【残2】12月11日(日)「リアル・お恨み帳の会」年始年末に怒りを大掃除してスッキリさせて、悩みを解消!

セミナー・イベント

【残2】12月11日(日)「リアル・お恨み帳の会」年始年末に怒りを大掃除してスッキリさせて、悩みを解消!リアル・イメージワークの会vol.1

※12/02追記(動画追加)

https://ichimiyu.com/wp-content/uploads/2022/04/icon2-300x300.jpg
一水みゆき

なぜか頼れるお父さんと言われる心理デザインカウンセラーの一水みゆきです。

コロナ禍でなかなか開催できず、ずっと温めていた企画をリリースしたいと思い告知をアップしました!

\ みなさん今日も怒ってますか〜! /

満を持して開催するイベント、その名も「リアル・イメージワークの会」

カウンセラーの皆さんがきらびやかなホテルでアフタヌーンティーを楽しみながらおしゃべりするお茶会やランチ会。素敵だな〜と思うし、ゴージャスな空間に自分を置くことで自分を大切にする時間を味わえる極上の時間。

でもそれを私がやるのってそもそもニーズあるん?と思ったわけです。そもそも私はキラキラ系女子でもないし、ブランドに囲まれてすてき!ゴージャス!みたいな憧れられるタイプじゃありません。

面白いこと大好き、アクティブで行動派。そんな私らしいイベントとはなんぞや?と思って企画大好き楽しいこと大好きな私が考えたイベントが、じゃ〜ん!!!

「リアル・イメージワークの会」なんです。今回はあなたの怒りをスッキリさせて、悩みを解消しましょう!ということで「リアル・お恨み帳の会」を開催します!!

もう気づけば今年もあともう少し。皆さん年末年始って家の大掃除しますよね?それと一緒で怒りの感情を大掃除、スッキリさせて悩みを解決しませんか?というお誘いなのです!

もちろん怒りを出すのが怖い、駄目だと思っているあなたがいたら。その後のお茶会で怒ってもいいんだよと私が徹底的に肯定し、フォローさせていただきます。それに怒りを出した後に出てくる感情について、お話もできるので悩みもスッキリ解決します。

こんなあなたにおすすめです

  • イライラしてつい子供に怒りをぶつけて、罪悪感を感じちゃう人。
  • ストレスが溜まっていて彼や夫、パートナーにキツくあたってしまう。
  • 会社で上司や同僚などに不満があるけれど、つい我慢してしんどい。
  • 仕事を頑張っているのに認めてもらえず、報われないと感じている。
  • どうして私ばっかり頑張らないといけないの?としんどくなっている人
  • ついつい我慢しちゃうけど、本当は相手に対して不満がある。
  • 嫌な人、苦手な人と付き合わないといけなくてしんどい。
  • ストレスが溜まりすぎて不満や愚痴が多くなってしまう。
  • 怒っていると言われているけど、あんまり自覚がない。
  • 怒っているけれどお恨み帳を書こうとしても書けない。

そもそもついつい我慢したり、頑張りすぎだったり、自分より他人を優先してしまう。そんな人は不満やしんどさ、辛さがあっても我慢してしまいます。けれど実は、心の奥底では自分が気がつかないうちに怒りを溜め込んでしまっていることが多いんです。

そんな怒りのエネルギー、感情は解放しなければ周りが火傷するだけでなく、自分まで火傷しちゃうほどのエネルギーを秘めています。それを解放するとどうなるかというと…。

怒りを出したらどうなるの?

  • イライラが減って、子供に優しく伝えられるようになります。
  • 彼や夫、パートナーに優しく愛情を持って接することができるようになります。
  • 我慢しないで自分の言葉で不満を伝えられるようになります。
  • 頑張っている自分をまず自分自身が認めてあげられるようになります。
  • ストレスを発散することで、自分に優しくすることができるようになります。
  • 自分が怒っている原因を知ることで、怒りを減らすことができるようになります。
  • 怒れないくらい我慢している自分に気がつくことができて、我慢を減らしてストレスを溜めないようにすることができます。

怒りは感情の蓋といいます。その怒りを出してあげるとその下にある感情を見つけることができるんです。

そして怒りの下の感情をちゃんと見てあげて、ケアしてあげることで怒りの原因が減っていくんですね。怒りの火の元を消していくイメージです。

まずそれを心斎橋のクラッシュボックスさんという場所に行き、怒りを解放します。具体的にどんなことをするかというとみんなでお揃いのつなぎを着て、ポーズをとり記念写真を撮ります。

前回ソロで行った時の写真(笑)

その後はいざ出陣!バットを手に持ちストレスを発散しまくります。家電、お皿、瓶。オプションで人形に誰かの顔をプリントして貼ってバットで殴ることも可能です。

普段怒りを出すのが難しい、出てきにくい。そもそも「こんなあなたにおすすめ」の条件に当てはまってるけど怒ってる自覚がない人。一人だと難しいですが、みんなが怒りを出している姿を見れば集団心理とグループのエネルギーが作用して、怒りが出てくるかもしれません!

