心理学的ブログ・マーケティング

ブログの内容は何を書けばいい?〜書きたいことを書けばいい〜

わたしは2020年の5/1からブログを今のところ毎日書き続けています。
ブログの内容何書こうかな〜、とかどう書けばいいのかな?と思うことありますよね。
最近まさにこうじゃないかなぁと思ったのでこの記事を書いてみました。

ブログは書きたいことを書けばいい。

こんばんは、雨ばっかりで気が滅入るし、MacBook AirのAの文字のタイピングの
押し込み具合が気になって文章を打つのが心地悪い一水みゆきです。(長いよ)

そう、最近思うのです。ブログは書きたいことを書けばいい。と

ブログを書くのが楽しい、を最優先に。

この記事で93記事なんですが、記念すべき100記事目は何を書こうかなぁと
考え中のわたしです。5/1から今のところ毎日続いているブログ。
もうすぐで書き出してから3ヶ月経とうとしています。

立花岳志さんのカウンセラーのための“ファンができる”“継続できる”
情報発信講座にもあったのですが、当初はブログ筋を鍛えよ!と言うことでした。

まさにわたしは今毎日ブログを書くと言うことを習慣化して、コツコツと
続けている最中です。子供を寝かせてから、パソコンに向かってブログを書く。
時間を決めてから書いているのも習慣化しやすいことの一つかも。

毎日続けるって大変ですよね。わたしもだいぶ書くのが当たり前になってきたので
習慣化されてきましたが、これって結局『楽しいから』続いているんだと思うんです。
立花さんも講座の中で何回も楽しくないことは続かない、ブログを苦行にしない。

そう仰っているように楽しくないことは続きません。だからこそ、自分の好きな
ように書きたいことを書けばいいと思うんです。だってその方が楽しいでしょ?

そもそも書きたいことがない、書くのが苦痛と言う方はもしかしたらブログが
向いていないのかも。であればインスタグラム にしてみたり、SNSにしてみたり
YouTubeやネットラジオにしてみてもいいのかもしれません。

好きなことを書いていると傾向が見えてくる

そして書きたいことを書いてきて、記事のストックが溜まってくると傾向が見えてくる
んです。目安はなんとなく感覚ですけど、100〜150記事ぐらいかな??

わたしの場合は自分の感情を素直にたくさんかけた時、自分でもいい記事書けたな〜。
そう思って書いた記事が好評だととても嬉しいです。自分の感情の動き、しんどさや
辛さを吐き出した時。やはりそう言う記事は受けが良かったりします。

それとは別に、何気無く書いた記事が意外と好評だったりすることもあります。
本当に書いてみないとわからない。だからこそ記事をたくさん書く方がその傾向を
分析できるんですね。


↑この記事も何気無く書いたら、意外と人気だったのでわからないものよなぁ。
そう思ったんですよね。書いた時は思ったことを書いただけだったので。

後は嘘を書かない。いいと思ってない本の書評をよかった、と書く。本当は違うのに
かっこよく見せようとして自分の思ってもないことを書く。これは確実にブログを見て
いる人に伝わります。もしくは、それに気づかない人が集まってきます。

それって最終的には自分がしんどくなるようなことが起こったりします。
ブログで集客しようとしたときに、偽りの自分に集まってきた人と合うでしょうか?
きっと合わないと思うんです。

立花岳志さんもライフワークカウンセラーの岩橋さんも嘘を書かない。2人とも言って
いたのでこれはかなり重要なことなんでしょう。わたしもそう思っています。

ブログ筋が鍛えられたら…

ブログの記事をたくさん書いて、傾向が見えてきたらやっと記事の質や、発信する内容
を考えたらいいんじゃないか?とわたしは思っています。

ウケるネタを書こう。人気の出る記事を書こう。そう思うとその気持ちも記事に出て
しまうし、何より自分がブログを書くことを楽しめなくなっちゃうんだと思います。
だから自分が書いてて楽しかったジャンル、内容。→その中でも人気のあった記事。

それがきっと自分が書くことの中心にしていくべき内容になるのかな、と思います。
それから情報の質を上げていくこと。それを考えながら書くことが大事かな〜。

もちろん自分が書きたいなぁ、と思ったことは書くことを続ける。
その方が楽しく続けられると思うし。ここからまた意外な人気記事が出てくるかも
しれませんしね!

わたしはもう少しブログ筋を鍛えることを最優先にしています。
そろそろ記事の質も、頭の片隅に入れてボチボチマイペースにやります♪

さよなら さよなら さよなら。
また明日。

一水みゆきでした。

初心者でも面白くてわかりやすい心理学用語の解説 ①自己肯定感前のページ

ブログと著作権について 〜個人が発信する上で理解しておきたい基本事項〜次のページ

関連記事

  1. 心理学的ブログ・マーケティング

    わたしはなぜブログを書いているのか。〜情報発信は誰のために?〜

    ブログを毎日書きはじめて3ヶ月が過ぎました。今のところ毎日更新ができて…

  2. おすすめの本

    弓削 徹著 届く! 刺さる! ! 売れる! ! ! キャッチコピーの極意を読んだ感想

    弓削 徹著の届く! 刺さる! ! 売れる! ! ! キャッチコピーの極…

  3. 心理学的ブログ・マーケティング

    ブログと著作権について 〜個人が発信する上で理解しておきたい基本事項〜

    昨日に引き続き、ブログを書くことについて考えたので、記事にしました。…

  4. 心理学的ブログ・マーケティング

    ひよっこ心理カウンセラーとブランディング〜デザイナーの観点から考察する〜

    ひよっこ心理カウンセラーとブランディングについて書きたいと思います。…

  5. 心理学的ブログ・マーケティング

    ブログを書けない理由はとてもシンプルだった。〜楽しんで続けることが大事〜

    前回ブログのネタ探し、というテーマで書いたんですがその続きで思いついた…

  6. おすすめの本

    ゆうこす著 SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方を読んだ感想

    ゆうこす著、SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. おすすめの本

    おすすめの本 根本裕幸著「いつも無理してるな」と思った時に読む本
  2. 心理学

    感情に蓋をする 〜『わたし』の感情を感じないようにしていたというお話し
  3. 年下彼氏・年下夫のこと

    年上妻と年下夫。出会いから別居へのデス・ロード① 〜出会い編〜
  4. 心理学

    罪悪感を手放して・自分を許すってどうやるの??その1 〜やっぱ先に感情の解放だよ…
  5. 心理学

    グラフィックデザイナーとしてのわたし。仕事に妥協してないか?、と向き合ってみた。…
PAGE TOP