嫉妬しすぎて辛い疲れた時は。嫉妬を嫌わず、そんな自分を受け入れたら楽になる。

ココロノマルシェ(相談)

嫉妬しすぎて辛い疲れた時は。嫉妬を嫌わず、そんな自分を受け入れたら楽になる。

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2022/04/icon2-300x300.jpg
一水みゆき

なぜか頼れるお父さんと言われる心理デザインカウンセラーの一水みゆきです。

こんばんは〜。やっと病み上がりの体力もだいぶ戻ってきて通常運転になりつつあります。しかし衰える時って上半身から衰えるんですね…恐ろしや。筋トレしてるから顕著にわかりますね。下半身はやっぱり筋肉が落ちづらいようです。歩くもんねぇ。

涼しいと思ったら残暑もまだまだ厳しいので皆様も体調を崩されないようにお気をつけて!そしてハードワークしすぎたので今月は新規のカウンセリングの募集はしておりません。もし受けたいと思ってくださったらこちらからお問合せくださいね。

本文に入る前にお知らせ。私のLINE公式アカウントでは毎月読者限定特典を用意していたり、プチコラムを配信。ブログの更新情報もありますのでポチッと登録!アファメーションブックも特典としてもらえます。

追加で更なる特典も準備中なので、先に登録しておくとお得かもですよ…むふふふ。

ja.png


 

さてさて前置きはそのくらいにして、今日はココロノマルシェに回答します!

ココロノマルシェとは、根本裕幸の「お弟子さん制度」
を卒業したカウンセラーがあなたの相談にお答えするページです。

今回のご相談は、こちらです。

同僚の恋愛話を聞くのが辛いです

相談者:あずさん

こんばんは。初めて相談致します。同僚がほぼ毎日彼氏に関わる話をしてきて、正直うんざりしています。年明けぐらいに結婚を考えているそうで同棲をどうするか、お金をどうするかなど毎日のように彼氏の名前が出てきます。

興味がないので話を聞くのが面倒という事と、自分と比べてしまって苦しくなる時があります。私もお付き合いしている彼がいますが、最終的に結婚を考えているけれど今は結婚は考えられないと言われています。

私と彼で結婚について話し合った上でお付き合いを続けているのに、同棲やら結婚が進んでる同僚と比べてしまい私は前に進んでいるのだろうか?と不安やら嫉妬やらで嫌な気分になります。

不安や嫉妬で自分が嫌になったり心が苦しい時はどうしたら良いのでしょうか?あ〜また彼氏の話か…と思ってしまい心が疲れてきてしまいました。

あずさん、この度はご相談ありがとうございます。早速お答えしていきますね〜!

まず1つ目は嫉妬している自分を受け入れてあげましょうということ。
そして2つ目が嫉妬するということは、本当は私がしたいことをほかの人がしているのがうらやましいんですね。それは痛みがあるんだということにまず気づきましょう。

そして、じゃあ自分はどうしたいの?っていうことを考えてみてほしいというのがアドバイスです。じゃあ嫉妬してる自分をなんで受け入れないといけないんだ?って思うかもしれないんですけれど。

まず人に嫉妬する時って、その人に対して嫉妬するっていう嫌な気持ち。そしてその上で嫉妬する自分はダメだ!こんな風に思う自分が嫌い。そうやって自分を責めるんですね。嫌な気持ちになった事にプラスして、そんな自分ダメだって責めちゃう。

だから×2で自分に対して痛みを感じるようになっちゃうんです。だから嫉妬する自分を受け入れてあげるっていうことは、2つある痛みのうちの一つを取ってあげるっていうことになるんですよね。

そして嫉妬している自分を受け入れるっていうことは、自己受容というものにもつながります。

「私は本当は結婚したいんだ。彼氏と本当は同棲についてとか、お金どうしようとかそういった話をしたいんだ。だから同僚の話を聞くと嫉妬しちゃうんだ。私本当は不安なんだ。」

こんな感じで、自分を受け入れてあげる。それって私はこういう状態だから、この人に対して嫉妬するんだねっていう自分を自覚することだし、そのことを理解した上で受け入れてあげる。