参考動画作りました!ちょっと悪ノリして大袈裟に作ってます(笑)

私も一度下見のためにソロで行ったんですが、つなぎを着て写真を撮のがまず楽しかったんですね。ただやってみると実はバットを振り回すより、お皿を割る方がスッキリしました。

その時書いたブログはこちら。

そもそも怒りの感情を抑えていると、どんどん知らないうちに自分の中に怒りのエネルギーが積もっていきます。そして積もり積もったエネルギーを爆発させてしまい、自爆テロをしてしまうことも多いわけです。

でもこのイベントに参加すると怒りを発散させることができるし、グループの力でさらに自分でも気が付かなかつた怒りが周りに触発されて出てくる可能性もあるんです。

怒りについて書いたブログ記事も参考にしてみてください。

そして怒りをスポーツ的に発散させた後は心斎橋のcafe&dinner encontreさんでスイーツを食べながら、怒りの下から出てきた感情に注目していきます。怒りを発散させて終わりでなく、その下の感情をケアしていくこともできるんです。

怒りを発散させたあとは、疲れた体に優しい甘いものを食べて癒しつつ。あなたの怒りの下にある感情をケアしていくスペシャルフルコース!怒りを出すのが怖いあなたへのフォローもさせていただきます。お値段も初開催ということで破格のお値段にさせていただいております。

この企画はずっと温めていましたし、下見も済ませていました。でもこのご時世、リアルなイベントを開催するタイミングと自分の忙しさも相まってリリースが遅れてしまいました。

でもコロナもだいぶ落ち着いてきたし、そろそろ頃合いだなと思い満を辞して開催します!ぜひ新しい年を迎えるにあたってあなたの怒り、大掃除しませんか?

イベントの詳細

【日時】12月11日(日)
【定員】3名限定
【料金】開催記念価格:8.800円
※アンケートへの回答が必須になります
(アトラクション、飲食代込み)
【スケジュール】
13:30〜 クラッシュボックス心斎橋店
14:15〜 cafe&dinner encontre
16:00頃解散

《注意事項》必ずお読みください。
  • アトラクションでの転倒やケガなどに関しては、責任は負いかねますので、各自十分に注意してお楽しみ下さい。
  • 着替える場所がトイレしかなくつなぎに着替えます。上から着れるように薄着、ズボンでお越しください。(汗をかきます。コートなどで防寒をお願いします)
  • 未成年のお客様はご利用いただけません。
  • ご連絡のないキャンセル、未入金キャンセルのお客様につきましては今後のご予約をお断りさせていただきます。ご了承ください。

クラッシュボックスは大人数ですとバットがあたってしまうかもしれない…と遠慮が出てしまい、存分に楽しめないと思いますので3名様限定とさせていただきました。

ぜひ怒りを発散させたい、イライラやストレスの元を減らしたいというあなたのお申し込みをお待ちしております!!!

お申し込みはこちら

今後は海に行く、川に行くなどの自然に触れる系のイベントを開催したいと思います!季節的に暖かくなってからかな〜と思っていますがまた告知していきますね!

好評でしたら今度はBB弾のマシンガンを打ちまくる「リアル・お恨み帳の会2」の開催も検討しております。ぜひみなさんのお申し込みをお待ちしております!

金髪でツナギを着たらヤンキーにしか見えない…(笑)

 

ご意見ご感想はこちらから。
カウンセリングのお申し込みはこちらから。

さよなら さよなら さよなら また明日。

心理デザインカウンセラーの、一水みゆきでした。


イベント申し込み受付中です! カウンセリングのお申し込みはこちらから。 ご意見ご感想はこちらから。

変わりたいあなたのためのカウンセリング。問題解決へのプロセスをデザインします。

一水みゆき

一水みゆき

デザイナー歴19年、心理デザインカウンセラー。【根本裕幸氏お弟子3期卒業生】年下夫と離婚したシングルマザー。4歳男児の母。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

一水みゆき

一水みゆき

《人生どん底でも大丈夫!幸せになれます!》30・40代女性の夫婦・子育て問題解決のマインドや、自己肯定感UPの方法を発信!|デザイナー歴18年のカウンセラー「心理学×デザイン思考」で悩みをビジュアル化して解決|夫と別居でどん底→心理学を学ぶ→マインドが変わり幸せな状態に|4歳男児の母|シングルマザー

TOP