誰も私をわかってくれないと思った時の心理と、解決するための方法。

心理学

誰も私をわかってくれないと思った時の心理と、解決するための方法。

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2021/01/plofile2.jpg
一水みゆき

こんばんは〜。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきです。

メルマガと、カウンセリング募集ページがまだできてないんです。
今夜必ず、仕上げる〜!!と追い込まれております。

昨日はあまりに疲れが溜まってたので寝ちゃいました。てへ。
いつもギリギリの女でございます。

さて、今日はココロノマルシェに回答します!
※ココロノマルシェとは、根本裕幸の「お弟子さん制度」
を卒業したカウンセラーがあなたの相談にお答えするページです。

今回のご相談は、こちらです。

結婚相談所のカウンセラーさんといつも喧嘩になってしまいます

相談者:エンドウさん

こんにちは。
現在、私の悩みを解決するサポートをしてくださる心理
カウンセラーの方を探しています。
今回ご回答いただけた方の中から、相性の良さそうな方に
ぜひ個別カウンセリングをお願いしたいと思っています。
以下に相談内容と質問事項を記載いたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

【相談内容】
私は過去6件もの結婚相談所に登録してきたのですが、
いつも同じようなパターンで成婚しないまま退会してしまっています。
最初はカウンセラーさんも「あなたならすぐ結婚できる」
と(恐らくは本心から)言うのですが、
しばらくするとカウンセラーさんと口論するようになり、
私がイヤになって辞めてしまうのです。
異性との交際どころか、まずカウンセラーさんと上手く
行っていない状況です……。

よく考えたら、仕事でも上司と喧嘩して2年以内に
辞めるというパターンを繰り返しており、
私としては、自分のコミュニケーションのあり方に問題意識を感じています。

カウンセラーさんとの喧嘩は、
「私のことをわかってくれていない」「私の言いたいことが伝わっていない」
と感じたことを発端として起きていることが多いように思います。

最初は私も「いい子」ぶって、お見合い相手のことを良いように
報告するのですが、実は最初からお相手に対して何かしらの違和感を
感じており、「でもカウンセラーさんが折角進めてくれるから……」
「私もいい年齢だし、贅沢を言える立場じゃない」
などの思いから、その違和感を我慢し続け、結果、ある時一気に
爆発してしまう、という感じです。

【質問事項】
①同じようなパターンを繰り返してしまう原因はなんだと思いますか?

②①を踏まえ、どうすれば同じパターンから抜け出してカウンセラー
さんと良好な関係が築けると思いますか?
良好な関係=「私のことをわかってくれている」という気持ちを持つ
ことが出来ている、という状態です。

エンドウさんこんばんは。
私、一水みゆきが回答させていただきますね。

エンドウさん、ズバリ仕事のデキる女だと私は感じました。
相談内容、質問事項と項目分けをして読みやすい相談文。
客観的に自分の状況や感情を分析し、それをしっかりと書かれている。
正直、答えは全部相談文の中にあるな〜とさえ思うほどです。

相談から少しお時間たっておりますが、良いカウンセラーさん
見つかりましたでしょうか?

さて、まずご質問の回答から。
【質問①への回答】
エンドウさんの中に「誰も私のことをわかってくれない」という
固定観念、心理学ではビリーフと言いますが、それがしっかりと
無意識の層にまで浸透されている結果かな?と思います。

【質問②への回答】
1.どうすれば私の気持ちが伝わるだろう?と考えて行動する。
2.まずは自分に本音を出すことから許可し、徐々に他人にも出せるようにする。
以上です。以下の文で説明していきますね!

エンドウさんの中にはしっかりと根付いた
「誰も私のことをわかってくれない。」というビリーフ(観念)が存在します。
それがその通りの現実を作っているということです。

エンドウさんが本音を誰にも伝えない→相手に伝わらない→その結果
誰もわかってくれないという状況を生み出します。
相談文の中にもちゃんと書かれていますよね?

「いい子」ぶって、お見合い相手のことを良いように報告→
相談所のカウンセラーさんがうまくいっているとおもう→
実際は違和感があり我慢しているので、どうしてわかってくれないの?
そう思って爆発してしまう。

多分、詳細が書かれていないのですが上司と喧嘩してしまうのも
同じパターンではないでしょうか?
カウンセリングであれば、ここは必ずお聞きすると思うのですが。

例えばですね、私が彼氏とデートで食事をする店を探しているとします。
私は実は、ラーメンが大好きだとしますね。(実際に好き♥)
でも彼氏さんは良かれと思って、イタリアンに連れて行ってくれました。

私はカウンセラーさんに、このように報告します。
「彼が、とても素敵なイタリアンに連れて行ってくれたんです。
めーっちゃ嬉しかった!!」

それを聞いたカウンセラーさんは、あぁうまく行ってるのね。
本当によかったわ!!!そう思います。
「イタリアンに行って美味しかったの?素敵やん!その人にしちゃいなよ!」
と言います。

「でも私は本当はラーメンが食べたかったのに…」
「でも、彼が私のために連れて行ってくれたんだから喜ばなきゃ…」
私は本当は、ラーメンが食べたいのです。

彼はデートに行くたびに、イタリアンやら、フレンチに連れて行きます。
その度に、私は喜び、彼も嬉しくなってそのお店に行きます。
でも本当はラーメンが食べたい私。

「その彼、ホントに素敵やわぁ〜。私が結婚したいくらい」
とカウンセラーさんは言います。ここで私は爆発します。

「わたしはホントはラーメンが食べたいんやぁぁぁぁぁ! 
なんでわかってくれへんの????」

なんとなくわかってもらえましたでしょうか?

