ちょいまめ

自己肯定感を高めよう 〜セルフ自分褒めツッコミ〜

先日根本裕幸師匠のブログでこんな記事がありました。

自信=経験×自己承認
端的に言うと自分を信じる→自己承認→自己肯定感UPということですよね。

わたしは結構自己肯定感が高い方だと思います。もちろん問題が起きた時などは
『こんな自分が嫌い』と言う状態になることもありますが、基本自分大好きです。

なんでわたしは自己肯定感が高いのか?それはわたしが編み出した

セルフ自分褒め

なんですよ。

わたしは子供の頃お母さんに褒めてもらえなかった。頑張ってるのに。そんな
記憶があります。

子供のわたしが編み出したのが自分で自分を褒める。セルフ自分褒めだったのです。
関西人の特技にセルフボケツッコミと言うものがありますが、それに近い。
セルフ褒めツッコミなのです。

やり方は簡単。

自画自賛するだけです。

これで終わると石を投げられそうなので少し詳しく解説します。
例えば料理を作ります。我ながら美味しくできました。

『めっちゃ美味しくできたわ!わたし料理上手やな〜』
『どう?美味しい?褒めてほめて』

自分で自分を褒め、さらに周りに同意を求めます。
たいがいの相手は褒めてくれます(笑)自画自賛なんて空気が悪くなりそう。
そう思ったあなたはフォローすればいいんです。ここまではセルフ褒め。
さらにこう言います。

『自分で言うなよ〜』

そう。みんなが心の中で思っていることを自分で口にしてしまうのです。
これで相手は何も言えません。これでセルフ褒めツッコミの完成です。

自分で自分を褒めて、相手にも無理やり褒めさせ褒めてもらう。
そしてさらに自分でツッコミを入れることによって空気を柔らかくし、
反論を封じる。最強の技ではありませんか???

ただし、一つだけ注意点があります。他人と比べて褒めない、です。
比べるとしたら過去の自分。人と比べて褒めるなんて比較・競争の罠
に引っかかってしまいますからね。

ここに応用例をいくつか列挙しておきます。

『どう?髪の毛切ってん。いい感じやと思わない?』
『確かにいいね、良くなったよ』
『そうでしょ〜、って自分で言うんかい!』

『このデザインめっちゃ可愛くできたよね〜?』
『確かにすごく可愛いです』
『そうやろ、そうやろ、いい感じやろ〜』
『て言うか自画自賛(笑)』

相手が褒めてくれなかった場合はスルーしましょう(笑)
もしくは、自分褒め→セルフツッコミでもOKです。

相手がいない時は単純に自画自賛でOKです。

『え?わたしってめっちゃ気がきくやん』
『早起きして超偉いやん!』

大袈裟に、軽い感じで褒めると抵抗がなくなりますよ。
一度お試しあれ。え?難しい?

たくさんやればなれますよ〜、筋トレと一緒です

ちょいまめやのに長くなったわ(笑)

ライフワークカウンセラー 岩橋隆盛さんのカウンセリングを受けた感想前のページ

長谷川泰三著 車椅子が教えてくれたありがとうを読んだ感想次のページ

関連記事

  1. ちょいまめ

    わたしの大好きな イチロー名言集【1】 〜力強いことばたち〜

    元メジャーリーガーのイチロー選手。知らない人はいないほど有名な方です。…

  2. ちょいまめ

    諦めると明らめる 〜あきらめるの本当の意味を知る〜

    ちょっとした豆知識『ちょいまめ』、第1回目の記事です。諦めると…

  3. ちょいまめ

    宝塚歌劇団で有名な『ブスの25ヶ条』を自分に当てはめてみた

    宝塚歌劇団の舞台裏に貼られているらしいことで有名な『ブスの25ヶ条』ご…

  4. ちょいまめ

    わたしの大好きな イチロー名言集【2】 〜力強いことばたち〜

    前回書いたわたしの大好きなイチローの名言集2です。またまた心に刺さる…

  5. ちょいまめ

    半沢直樹とハンムラビ法典 〜やられたらやり返せ、倍返しだ!〜

    半沢直樹が楽しみすぎて夜もぐっすり眠れちゃう一水みゆきです。こんばんは…

  6. ちょいまめ

    恋愛本と自己啓発本 〜意外な共通点〜

    恋愛本を読み漁ったわたしが気がついたことをシェアしたいと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. じぶんごと

    わたしと親友のお話。長いつきあいの、魂レベルがおなじひと。〜ソウルメイトとわたし…
  2. じぶんごと

    年下男子はお好きですか? その4 占い通りの結末へ…
  3. 育児 -こそだてのこと-

    子供が嫌いだった私が子供を産んだ 〜子供が嫌いだった理由とその心の変化〜
  4. 育児 -こそだてのこと-

    子供が嫌いだった私が子供を産んだ3 〜育休からの復帰。子供の成長を間近に見て〜
  5. ちょいまめ

    半沢直樹とハンムラビ法典 〜やられたらやり返せ、倍返しだ!〜
PAGE TOP