「だってしょうがないよね、私本当は結婚したいって思っているんだから。」
「こんな話聞いたら嫌な気分になるじゃん、しょうがないじゃん。」

まずこれができるようになるだけで、気持ちが軽くなる。しょうがないって受け入れられているからね。

私の話で恐縮なんですけれど、タイムリーに先日嫉妬した話がありまして。

私は2人目が欲しかったけれど、それが叶わなくて結局離婚したんです。その事自体は後悔してないし、今はねだいぶ幸せになったなーって思うんです。

うちの会社にね、営業の女の子がいるんです。20代の若い子なんですが、いつの間にか一人目を妊娠したと思ったら産休に入り。2年後ぐらいにね帰ってきたんですよ、つい最近。そしたらね、今度2人目が出来ました!って言ってね。

また秋になったら産休入っちゃうんですよ。で、仕事上関わりがあったのでこの前打ち合わせしてたんです。私の目の前に立ったんですよ彼女。大きいなお腹が見えたわけです。その時嫌な気持ちがむくむくと湧き上がってきたんですよ。

ああ私めっちゃ嫉妬してる〜ってその時自覚したんです。どんな気持ちかという嫌な感じなんですけど、これが私だからしょうがないと思って。皆さんにおっぴろげ〜しちゃいますね(笑)

「1人目妊娠したと思ったらもうすぐ2人目ってなんだよ!私はこんな苦労してんのにさ。こんなあっさり2人目妊娠してさ〜、こんなあっさり幸せになりやがってむかつく」みたいな気持ちが湧いてきたんです。え?こわい?やだ〜、引かないで(笑)

私その時、あた嫉妬してるわ〜やべ。ジェラってるわ〜って思ったんです。

ここでね、今までの私と違うのは自分を責めないことなんです。

そりゃしょうがないよね〜。離婚したいって言われてカウンセリングいっぱい受けてさ。泣いて泣いてしんどい思いして苦しみながらさ〜、やっと離婚しようって決めて幸せになった。

それぐらい頑張ってたのにさ〜、こんなにあっさり2人目も妊娠してさ〜。そりゃムカついてもしょうがないよねって思ったんです。別にその子のことが嫌いなわけでもないし、その子に罪がないのもわかってるわけです。

でもそんなふうに思っちゃう自分を受け入れてあげたんです。その時は嫌な気持ちになるんですけど、引きずらないんですよ。自分自身を受け入れてあげてるから。

だからね〜、まず嫉妬している自分を受け入れてあげるっていうのはすごく大事。

その次なんですけれど、それでじゃあどこに痛みがあるかっていうことを自覚するってこが大事。これは明らかにわかりやすいですよね?

結婚したいって自分が思ってるのに、まだ結婚を考えられないという彼に対して不安を感じちゃってるんですよね。ここが痛みの部分ですよね。

じゃあこの痛みに対して、自分はどうしたいの?っていうのがポイントなんですよ〜。ここ大事。彼氏が結婚してくれないから私は不安になるんだ!っていうことで終わっちゃうと彼氏のせいにして終わっちゃうんです。これって他人軸っていうんですね。

他人軸のねダメっていうかしんどい所は、人のせいにするからいつまでたっても改善せずにしんどい気持ちが続くことなんです。じゃあこの問題を自分軸で考えましょう!って事になるわけです。

私は彼氏と結婚したいんでしょうか?それとも結婚がしたいんでしょうか?どっちなのかなって。私どうしたいのかなって。自分の心に聞いてみてほしいです。

カウンセリングに来られたら、ここは必ずお伺いすると思います。何が大事かっていうと、例えば私は結婚がしたいんだと。しかも早く結婚したいんだっていう場合。

じゃあこんな結婚してくれない彼氏だったら私いらない!次行こうっていう選択肢もありますよね。

でも私彼氏が好きだから、この彼と結婚したいんだ!であれば。じゃあ私彼と結婚したいんだね〜。 じゃあ私どうする?今は結婚したくないって言ってるけど、じゃあいつまでなら待てる? ずっと期限も決めずに待てる?