だって私一言もラーメン食べたいって言ってないんですよ。
だから私の気持ちは伝わってないわけです。
だから「私の気持ちはわかってもらえない」と思うのです。

ご自分でも書かれていますよね。
>「いい子」ぶって、お見合い相手のことを良いように報告する。
これって自分をいい子に見せたい。本音をちゃんと伝えてないんです。

>「でもカウンセラーさんが折角進めてくれるから……」
「私もいい年齢だし、贅沢を言える立場じゃない」
これもそうですね。自分自身にすら、自分の本音をごまかしているんです。

想像なんですけど、きっとエンドウさんこう思ってらっしゃいます?
私はこの人、なんかやだなぁ。(でも、いい人だしそんな風に思っちゃダメ)
なんでかわからんけど、違和感あるなぁ。(きっと気のせいよ)

こうやって出てきた本音を、いい子のエンドウさんが否定してません?
ここで疑問が出てきます。
自分の本音を出せない理由ってなんでしょう?

  • いい子でいたいから?
  • 悪く思われたくないから?
  • 相手に申し訳ないから?
  • 自分なんて本音を出すような価値がないから。
  • 自分の本音を出したら、何か良くないことが起こるから?

さらにここに質問を被せるとしたら。

  • 自分のことを本当にわかってほしいと思ってる?
  • 自分のことをわかってもらうためにちゃんと伝えてる?
  • もしかして、自分のことをわかってもらうと困ることない?
  • 自分のことをわかってもらったら、どうなると思います?

多分、この辺の質問を怒涛のように浴びせると思います(笑)
そしてもう一つ。

自分のことをわかってもらえないことに、メリットはある?

そんなアホな。そう思いますよねぇ〜。なんでわかってほしいって
言ってるのに、わかってもらえないメリットがあるねん!ってね。

面白いことに、人間は自分にとってメリットがないことはしません。
例えば私がダイエットをなかなか、進められないんですけど、
そのメリットってなんだと思います?

痩せないメリット=好きな食べ物が食べられる。
逆に言えば痩せるメリットが、好きなものを食べられる
メリットを超えてないんですね。

エンドウさんのわかってもらえない事で、生まれるメリット
思いつきましたか???あくまで私の想像で言ってみます。
違ってたらごめんなさいね。

わかってもらえない事で、怒れるんですよ。
わかってもらえないことで、もし自分が本音を伝えても
傷つかないで済むんですよ。

わかってもらえないから、うまくいかないって
言い訳したり、うまくいかない理由を見つけられるんです。

嫌な気持ちになったらごめんなさいね。
あくまで想像なので、エンドウさんにお聞きしてみないと
わからないんですけどね。

そして「誰も私のことをわかってくれない」というのは
もれなく自分自身にもやっていることが多いです。
そして他人にもやっている場合もあります。

主語を私に置き換えてみますね。
「私は、私のことをわかってくれない」

主語を他人に置き換えてみますね。
「私は、他の人のことをわかってあげない」

この言葉を声に出して読んでみてほしいんです。
どうでしょう?なんかちくっとしましたか?
なんか、もやもやしたりしましたか?

さて、ここでさらに質問です。
エンドウさんはどうしたいですか???

私のことをわかってほしいなら、他人を理解しようとしませんか?
私のことをわかってほしいなら、まず自分自身がわかってあげましょ!
自分の本音を、ちゃんと自分で認めてあげてましたか?

ちょっと考えてみてくださいね。

どうでしょう????

もしできてないなら、ごめんね、わたし。
私自身にゴメンネ♥してあげてほしいんです。
いきなり他人に自分の本音をぶつけろとは言いません。

でも自分自身には、自分の本音を認めてほしいです。
そっか、私この人のこと嫌だって思ってるんだな〜とか。
私この人とは付き合いたいと思ってないんだな〜とか。

そんなことを思っちゃダメ!じゃなくて
そういうふうに思っちゃうんだね、そうか〜。
しょうがないね〜って自分の本音を認めてあげてください。

多分相談文を読む限り我慢しちゃって、認めてあげられて
ないような気がするんですが、どうでしょうか?

カウンセリングであれば、どうしてエンドウさんはこんなに
「誰も私のことをわかってくれない」ってビリーフ(観念)を持って
しまったんでしょうね〜?いい子になろうとするんでしょうね?

ってそこも深堀するでしょうか。

この相談文からだけでは、推測すら難しいので一旦脇におきますね。
この観念(ビリーフ)を外すには、そこを深掘りしないと難しいので
そういうビリーフが自分にあるということを、認識してみてください。

あるいは、「みんな私のことをわかってくれる」という
アファメーションを呟くのもありだと思います。

アファメーションについてはこちらを参照してください。


エンドウさんに私が提案できることは以下の通りです。

  1. まずは自分の本音を認めてあげて、「自分が自分のことをわかって」
    あげましょう。いい子をやめるってことに繋がりますね。
  2. それと同時に、相手のことも理解しようとしてみましょう。
    自分がわかって欲しければ、まずは自分が先にそれをすること。
    そうすれば自分の望む結果が得られることが多いです。
    与えよ、さらば与えられん。の精神ですね。
  3. 1と2ができるようになれば、徐々に他人に自分のことをわかって
    もらえるように行動です。どうすれば自分の気持ちが伝わるか、
    考えてそれを言ってみましょう。

以上が私からの回答です。エンドウさんが楽しく婚活ができて、
素敵な方と出会えるように祈っております。

私のカウンセリングに来ていただければ
質問責めをして、あなたの奥底にある気持ちを
あぶり出しちゃいます☆

さよなら さよなら さよなら。
また明日。
心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。


悩みが消える。8日間のメルマガ講座。変わりたいけど、変われない。そんな悩みを抱えているあなたへ。

一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と別居中。3歳男児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP