新年は病気のオンパレードでデトックス

じぶんごと
https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2023/05/profile3.jpg
一水みゆき

なぜか頼れるお父さんと言われる心理デザインカウンセラーの一水みゆきです。

みなさま、あけましておめでとうございます。(遅)

年末年始、体調不良とバタバタでやっとブログをアップできました…。

年始は、ほぼ寝正月でした。意図的にダラダラした日と、意図しないでダラダラした日も含めてほぼナーンもしてません。

自分でもびっくりです(笑)

ホームページリニューアルしたり、カウンセリングページ変更して募集かけるぞ!と言っていたのに。

これじゃまるでやるやる詐欺やん、と自分でツッコミを思わず入れましたもん。

でもねぇ、しょうがないんですよ、うん。

聞いてくれます?年末のご挨拶にも少し書きましたが。

息子:溶連菌→蕁麻疹→インフルエンザ→おちんちんの炎症
わたし:喉の痛みと微熱→膝の痛みと高熱、歩行困難→蕁麻疹

こんな感じで病気と怪我のオンパレード!もしかしたら今、わたしの人生史上初ありえないほどのデトーーーーーックス!

これはきっと、デトックスなんだと思いたいくらい、しんどかったですね、ほんま。

もちろん、わたしは年末年始ずっと悲惨でした〜!と言いたいわけじゃなくて。わたし、すごくいい人に恵まれてるし、めちゃんこ愛されてるな、と。今回の出来事から改めて感じられたんです。

息子の病気の時は、主にわたしが看病したり病院に連れて行っていました。もちろん保育園に行けないので、会社が配慮してくれてずっと在宅勤務をしていました。

ありがたいな〜と感じたし、やさしさがおでんの大根みたいに、じゅわっとわたしの心に染み入りました。

やっと息子が元気になってきたな〜と思ったら、ど〜もわたしの体調がスッキリしない。

常に体温が高い気がするし、喉がイガイガして、咳がコンコン、と夜に特にひどい。

年明け2日間くらいお出かけしたら、疲れてお昼寝しちゃうくらいに疲れてました。これはゆっくり休めってことだな〜と思ったわたしはここぞとばかりにダラダラしました(笑)

寝転がりながら、スパイファミリーのアニメを見たり。全巻無料のゴールデンカムイを完全読破してみたり。ダラダラを満喫。

よっしゃぁ!これだけダラダラしたらエネルギーチャージできたっしょ!

そろそろブログに手をつけようかな〜🎵と思ったら事件は起きたのです。(別に事件じゃない)

息子が年明けに「おちんちんが痛い」というので病院にいきましたが、おしっこをする時にまだ痛いと言います。

おしっこしたいのに、痛いから怖くてできないよ!泣きながらトイレで葛藤する息子を励ますために、子供用の椅子をトイレに持ち込み、励ましていました。

椅子に座る→トイレで励ます→怖くてできない→わたしがイライラして立ち去る、というパターンをエンドレスしていたら膝を痛めたのです…。

おバカなわたしは、膝が痛い時はストレッチや!と痛いのに無理をして入念にストレッチ。

次の日すでに膝が痛くなっていたのに、膝が曲がらない姿勢なら乗れるわ!と、なんと根性で自転車を漕いでしまったのです。(良い子は真似をしてはいけません)

その夜から、膝が明らかに腫れて、歩く時に体重をかけると「痛っ」と思わず声がでるようになってしまいました。

普通に歩けなくて、ヒョコヒョコとびっこを引かないと歩けなくなってしまうくらい膝が悪化。

そしてなぜか38.7度の高熱まであって、もしこれが細菌感染だとやばいと思い。祝日だったので、友人に頼んで車を出してもらい、救急外来で受診したんです。

膝の水を抜いてもらって、少しマシになりましたが熱もまだあるし、ぼうっとしてまだしんどい状態。

でも翌日の専門医の診察で、注射してもらい。わたしの膝は回復してきて、熱もいつの間にか出なくなりました。

この時にすごくわたしいろんな人に助けてもらったんです。

親友が夜も遅いのに、車を出してくれたこと。

ママ友が心配して、祝日もやっている病院を探してくれたこと。

実母が息子の送迎をするために何度も家に来てくれて、買い物や息子のお世話をしてくれて。

実母が仕事の日は、実父が息子のお迎えに行ってくれました。

会社の人も心配してくれて、年明けて一度も会社に行かずに、こころよく在宅勤務をさせてくれたこと。

胸に手を当てると、胸の奥がポカポカして、あったかくなる。

自然と「ありがたいなぁ」という気持ちが湧き上がってきて、陽だまりの中にいるような心地よさを感じました。

「わたしまるでお姫様みたいだのう。えへへ。」

そして歩くたびにつっぱっていた膝の感覚は、だんだん元通りになってきて歩きやすくなってきました。もちろんまだ無理はいけないけど、治ってきたぞ〜と喜んでいたら…。

かゆい…。

かゆい うま

かゆいぞ。

腕を見ると、赤いぶつぶつのような膨らみが、まだら模様みたいに広がっていました。

オーマイガッ!これ蕁麻疹やんか〜!なんでじゃ〜!!!

何回病院行くねん、と心の中で泣きながら、もはや病院通いに慣れすぎたわたしが、手際よく近所の皮膚科にすぐ予約。

翌日に診察してもらったのですが、どうもわたしの免疫が弱まっていたせいで蕁麻疹として出てきたようです。

とほほほほ。

でも薬を飲んだらすぐ引いたんですよね、お薬すごい。

そんなこんなで散々なデトックス正月でしたが、わたしにとっては「わたし愛されてるな〜、周りの人に恵まれてるな〜」と再度気が付く良い機会になりました。

歩けるってありがたいし、こんなに助けてもらえるってことを今までわたしは全然知らなかったな、と。

今までのわたしなら、迷惑をかけるからって1人で頑張ってしまうところでした。

でもできることはなるべくやるけど、できないことはお願いして人に頼る。

そんな当たり前のことを、やっとできるようになったら。

やっぱり「せかいは優しい」と感じる出来事ばかりでした。

みなさん、ちゃんと人に頼ってますか?1人で抱え込んでませんか?

そんなあなたはぜひカウンセリングに来てくださいね〜。


ご意見ご感想はこちらから。
カウンセリングのお申し込みはこちらから。

さよなら さよなら さよなら また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。



↓絶賛申込受付中、不安と恐れの心理学セミナーです!

私のLINE公式アカウントではブログの更新情報、読者限定特典、ブログには書かないプチコラムやプライベートを配信。
アファメーションブックが特典としてもらえます。

スマホで見ている方はこちらをクリック↓

友だち追加

パソコン、タブレットで見ている方はこちらのQRコードをスキャンして友達追加。
もしくはお友達を追加で@296mlsdfを検索してください。

変わりたいあなたのためのカウンセリング。問題解決へのプロセスをデザインします。

一水みゆき

一水みゆき

『なぜか頼れるお父さんと言われます』30~40代の離婚・パートナーシップ・人間関係に悩む女性の問題を解決。6歳息子の愛の奴隷。セミナー講師。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

一水みゆき

一水みゆき

《人生どん底でも大丈夫!幸せになれます!》30・40代女性の夫婦・子育て問題解決のマインドや、自己肯定感UPの方法を発信!|デザイナー歴18年のカウンセラー「心理学×デザイン思考」で悩みをビジュアル化して解決|夫と別居でどん底→心理学を学ぶ→マインドが変わり幸せな状態に|4歳男児の母|シングルマザー

TOP