待つんだったら、私はいつまでなら待てるんだろうか?ここまで自分の心に聞いてみてほしいんです。

大事なのは自分で選べるっていうことなんです。

彼氏と結婚したいから私待つわ、と決めたんだったら。自分がそう決めたから待てるじゃないですか?例えば2年だったら待てるって思ったら、その2年を目標にできる。自分が決めたんだからね。

私すぐ結婚したいんだ!であればその気持ちを彼氏に伝えてみるっていうのも手なんです。でも彼氏がいや、今は無理だってどうしてもおっしゃるんでしたらどうしようもないじゃないですか。悲しいけどね。

人の気持ちは変えられないから。どうしようもないんです。そうなった時に、「じゃあもういいわ、次行くわって」言える自分かどうかっていうことなんですね。

自分軸がしんどくないのは選択肢がたくさんあって、それの中からどれにしようって自分が選べるからなんです。あずさんがしんどくなっているのって、私彼と結婚したいんだ。彼が結婚する気になるまで待つしかない。選択肢が無意識にそれだけになってませんか?って事なんです。

だからね自分がどうしたいのかっていう選択肢を自分で用意してあげてほしいんです。その上でじゃあ私はどれを選ぶ?って。何度でも言いますが、私がこれを選ぶって決めることが大事なんです。

例えば彼氏さんに、私2年までは待つけどそれ以上は待てないって宣言しちゃうとか。もしくは2年の間にどうやったら彼氏をその気にさせることができるのかな?作戦を考えてみるとかね。主体的に、自分がどうしたらいいかっていう行動が選べると思うんです。

自分がどうしたいかを自分で選ぶ。そして嫉妬している自分を受け入れてあげる。

それで同僚さんへの対応なんですけれど、本当にね毎日毎日聞くのが嫌っていうのはあるじゃないですか。それがたとえ嫉妬がなかったとしてもね。

いやいやお前の彼氏の話なんか毎日毎日聞きたくないんだよって思うのおかしくないと思うんです。それをねちょっと遠まわしに伝えてもいいし。

この人が話しかけてきそうになったら、ちょっとね席を立つとか。ごめんちょっとトイレ行きたいのって話を遮っちゃうとか。ごめんちょっと今日用事があるから、と言って席外しちゃうとか。 避けることで私あなたの話聞きたくないんだよって意思表示してもいいですし。

本当にごめんね、さすがに毎日そんな話ばっかり聞くのしんどいんだわって。正直に伝えちゃうっていうのも私はありだと思うんですよ。それで離れて行くならそれでいいじゃないですか。もしかしたら他の人も同じようなこと思ってたとしたらその同僚が気づくかもしれないし。

嫌われたらどうしようって思うかもしれないですけど、 あづさんが毎日毎日言われて嫌だって思う気持ちは大事にしてほしいんです。それってこの同僚の方に嫌われることと、あずさんが毎日毎日しんどい思いするのとどっちを大切にしたいですか?

私はあずさんのしんどいって思う気持ちを大切にして欲しいと思うんです。勇気を出して、自分のために。毎日この話はやめて欲しいって伝えてみる。そういったこともぜひ考えてみてほしいと思います。

まずは嫉妬している自分を受け入れてあげましょう。その上で私はどうしたい?っていうことを考えてみてください。もし1人で難しい場合は、カウンセリングもご利用くださいね。あずさんの心の平和を願って回答しました。

↓スタンドFMの音声での回答はこちらから

ご意見ご感想はこちらから。
カウンセリングのお申し込みはこちらから。

さよなら さよなら さよなら また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。


一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と離婚したシングルマザー。4歳男児の母。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

一水みゆき

一水みゆき

《人生どん底でも大丈夫!幸せになれます!》30・40代女性の夫婦・子育て問題解決のマインドや、自己肯定感UPの方法を発信!|デザイナー歴18年のカウンセラー「心理学×デザイン思考」で悩みをビジュアル化して解決|夫と別居でどん底→心理学を学ぶ→マインドが変わり幸せな状態に|4歳男児の母|シングルマザー

TOP