになれるし、彼は彼で幸せになれる」
と気が向いた時にぶつぶつとつぶやいて見てください。

そしてできれば、カウンセリングを受けてみてほしいです。

私も夫が出て言って、一年ちょっと。
たくさんカウンセリングを受けたおかげで、今はとても幸せだと思える
状態になれました。

相変わらず夫は家出中ですけれどね。

そして不思議なんですが、私が幸せな状態になり、
執着が手放せた状態になると、本当にわたしは夫でいいのか?
と思うようにもなります。

だからほたるさんは、今は夫を信頼して待つ。
そして自分を信頼して、待つ。

このあたりの記事も参考にしてくださいね。


自分の感情をとことん受け入れて、自分の幸せを追求する。

それができれば、不思議と状況が変わらなくてもほたるさんは
元気に、幸せになれます。

そして時が来たら。きっと色々と動き出すと思います。
だから心配しないでくださいね。
絶対ほたるさんは、大丈夫ですよ(^^)

さよなら さよなら さよなら。
また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。


一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP