心理学用語解説

初心者でも面白くてわかりやすい心理学用語の解説 ④マズローの6段階欲求説

心理学を勉強した事がない人でも、聞いた事がある人が多いと思います。
アブラハム・マズローという心理学者による欲求6段階説。
ビジネス系の自己啓発本などにもよく載っている著名な説です。

第1段階…生理的欲求
食う、寝る、食べるなど人間が生きていく上で必要な基本的欲求。
第2段階…安全欲求
安心して生きていくための欲求。経済的安定・健康であることなど。
第3段階…社会的欲求
自分が社会や、他人から必要とされているという感覚。愛を求め孤独を恐れる。
第4段階…承認欲求
他者から価値ある存在と認められたい。地位や名声、注目を得たいという欲望。
第5段階…自己実現欲求
自分の力を最大限に発揮し、自分の夢を叶えたい。自分らしく生きたいという欲求。
第6段階…自己超越欲求
全体の2%程度しかいないと言われる。欠乏感から解放され、自我を超越した状態。

第1段階〜第4段階は欠乏的欲求

マズローの欲求の1〜4段階までに関しては欠乏的欲求と言われています。
簡単にいうと、満たされないものを満たすための欲求。日本人は基本的には1〜3が
満たされていて、4の状態にある人が多いのかな?と思います。

そして一番厄介なのが第4段階の承認欲求だと思います。
自分の行動の原理が、他人方認められたい、他人から褒められたい、他人から注目
されたい。そう、すべて主語が“他人”の他人軸なんです。

この第4段階の欲求で止まっていると、他者からの承認を求めるために行動する。
それは=自分の人生を生きていない、他者の人生を生きていることになります。

マズローはこの低いレベルの承認欲求にとどまり続けることは危険である、と
いっています。この承認欲求が満たされないと劣等感、無価値観を感じるようになります。
そして、常に他者からの評価でしか自分を認められないので、生きづらくなります。

自己実現欲求 まず目指すはここ

第4段回までが欠乏的欲求だとしたら、第5段階は成長的欲求です。足りない、
満たされない思いからの欲求ではなく、成長したいという動機から生まれます。

他者や環境のせいにせず、自分のしたいこと、自分の好きなこと、自分の心地
良いことを基準にして行動します。そう完全なる“自分軸”ですね。
自分軸については以前こちらで説明しています。

 

あるがままの自分を受容し、自分のなりたい姿、自分の能力を開花させる。
なかなか到達するのは難しいと思いますが、ありのままの自分を受け入れ、
他者に寛容になり、自分の価値を信じることができればいいんだと思います。

わたしはまだここまで到達しておりません。片足ぐらいは突っ込んでるかな(笑)

毎度のアドラーで絡めると、これは共同体感覚に近いのかな、とわたしは思います。

そして第6段階である自己超越

マズローは、この段階にある人間は2%ほどしかいないと言っています。
この自己超越という論は、マズローが晩年に研究したとされています。
有名な人物でいう方がわかりやすいかもしれません。

マハトマ・ガンジー、マザー・テレサ、 ナイチンゲール、杉原千舟、
キング牧師、マンデラ大統領など。

なんとなくイメージがつきますでしょうか?自分、という枠を超えて
世界のために自分が貢献する。そのために生きる人々です。

ここまで大それたことでなくてもいいんです。
少しでもいいから、世界をよくしたい。
そのような志を持って行動することです。

自分のために生きるのが利己主義であるなら、世界のために生きる。
利他主義とも言える、恐ろしいほどの人格者なのです。
自分が究極まで満たされると、こんな感覚になるのかもしれません。

自己超越に至る人は、悟っているような人です。
自我の消失、雑念に囚われず感情が安定する。欠乏感を感じない。
ハイヤーセルフ、ワンネスなどとも言われます。

欠乏感から解放され、自分の存在を超えて、幸福感を感じる。

わたしは死ぬまでにここにたどり着きたいです(笑)

あ、関西弁のコーナーは気まぐれにします。
毎回入れるとしんどいので!てへ。

さよなら さよなら さよなら。
また明日。

一水みゆきでした。

子供は親に愛を伝え、癒しをくれる。前のページ

こころのデザイナー。コーチ・カウンセラー一水みゆきです。次のページブログのトップ画像

関連記事

  1. 心理学用語解説

    初心者でも面白くてわかりやすい心理学用語の解説 ②信頼

    初心者でも面白くてわかりやすい心理学用語の解説第2段は“信頼”です。…

  2. 心理学用語解説

    初心者でも面白くてわかりやすい心理学用語の解説 ①自己肯定感

    初心者でも面白くてわかりやすい心理学用語の解説を作っていきたいと思いま…

  3. 心理学用語解説

    初心者でも面白くてわかりやすい心理学用語の解説 ③自分軸と他人軸 〜他者承認の否定〜

    初心者でも面白くてわかりやすい心理学用語の解説第2段は“自分軸”と“他…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 心理学

    わたしは別居中の夫を待つと決めたはずなのに、つもりだった。何てこった他人軸!
  2. 心理学

    わたしは最低な母親。〜自己否定と罪悪感。頑張らないと愛されないを息子にしていた〜…
  3. 心理学

    自分の感情がわからない。怒りで感情に蓋をすると起こる問題とは?感情の層から考える…
  4. 心理学

    感情の蓋が外れたら… 〜弱くて、黒くて、ダメなわたしがいた〜
  5. 年下彼氏・年下夫のこと

    年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード① 〜出会い編〜
PAGE TOP